From the clifftop

カテゴリ:好きなもの( 11 )

誕生日の薔薇トリートメント・クラルストリートメントサロンにて

これもまた5月の話。

誕生日の当日、去年と同じように贅沢な時間を過ごすことにしました。アトリエクラルスでのダマスクローズオイルを使ったトリートメントです!

4月から夢中になって仕事をしています。
今までどれほど主婦という立場でのほほんとしていたかを痛感する日々。
そして、物覚えの悪さと度重なるミスで確かな加齢を痛感する日々。
平行して8月には、絶対取りたい資格の試験が控えています。
しかし仕事の絶対量と時間が多くフルタイム勤務となった目下、勉強時間を作り出すことは至難の業です。
そして、今の仕事は身心が安定した状態でいることが大前提の職種。
部活で少しずつ這い上がろうと努力している大豆は朝練習にも出るようになり、
可能な限り朝早く起きてお弁当も作ってやりたい。
毎食学食や購買パンという風にはしたくありません。
今、私の目の前には高いハードルがいくつもいくつも並んでいる気がします。

とてもハードな日々ですが、心はしゃんとしている感じです。
けれど、前述したように『常に安定している状態』が必要な時、
私は文字通りクラルスさんにおんぶに抱っこでトリートメントをしてもらいます。
書いてしまうとちょっと照れくさいのですが、私の身体と心のバランスを整えてくださるセラピストとして、そして人間として全幅の信頼を寄せています。

e0138916_1241733.jpg

クラルスさんは美しいものやきれいなものがお好きですが、きれいごとは言いません。
私に『光があれば必ず影があるのです。』と、きちんと言葉にして伝えてくれた人です。
そして、少しずつ長い時間をかけてその影や暗闇を受け容れる勇気のようなものを教えてくれた人です。

『癒し』という言葉が当たり前のように使われる時代です。
でも、その『癒す』という言葉を使いながらもただ表層的に楽な感じに流れているだけのことも多いような気がします。
私はクラルスさんのトリートメントを受けると、『癒し』という言葉とは違った何かをいつも沢山もらっています。
それはまだうまく表現できないのですが、なにかもっと、人間の、そして、女性の力の素晴らしさや深さが感じられる感性のようなものかもしれません。

e0138916_12121185.jpg

この日のトリートメントでようやく新しいシンギングボウルの音色を聴きました!右耳の聴力が結局戻らないままなのでどんな風に聴こえるのかしら?と思っていたのですがとても不思議なことが起こりました。それは音の不思議なのか、音を生み出すシンギングボウルの不思議なのか、音を運んだ空気(風)の不思議なのか…。
音で身体の何かが変わる。あのシンギングボウルの響きの中で私の身体の中をさあっと駆け巡ったものは何だったのでしょう。

人間は多くの化学的・人工的なものを創り出してきましたが、動物としての人間の一番大切にしなければならない部分は植物や鉱物や風や、そういった自然のあるがままのものでしか本当に整えることは出来ないのではないでしょうか。いくらサプリメント等を摂っても瑞々しい野菜や美しい空気や純粋な湧き水には叶わないように。

薔薇の力は不思議です。そして、そのダマスクローズの力を全て与えてくれるクラルスさんのトリートメントの心地よさといったら!顔には全く触れないのにリフトアップもされているし、シミは薄くなっているし、頬は本当にきれいな薔薇色になるし!

