「ほっ」と。キャンペーン

From the clifftop

カテゴリ:Rugby!( 29 )

茶話会でございましたのよ

相模大野の駅前には見事なクリスマス・ツリー。
e0138916_20571925.jpg
















中学校ラグビー部2年保護者の茶話会がありまして、相模大野までSOAYAママと一緒に遠征してきました。庶務の方達のアレンジで、小田急ホテルセンチュリー相模大野内のブラッスリー『ブロッシュ・ボア』でランチです。個室も用意して下さって、今回は総勢17名での会食となりました。

磨き上げられたカトラリーと美しいナプキンのしつらえ。
e0138916_2122888.jpg


バターもきれいに薔薇の形に。
e0138916_2128050.jpg


お店からのサービスということで、ノンアルコールの薔薇のカクテルが出ました。(甘かったですぅ~)
e0138916_2159255.jpg


最初に店内にあるかまどで焼いたというソーセージがアミューズとして出ました。皮のぱりっと焼けた熱々のソーセージをはふはふとお上品に頂いた後、前菜はサーモンとサンマのマリネ・サワークリーム添えが登場。
e0138916_21445850.jpg


野菜とベーコンのスープ。家で朝ごはんによく作るスープに似ていました…。ま、私はコンソメキューブを使っていますけどね。
e0138916_2214191.jpg

(間違ってないと思う、緑色の野菜は大根葉というか、付け根の茎のところだったと思う!もちろんいいんですよ、いいんですけどね。)

最初に連絡メールが回ってきたとき、メインは鴨か的鯛からチョイスという事でしたが、当日に鴨が鶏に変更になっておりました。それを聞いて迷わず的鯛をチョイス。
e0138916_221045100.jpg

(お皿の赤がもっと鮮やかできれいだったのですがくすんで写ってしまいました。残念。)
私の回りの方もみなさんお魚だったようです。マダムランチゆえ、チキンの人の席まで出向いて「ひと口ちょうだーい。」はさすがに出来ませんでした。猫皮をしっかりと着てボロを出さないようにしていましたし。ボロ…まあ出てたとは思うけれどさ。ふん。

ランチデザートは本来はワゴンサービスらしいのですが、幹事さんの計らいで盛り合わせにてサーブされました。総勢17人でデザートのワゴンサービスをあーでもないこーでもないと選んでいたら確かに大変ですよね。
e0138916_2222398.jpg

左から時計回りにシャンパーニュのジュレ・りんごのケーキ・ショコラムース・フルーツ。りんごのケーキはなかなか素晴らしかったです。きちんとキャラメリゼされたりんごとタルト生地のバランスが良かったなぁ。コーヒー・紅茶にはアーモンドドラジェも添えられていました。

気がついたらもう来年の春は最高学年の大豆達!中学~高校は早いわよぉ~と聞いてはいましたが今後の予定や来年度のお話など伺いながら今さらなのですが驚愕しておりました。今年はほとんどチャンスが無かったので来年は1試合でも多く大豆の試合が見たいです。そんな流れを私自身に呼び寄せなくては!日曜日に仕事をしている場合ではないわねぇ と思いながら楽しんだ移動距離一日がかりのランチでした。
[PR]
by sur-lie | 2009-11-18 22:49 | Rugby!

O女とA女


e0138916_10264233.jpg

今回合宿の追っかけをした保護者のうち、子供らがオムツが取れたあたりからの付き合いとなる連中で峰の原のペンションにこちらも合宿状態で1泊。いやー、楽しい集いでした。

諸般の事情で夫同伴が叶わなかった女子4人の『女子部屋』にチェックイン後お邪魔して、まーしゃべるしゃべる。話しているうちにひょんなことからその部屋全員の血液型がO型であることが判明。そういえばその中にはツワモノがいて、数年前大磯のほうに子供達と出かけることになり車を出してくれることになったSさん、じゃあ横浜駅西口の天理ビル前集合ねー との約束を交わし、彼女はカーナビに待ち合わせ場所の『天理ビル』を入力し
奈良の天理ビルに一路向かったという恐るべき伝説を打ち立ててしまった。てっきり行き帰り車になると思ったのでその日大豆のみ参加させていただくこととなった私は「車内でみなさんで食べるように」とパイナップルのタルトのでかい箱を大豆に託したのだがそれを持ったまま大磯ロングビーチまで電車に揺られて行った大豆その他メンバーの心境やいかに。というか、普通カーナビに目的地表示された時確認しませんか?周辺の建物とかさ。横浜駅西口なら他にシェラトンがあるな とかね。部屋の片付けが出来ないので限りなくOに近いと言われながらもA型の私には絶対ありえないな。第一こと運転に関しては自分を信じてないから、絶対そこで住所確認しますって。「でもいいじゃぁん、ちゃんと大磯で会えたんだしー。」なSさん、渡辺満理奈な笑顔で意に介していないところがさすがのO型。

e0138916_11104676.jpg


翌朝、朝ごはんを食べていたらO女(おーじょ)テーブルからにぎやかな笑い声が。たて半分に切った状態でトーストされた食パンが供されたのだがそれが1枚残った模様。「ね、あなただったらこれどうやって半分にする?」と聞かれたのでA女(えーじょ)の私は「(目玉焼きを食べていた)ナイフをナプキンで拭いて、それで真ん中に見当をつけて切って四角く半分こにする」。と答えたらええーーっ!?と目を剥かれた。そんな事考えもしなかったー!そんなことしなーい、手でずわ~って分けちゃう~、均等にならなかったら「どっちがいいー?」って両方差し出して聞くもーーん!そしてO女が全員揃って言うには「だいたいさー、誰かがやってくれる~ と思って自分ではしないもーーん。」

なら聞くな(笑)。私は食べ物の配分にはシビアなので半分に と言われたら限りなく正確に半分にしたいの!
それらの会話を聞きながら「(そのパンの分け方は)俺も思いつきもしなかった。」とウソぶく夫。我が家は夫もA型なのでベクトルの方向が合った時にはラッキーなのだが、合わない時にはお互い重箱の違う隅を徹底的につつきまくるという悪夢のような熾烈な争いが起きるので本当にやっかいなのである。ナイフで限りなく真四角に均等に食パンを分けようという涙ぐましい発想をするようになったのももとはと言えばあなたが変なところで細かすぎるからでしょっ!と矛先を夫に向けてみる。なんだかんだといいながら、楕円形でつながったO女達とA女(アタシひとりっ)は笑いっぱなしでずっとつるんでゆくのです。
[PR]
by sur-lie | 2009-08-01 11:56 | Rugby!

佐久から菅平へ

おいまつえんのコーヒーはとても美味しい。
この後、ロクな挨拶もせず(ムシュウ、tomo、ごめんなさい)菅平高原へダッシュで向かう。
e0138916_12131754.jpg


















去年は気づかなかった、菅平高原国際リゾートセンター前のモニュメント。
e0138916_12262136.jpg

見渡す限り脳味噌筋肉人間で埋め尽くされた場所にいる自分が不思議でたまらない。


夫がずっとずっと呪いのようにつぶやいていた、菅平名物(?)『馬刺し定食』。テーブル2卓を占拠して、4家族8人でにぎやかに食す。日帰りで(車で)いらしていたご夫妻の前で裏切り者のようにビール大ジョッキを空けていたのはいわずと知れた我が夫。
e0138916_1233829.jpg


素晴らしきにんにく臭をまとい、この後もひたすらラグビー観戦。照ったり降ったり、夏の高原のお天気は忙しく。
[PR]
by sur-lie | 2009-07-31 12:35 | Rugby!

洗濯物が

e0138916_6264412.jpg

ゆうべ帰ってきました。
お願いだから晴れて欲しい。
[PR]
by sur-lie | 2009-07-28 06:26 | Rugby!

断然ゴリマッチョでしょう

SOAYAママとふたりで『ざます』学習に拙く励んでいた私ですが、大豆はなんとかかの地中学校の2年に進級出来て、部活のお母様方とも何となく交流が生まれております。父母会や授業参観の日程が続いた時、ひょんなことから一部のママとランチでもいかが?という話になり、そこはランチ貧乏にして食い意地女食に大変興味のある私がおずおずと「よろしかったら中華街あたりまでいらしてみます?」と投げかけるとYさんは大乗り気。よ、よろしいんでしょうか?言っときますけどすごいお店に行くんですよ?もちろん味の方は自信を持ってお勧めできるところにお連れしますが、銀のカトラリーとか、磨き上げられたクリスタルグラスとか、パスタにドルチェにとか、そういう手札もまぁ持ってはおりますが出す気はありませんよ?(出してもよいのですけれどね、そういうところはたーくさんあるし皆さんはもう飽き飽きでしょ?)とさり気なくけん制してみたのですが「是非中華街ディープ路線で!」と言って下さったので、青葉区方面にお住まいのマダムお二人に本牧香菜婆のホームである中華街までご足労頂くことになりました。SOAYAママと二人、待ち合わせ場所の延平門下でわくわくとお二人の到着を待ちます。