今年になってから、なんと我が夫もクラルスさんのお世話になっています。
いつも私が話していたせいか、冬の頃突然「一度行ってみたい」と言い出したのです。
思うところがあったようです。
男性は理論的思考が勝つし、私がいつも言葉に出来ないでいる部分がどのくらい理解できるかな…と半信半疑で送り出したのですが、すっかり良くしていただいてすっかりクラルスさんを信頼してすっきりして帰ってきました。
夫も目下ストレスフルな仕事を抱え、ぎりぎり状態だったので本当によかったと思いました。
それぞれの身体そして心の状態に合わせて本当に丁寧なトリートメントをして下さいます。
忙しくて週末もふさがっている夫ですが、急に予定が空いて「明日、クラルスさんお願いできないかな?」と問われ、運よく伺えたこともありました。論理的があるが故にものすごく納得しているところもあって、夫にもとてもいいようです。

今の仕事を始めて、深い谷を覗き込むような場面も多々あるのですが、(そして私自身はそんな谷を目の前にしながらもきちんと安定していなければならないのですが)私にはクラルスさんのトリートメントとセラピーがあるから大丈夫 と、いつも心のどこかで思って安心して仕事に臨んでいるような気がします。
[PR]
by sur-lie | 2012-06-16 12:51 | 好きなもの

アトリエクラルスで琥珀セラピー

去年11月にちょっとあり得ないような事が我が身に降りかかり、かなり精神的にヤラレてしまった感がありました。
試験勉強も重なり、実際的な動きが取れない。これは相当なストレスでした。
ストレスでしょ と安易に片付けてはいけません。。
もちろん、受け手のストレス耐性によっても違いますがストレスは身心に様々な影響を確実にもたらします。
まずいなあ、このままうつに移行するかも と思うくらいまで不安定になりました。

そんな時、お世話になっているアトリエクラルスのクラルスさんのブログで見つけたのが琥珀セラピーでした。カスタマー専用のメルマガで知ったのだっけな♪
ものすごくぴん!ときたのでありました。
琥珀は後ろ向きな考えを前向きにしてくれるというのが心の琴線に触れました。
試験勉強も遅々として進まず、かなり行き詰まっていたので自助努力では気持ちが前を向かない。
おまけに体調も全くNG。ただ、病名がつく病気というのではない。でも具合は悪い。
こういう時にクラルスさんのアロマトリートメントは本当に効果があるのです。
自分の状態をメールし、クラルスさんと相談して暮れに琥珀のチャクラ・リフレクソロジーを受けることにしました。
まず琥珀の香りに魅了されました。相当調子が悪かったのが色々と改善されたようですが12月に受けた時には好転反応が出て、帰りには中華街でランチでも そして元町で用足しをして などと思っていたのですがフラフラになってしまい一目散に帰宅しました。

でもこれがいい。
とてもいい。
チャクラトリートメントが好きで、いつも大体お願いするのですが、施術していただくといつもそれまで呼吸が浅く、身体の軸が浮いてしまっていること(グラウンディングできていないこと)を指摘されます。それって身心にとってなんともいえない苦しさをもたらしていることなのですね。そこが整うと自分を取り戻せた感じがします。きちんと眠れるようにもなります。
で、年が明けてから試験前にもう一度お願いしました。

e0138916_20264486.jpg

12月に比べて今月伺った時の方が体調が良かったですよ と教えて頂きました。
また、12月にはそんなに感じられなかったのですが、今月は琥珀のオイルを身体がよく吸収していたようです。これは自分でも何となく感じられました。
クラルスさんのサロンを知ってから5年くらい経つでしょうか、毎回自然や宇宙と人間の関わりについて教えて頂いている気がします。また、アロマオイルの持つパワーも。そして、私がどんな状態でもその状態に応じて全力でトリートメントをして下さるクラルスさんのパワーにも本当に感謝なのです。
ちょうどサービス期間だったそうで、1月には琥珀のオイルを頂戴出来ました。
大切に、でも毎日使い、試験の時はお守り代わりに持参して試験前に手首に少しつけました。
甘く華やかさのある香りで、さらに気持ちがどこか落ち着く香りです。いっぺんで好きになった香りです。
そうそう、クラルスさんは試験の事をとても気にかけて下さって「(琥珀のパワーで)もし解らない問題が出ても答えが導き出せる力を得られますよ。」と仰っていました。