向かいましたのは山東
e0138916_1092747.jpg

梅雨も明け、とりわけ暑い日でしたからビールは当然。豆苗の炒めと乾豆腐。

名物水餃子は2人前を注文。(画像をクリックすると大きくなります)
e0138916_10401635.jpg

ココナッツ入りのたれ、久しぶりです。

大正海老の香味揚げ。味噌のところをばりっばりいっちゃって下さい。おいしーい。
e0138916_10481192.jpg


4人でわいわいとおしゃべりに花が咲きました。Yさんのご子息もTさんのご子息もラグビーは中学から始めたそうなのですが2人とも身長はあるし、ラグビーに夢中!なのですって。いいことです。今日びの流行りは『草食男子』に『細マッチョ』なのだそうですが、山東に集った母4人は「やはり筋肉は厚みがないと!」「見せ筋はダメ!」「頭より首が太くないと!フォワードは首の太さが命!」「肩、肩の厚み!既製服が入らないあの失礼な分厚さ!」と揃いも揃ってゴリマッチョ派。




飾らないお付き合いはいいものですね。猫皮をこっそり脱いでたたんでカバンに詰め込んだのは言うまでもありません。お店の選択も大変喜んで頂けて鼻の穴がぱんぱんになった私。この後元町に移動してお茶とさらにおしゃべりを楽しんだのですがそこで思わぬ事態が起こり…   続くっ
[PR]
by sur-lie | 2009-07-21 11:06 | Rugby!

岐路 そして続く道

秋です。私達楕円型脳味噌持ち少年の母達にはシーズンの始まりです。
そう、ラグビー県大会が始まりました。

中学生になり、ミニラグビー(9人制)からジュニアラグビー(12人制)に変わり、学年も一番下な訳ですからCチームになり、何より鉄壁の強さを誇っていた小学校6年生までのチームが受験を挟んで既にそれぞれ道を分かってしまい、子供達それぞれがさまざまな思いを抱えて楕円球を追いかける秋となりました。

子供達が幼稚園の頃からずっと一緒にラグビーをしてきたGENママことなっちゃんと久し振りにランチをしよう!というかもう話すことがいっぱいなのでとにかく会おう!と元町に集合しました。

結局ランチだけでは治まらなくて、お店を替えて延々話し続けた2人です。

GENはかの東大合格人数全国NO.1の超難関校である都内の中学(高校と6年間一貫校ですね)にこの春から通い始め、なんとそこにもちゃんとラグビー部があるそうで(意外だわ~)部活にも入部、そしてラグビースクールも続けています。ちびすけは県下ではラグビー強豪校と言われるかの地中学校で同じように部活でのラグビーを選び、さらに時間の許す限りスクールの練習にも参加する という文字通りラグビー漬けの中学校生活。一方、中学で別な道を選んで小学校卒業と同時にラグビーからも離れていった子もいます。

GENもちびすけも生まれた時から『そこにラグビーがある』という環境の中で育ってきました。そして何故か2人ともすっかりラグビーにはまり素直に楕円球を追い続けました。

そして、中学校に入学して新しい出会いがあり、その出会いの中ではラグビーを、楕円球を初めて見た子も沢山いる という事を本人達も身をもって初めて知ったのです。自分達の当たり前が通じないジレンマ。レベルの差。チームプレイであるが故に生じる摩擦。そして古巣であるスクールの通常練習(土曜日の練習)に参加出来ないという事実、その状態で試合に向かう焦燥感。
そんな諸々が、今まさに成長期に差しかかった彼らの心の中にぎゅっと詰まっている感じがします。


この子達の今までの経験の中で、とても重要で素晴らしいと思う事は『今まで強くいられた』ということでしょう。
夫が以前『スポーツをするからには勝たなければ、そしてトップにならなければ意味が無い』というような事を申していました。強くあり、勝利を収めるという行為から学べる事は確かに本当に多いと思います。だから一部の学校で行われているらしい、運動会等の徒競走で順位をつけない とか およそ競争と名のつく競技はしない とかいう風潮には疑問を覚えます。ニンゲンの、男子の、本能として生理として競うというのは自然に湧き上ってくる気持ちだと思います。それはそのように意識しなくても、ボールを持ってフィールドに立ったら次に何をすべきかという感覚的なもののように感じます。ちびすけも闘争的な性格というのは普段ほとんど表に出ないのほほんとしたタイプ。でもひとたびラグビーに向き合う時にはただひたすらに勝つことに向けて集中しているように見えます。

まあ何が言いたいのか と問われればそれこそあまりにありすぎて困ってしまうのですが、スクールチームの一員として今年の県大会に出させてもらった後、また岐路が待っています。学校の部活とスクールとの両立をどうするか。どこまで勝ちにこだわるか。先月28日の試合は辛勝でした。今までは親の庇護の元、本当に子供としてやってきましたが、私の手元を離れていく日も近いのでしょう。飛び立つ前の熱気のようなものを、なっちゃんも私も感じながらあれこれと母親としての心配に明け暮れる日々です。
[PR]
by sur-lie | 2008-10-02 17:18 | Rugby!