琥珀セラピーは期間限定でリピーターのみが受けられるトリートメントだそうですが、ひとりでも多くの人がこのトリートメントセラピーを知るといいなぁと思いました。あ!今確認したら琥珀セラピーは今月で終了のようですね、残念。また次の冬のお楽しみでしょうか。でも2月にもまた伺いたいサロンです。そのためにも早く就活しないと。今、多分初めての専業主婦状態で日々を過ごしていますが家にいることでけっこうする事があってちょっと内向きになっています。定めた目標に向かってそろそろ動き出さないと。でも、時間があるおかげでゆっくり考え見極めることが出来るのは有り難いことです。来週も自分を磨くためのレッスンをひとつ予約しました。今はそういう時なのでしょう。

<追記*琥珀セラピーはリピーター限定のトリートメントとなるので、リピートの場合は2月も施術を受けられる模様。興味のある方は是非クラルスさんに直接お問い合わせ下さいませ♪>

追記2:琥珀セラピーは大好評のうちに今季は終了したようです。来年またお願いしようっと♪
[PR]
by sur-lie | 2012-01-31 21:59 | 好きなもの

1周年おめでとう

桃の節句も過ぎてしまって、アップがどんどん遅れております!目下花粉症も絶好調で発症していて絶不調。あーステキ。

違う違う、素敵なのはこちら。
e0138916_18462494.jpg
2月20日、CAFE☆STARが開店1周年を迎えました。
日曜日は仕事なので普通なら行けないんですけれどね。
半休を取ってしまいました♪
そして、肉じゃがのごはんを頂きました。

e0138916_18503664.jpg

あの可愛いテーブルもクロスが変わってヒヤシンスが咲いて、春です♪
この日あまり調子が良くなく朝食も食べられない状態だったので「ゴハンは半分でお願いします。」とご店主のちーさんに申し上げたのですが
「ほらぁ、食べられるから!大丈夫♪」とおっしゃっていつも通りしっかり盛りのごはんが登場。が、ガンバろう。

カウンターには先にいらしていたお客さま達が楽しそうにご店主さんとおしゃべりしていて、ごはんはいつも通り美味しいし、食べているうちに徐々に元気が出てくる感じがして、ほのぼのと良い日でした。

e0138916_19241064.jpg

1年前は空っぽだった棚も今は色々なヒト達がいて、見ているだけで楽しいです。ヘドウィグに、ちーさん自身かわいいこけしさんに、ぬいぐるみ猫などなどでにぎやか(写真、ボケちゃって残念)。

いつもあたたかい笑顔と美味しいごはんを本当にありがとうございます。ご店主さんご自身も、身体に気をつけてこれからも美味しいごはんと甘いもの(外せなーい)を食べさせて下さいね。

e0138916_18483392.gif

               ちーさん、ネコ店長によろちくお伝えくだたたさいねー♪
[PR]
by sur-lie | 2011-03-04 19:46 | 好きなもの

2011年カレンダー

はっと気がついたら11月も後半です。
無理です。
全てのことが無理です。
年賀状・大掃除・年末の支払(ぎょえええええ)等々、いったいどうすりゃいいのよー。

とっとと動けばいいのに
(いいえ、これでも精一杯動いてはいるのですよ)
パソコンの前に座ってこんな記事を見つけてきーー と悲鳴を上げてみたり。(大掃除が半分終わってるってぇ!?)

去年の今頃、すっごく反省したのに。
もうこんな思いをするのは二度とごめんだから、来年こそはちゃんとやろうと。
でも今年解りました。
10月位から年末進行を頭に入れて動かないと無理なんだ!
今年このシーズンに、まだ一度もウイルス性胃腸炎にかからず順調なので
それなりに頑張っていたのになぁ。


さて、そんなある日、郵便ポストを覗くと…
e0138916_14471563.jpg














e0138916_14475348.jpg














こんな素敵なカレンダーとポスターをおさしんな方から頂きました。

e0138916_14494440.jpg

耳の奥に圧力がかかるような圧倒的な静けさと
同時に
空の
その場の空気の
動く
あるいは
動かない
音が聞こえるような


言の葉の要らない
澄み切ったものがそこに凝縮されていました。

カレンダーって、ただ予定と都合を見るためだけに使っていたけれど
これをトイレのドアに貼った時、
少しでも善い、幸せな事の多い、充実の日々を紡ぐ努力をしなくては と
ふと思いました。
本当にありがとう。


年越しの準備は全く出来ていないのに、
なぜかこれだけは早めに予約して手配していたのは偶然にもカレンダー。
e0138916_1573184.jpg

師匠・にっき先生のスイーツレッスンの元締め、もとい、経営母体であるブレーメンフラワーのデザイナーであるまきのせかおり先生の美しいアレンジメントが載ったカレンダーです。かおり先生のアレンジメントは世の中に数多いるフラワーデザイナーの中でも抜きん出て素晴らしく、見ているだけで優美な気分になれます。ウェディングブーケは本当に秀逸です。(いつか来る、竹野内豊さんとの善き日にこちらでウェディングブーケなんてどうでしょうせんぱい@年下だけど)アテクシ花より団子な女だと思われていますが、お花さんだって大好きなんですから本当は。こちらはまだ手に入るようです。といっても残りあと僅からしい。ご興味のある方は是非こちらからご購入を。猫カレンダーを買おうか悩んだのですが、お花さんのカレンダーが重なったのは偶然ではないはずです。来年こそは、来年こそはエレガントに生きろという啓示だと勝手に信じております。はい、そこ、失笑しないっ。

e0138916_18483392.gif

[PR]
by sur-lie | 2010-11-23 15:16 | 好きなもの

元町お買い物あれこれ

プレゼント探しのお散歩、自分が好きなもので器を随分見ました。代官坂の元町アントギャラリーも大好きなお店で、お店に入るとどれもこれも欲しくなってしまってまだ自分用に買ったことはないのですが、お友達へのプレゼントには時々利用しています。

で、いつになくじっくり色々と見せていただいて、出逢ってしまいました。いえね、このくらいのサイズの取り皿が無くてずっと探していたものですから。というわけで私にとって初の横濱増田窯です。

e0138916_2038052.jpg


三溪園内苑・臨春閣の欄間に描かれた波の意匠です。
e0138916_2042995.jpg
e0138916_2043616.jpg

パルテノン1号(あ、うちの食洗機のコトです)でも洗えるそうです。とても嬉しい。


これは夏の終わりか秋の始まりの頃か、ふらりと入った時に近沢レースで出逢いました。文庫本サイズのブックカバーです。
e0138916_20502861.jpg

柔らかな手触りの、多分合成レザーに品の良いレース様の刺繍がすてきです。ひと目見て好きになり、即買いでした。ちなみに今このカバーに包まれている本は青柳いづみこ著『ドビュッシー ~想念のエクトプラズム~』中公文庫刊。

片方の先が欠けて、少し不自由なまま使っていたお弁当用のお箸が駄目になり、その後大豆の幼稚園時代のお箸を使っていましたがそれもとうとう折れたので元町に最近出来たお箸屋さんで新しく見繕いました。今日は仕事で、家で夕食を食べるのが大豆と私の2人だけだったためもとまちユニオンでお惣菜を買って急ぎ帰宅。元町商店街、本当にお世話になっています。
[PR]
by sur-lie | 2009-11-29 21:20 | 好きなもの

ずっとそばに

ちらりと書きましたが、あったか小もの市で出逢ったヘンリーが先日元気になって我が家に再びやってきてくれました。ちょうど頂き物でヘンリーサイズのクッキーがあったので、早速ヘンリーに進呈。

e0138916_18162991.jpg

ヘンリーの生みの親のhiromiさん、本当にありがとうございました。

減らそう減らそうと思っても暮らしの中で沢山の物に囲まれてしまいますが、歳を重ねる毎に、好きなものを丁寧に選んでいけたらいいなあという思いが強くなります。ブログを通して手づくりを愛する人達が私の周りに増えて気づいたのですが、明確な意志のある作り手から手に入れることが出来たものは何度でも手直しして長く手元に置くことが出来ます。そしてその時間の積み重ねはその物とその物にまつわる様々な記憶もろとも言葉に尽くせない愛着を生み出してくれます。

この時の本当の用事はかばんの修理でした。時間はかかりましたが見事にリフレッシュして本当に嬉しい。
e0138916_20192072.jpg

もう20年近く使っているバッグです。贅沢だとは思いつつ衝動買い、このブランドが大好きで大切に使っていましたが、大きいバッグは脇のパイピングのところどころが切れてきてしまい、ポシェットは中の革張りがぼろぼろになってしまいました。お店に相談してみたら『直せます』との事で思い切って修理に。e0138916_20301964.jpg

e0138916_20313042.jpg

すっかりきれいになったボストンバッグのパイピング。ストラップの押さえの部分の革も交換しました。ポシェットの中は布張りに変更。色は2種類選べて、私はボルドーをチョイスしました。ボストンバッグはすっかり夫のゴルフ用になっていますがこれでまた一緒にお出かけ出来ます。ブランドの本当の力って、こんな風に長く長く使うことの出来るメンテナンスサービスの良さにあると思います。

                           昨日ポストに届いていたのはこちらのポーチ。
e0138916_20471562.jpg














誕生日プレゼントで頂いて、これも一目で好きになって使っていたのですが、ふたになっているレースがほつれてきてしまいどうしよう…と思っていました。するとひょんな事からこのポーチの作家さんを知っていますよ と声をかけてくれた人がいて、またあれよあれよという間に作家さんの手元に渡り、すっかり直して頂けたのです。

遅々として進まない大掃除の合間に身の回りのあれこれを眺めながら、来年こそはよく見極めて、本当に好きなものをじっくり選んで、シンプルに、シンプルにいきたいなぁと思う日々であります。うー、あと5日かぁ~。
[PR]
by sur-lie | 2008-12-27 21:58 | 好きなもの

レスキューコールは完璧でした

耳の事では皆様にご心配をおかけしました。ゆっくりと回復してゆきますのでご安心下さいね。ゼリー薬も泣きながら毎食後きちんと服用しております。沢山のお見舞いメッセージ本当にありがとうございます。

さて、日曜日のあったか小もの市で手に入れた可愛い子たち。今回もすっかり馴染んでくれています。

e0138916_17225746.jpg














今回ようやく手に入れることが出来た、ビーズアクセのたかきょちゃんの鳥ネックレス。

e0138916_17271889.jpg



ピンクの鳥さん。
私の冬のlucky birdです。









まるでネックレスとお揃いで作られたような(でもたかきょちゃんは意識していなかったようですが)アンティークのボタンと珊瑚ビーズ使いのリングと、vanivanijちゃんのフォトカレンダー。
e0138916_17302495.jpg

来年も良い年にしましょう。


手づくり市初参加のhiromiさんバッグ。布地もご自分で織ったものだそうです。このシックな黒がこれからいいな と思ったらこの生地はリネンを織り上げたものなのだそう。ちょっとウールのようにも見えますが、リネンならオールシーズン使えそうですね。実際に使ってみるととても使い易い。手にしっくり馴染みます。もう大好き。
e0138916_173818100.jpg


ところでヘンリーですが
[PR]
by sur-lie | 2008-12-10 18:32 | 好きなもの

こぶたはなこさんとビスカウト

先日ギャラリーkujiraにお邪魔した際ご一緒させていただいた方が2人いらっしゃいます。ひとりは非(あるいは偽)文学主婦友の会のメンバーである『ブンゴウ(文豪)』こと井上よう子さん、そしてもうおひとりはこぶたはなこさんシリーズでくどうなおこさんのおはなしに可愛らしい絵を描いていらっしゃるいけずみひろこさんです。

ブンゴウの仕事仲間でもあり遊び友達でもあるといういけずみさんにお会いするのは初めてでしたが、ほっこりと楽しい・やさしい・明るい方でした。実はこの日ちゃんと調べたはずなのに私がギャラリーまでの道を間違えてしまい2人をちょっと余計に歩かせてしまったので冷や汗ものだったのですが(ブンゴウひとりなら罵倒されてお仕舞いでいいのですが、そして私も『なんだよっ、ブンゴウこそちゃんと道順くらい調べてくればいいじゃんっ!』と開き直ってきーきー言っていればよかったのですが)そんな阿呆な私をいけずみさんはにこにこ笑って許して下さいました。

e0138916_17475617.jpg

女の子がいないせいか、こんな可愛らしい絵本の存在を知らなかったのですが人気シリーズなんですね。

さて今日は所用にて関内・馬車道方面へ。で、帰りにここに寄り道しました。
e0138916_17541340.jpg







馬車道十番館です。



















ギャラリーからの帰り道ブンゴウが教えてくれたのですが、この馬車道十番館の包装紙等で有名な版画の挿絵は、いけずみさんのお義父さま・生悦住喜由氏の手によるものなのだそうです。生悦住氏の息子さんに嫁がれたひろこさんは赤ちゃんを授かってからこぶたはなこさんシリーズを描き始めたんですね。
e0138916_1812797.jpg





ビスカウトを買いましたが、バッグにもハマっ子には見慣れた版画による挿絵がプリントされています。










e0138916_19191333.jpg

ビスカウトにもガス燈の版画が。金のビスカウトはレモン・銀はピーナツ・銅はチョコのクリームがそれぞれ挟まっています。鳩サブレと共通する、昔の人が初めて触れた洋菓子の味を感じることの出来る、シンプルな美味しさです。私の一番はレモンクリームかな。

それにしても
[PR]
by sur-lie | 2008-11-11 19:37 | 好きなもの

同じ穴のう な ぎ

最近気づいたのですが、
どうやら夫も鰻好きらしい。
私も好きです。佐藤浩市う・な・ぎ。

鰻はいいですよねー。贅沢品です。そうそう食べられるものではありません。自分じゃなかなか食べられません。でも、我が家の経済のカラクリがよく判らないのですが(ヲイ)時々夫がご馳走してくれます。夫よ、アナタの太っ腹は名実共に実に見事だ!

3連休、試食会の前日に夫が「『はま吉』に鰻を食いに行こう。」と言い出しました。ううう、もちろん異存のあろうはずがありません。実はにっきせんせいから『前日から素食を摂り試食会にしっかりと備えるように』と命が下っていたのですがかまうもんか。(あっ、せんせい、ごめんなさい)にゃーごんな~ごと鳴いて擦り寄る猫の如しの妻・シュール・リー。

e0138916_1734036.jpg



藤沢駅のほど近く。(ちなみにこのお店を教えてくれたのはjunさんです。)ここに来るといつも「うなぎ!うなぎうなぎ!」と店内に一直線に入店しようとするのでこんなに落ち着いてお店の外観を見たのは初めてかもしれません。















ビールのお通しにうざくが。
これが美味しい。豆小鉢にぎゅうぎゅうに胡瓜が詰まっています。こういう器の使い方は勉強になります。
e0138916_17374695.jpg

キリンの中瓶を2人で。鰻で不良です。お漬物ももらいました。美味しいのよねー、ここの糠漬け。
e0138916_17403340.jpg













前回うかがった時は既に売り切れだった肝焼き。今回はこれを食べたくてちょっと早めに行きました。肝の苦味が堪らん!
e0138916_17553235.jpg


し、白焼き。(すすすみません思い出してちょっと舞い上がってしまいました)
e0138916_1815563.jpg

やはりここの鰻は私にとっての佐藤浩市です。男っぷり(うなぎっぷり)がいいです。山葵と共に口に入れるとほろほろととろけていきます。歯ごたえのある鰻も一興ですが、これはもう好みの問題でしょう。
e0138916_18574.jpg












ビールから日本酒に切り替えて。お猪口がひとつしか写っていないのは、夫はこの時杯をくぴくぴ空けていたからです。私1人で飲んでたわけじゃありませんからね。

のんびりとゆっくりと、たわいもない話をしながら中年夫婦の昼酒はすすみます。


で、うな重上。満を持して登場。
e0138916_1884864.jpg

前回行った時より、うな重に添えられた奈良漬が明らかに薄切りになっていました。でもこの物価高騰の折そうでもしないとお店だってやってはいけないと思いますよ。こういう努力と工夫を見ると、かえって「がんばれ!」という気持ちになる、そんなお店です。

しかし食い意地夫婦。同じ穴の狢。
[PR]
by sur-lie | 2008-10-16 18:58 | 好きなもの

來間屋生姜糖

まだ実家にいた頃、どういういきさつだったかは忘れましたが近所の方に御礼の品を贈る運びとなり、きれいな和三盆糖の干菓子を選んだことがありました。かわいく型抜きされ、ほんわりとした色の、舌にそうっと乗せればふんわりと溶けてゆく、はかない美味しいお菓子です。

しかし母には不評でした。『あちらのお宅は子供さんが多いんだから、もっと腹持ちするような、数の多い嵩の多いものを選ぶべきである』というのがその時の母の意見だったように記憶しています。そのお宅にお子さんが何人いらしたかはもう覚えていませんが-確か4人か5人だったと思います-お宅の前を通った際洗濯物が干してあったのを目撃し、ひとつのピンチに一枚ずつ衣類等がつるしてあるのを見て(普通タオルなどはあの四角い洗濯ピンチのせんたくばさみを二つ使って、ぴんと張って干しますでしょう?そうではなくて一個のせんたくばさみに一枚、ひとつの角をぷらーんとつまんであったのです)面食らったのを覚えています。

今自分が男の子の母となって、その時の母の意見がようやく理解できるようになりました。でも私は基本的にあまり実用向きではない人間なので、アタマではわかるようになったけれどココロでは相変わらず和三盆糖のような夢のあるものをふわふわと追ってしまうのですが。よくないとは思いつつ。

e0138916_18241929.jpg
















去年の暮れでしたか、たまたま寄った品川のDEAN&DELUCAで見つけた
『來間屋生姜糖』です。これも島根のお菓子だそう。生姜の風味がやさしく効いた、後をひく美味しさです。これは手のひらに収まるくらいの小さい箱のものでした。


また食べたいなあと思っていたら、先日夫が外出先の日本橋で買ってきてくれました。本当はこんなに大きな箱なんですね。そして箱の絵も彩色されていてさらに美しい。
e0138916_18374846.jpg


中身はこのような具合です。抹茶糖が三つだけ入っていました。
e0138916_18465680.jpg

紙包みを開き口に含むとしゃりしゃりとした口当たりが心地よく、まさに口福です。大切に食べようとしまいこみました。

が、しかし
[PR]
by sur-lie | 2008-07-03 19:23 | 好きなもの



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
全体
my loveable familiy
食べましょうよ
暮らし
食とその周辺
嬉しい・楽しい
Joy of life
心のぜいたく
横浜中華街
色々考えたりもする
ママだったりもする
おでかけ
好きなもの
Rugby!
ごはん作りましょ
Chiffon the CAT
ウォーキング
持つべきものはfriends
お菓子作り
たからもの
I love music
ガンバレアラフィー
文字とか音とか
I love cats
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