初菅平

じぇでぃむとちびすけで延べ10数年お世話になっている長野県菅平高原。一度行ってみるといいよ と夫に勧められていたのですがなかなか縁がなく、この夏ちびすけが中学校のラグビー合宿に参加する機会に初めて出かけていきました。

e0138916_1062051.jpg

菅平サニアパークCグラウンド。菅平はラグビー・サッカー・陸上等の合宿のメッカです。でもここ数年は地球温暖化の影響でしょうか、この高原も日中は気温が35℃まで上昇することもあり熱中症も続出のようです。
e0138916_10135511.jpg

サニアパークBグラウンド。菅平中に沢山のグランドが点在しています。天然芝、人口芝と色々ですが芝のグラウンドでプレーさせていただけることはありがたい。(後の洗濯が楽)

ここに泊まってから菅平へ
[PR]
by sur-lie | 2008-07-29 11:05 | Rugby!

静岡でトライ!

日曜日は夜明け前から起き出しましてよれよれと横浜駅西口の集合場所へ向かいました。
『静岡中央ロータリークラブカップ ラグビー大会』に参加するため、ちびすけ達小学6年は静岡へ遠征です。貸切バスで一路静岡へ!

e0138916_1815716.jpg

西ヶ谷総合運動場グラウンドには他に市川・葛飾・岡崎のラグビースクールも集まりました。
茶畑が山肌に作られた、そんな山々に囲まれた素晴らしいグラウンドです。

静岡ラグビースクールには、3年生の時にお父上の転勤で横浜から静岡に移り住んだYOHSUKEがいます。ちびすけと背の低さを争ったYOHSUKE、大きくなったでしょうか。会えるのが本当に楽しみでした。YOHSUKEママ達静岡RSの皆さんは、前日から豚汁の仕込みなどして下さっていたそうで感謝感謝。

スタンドから探して見つけたYOHSUKE、ちっちゃかったです。(笑)YOHSUKEを見つけて『ちびすけ、勝った!』と思ったのですがグラウンドに降りてYOHSUKEママに「YOHSUKE、何センチになったの!?」と聞いたら身長はちびすけとおんなじでした。(爆)YOHSUKEはがっちりした感じの体型なのでママったら「んもー、猫ひろしみたいになったらどうしよう~って思うのよ!」ですって。いやー、笑いましたよ。

久しぶりの子供達の試合を見て感動感動また感動。ひとりひとりのスキルがぐんと確実なものになった感じがします。コーチの指示・ボールをつなげて得点にするためにするべき事・今まではそういう事がなかなかひとつの線に結びつかなかったのですが、それぞれのポジションの子が自分のなすべき事を理解し、その理想の形に向かってゲームを組み立てていくチームの素晴らしさ。何と力に満ち溢れていることか。総当たり戦であれよあれよという間に勝ち進み、結局決勝戦は横浜A対横浜B。

お昼になり、静岡のみなさんの美味しい手作り豚汁をご馳走になりました。
e0138916_19165626.jpg
















300人分を用意して下さったとか。真心の味は抜群に美味しかったです!

More
[PR]
by sur-lie | 2008-03-24 20:23 | Rugby!

Never say GOODBY

長男坊は小学校一年から中学一年までお世話になり、次男のちびすけはオムツが取れたら入っていいよ と言われたラグビースクール。正確にいうとちびすけは生まれる前からラグビースクール通いでした。同じ兄弟でも性格も素質も違って、長男は絵を描いたり音楽を聴いたり作り上げたりする方が好きで次男は身体を動かす方が好き。

で、その次男坊のちびすけが見事にはまったラグビーも、小学校6年も終わろうとするこの春、小学生のミニラグビーとしては卒業となります。この学年は本当にまとまりがよく、どの子もどの子もそれぞれの個性を生かした素晴らしい選手に成長し3年生の時から6年まで公式試合の県大会は全て優勝という快挙を成し遂げました。

そのままスクールのジュニアとしてラグビースクールでラグビーを続ける子、ラグビーを卒業する子、中学校の部活動でラグビーをしようと決意する子。この春で道を分かつことになりました。
そしてもうひとつの別れが。ずっと一緒にプレーしてきたHiroki一家が遠く東北に引越しをすることになったのです。ご家族の決定とはいえ急な話で何とも寂しい。寂しいのは私だけではありません。Hirokiのママはぱっとガーベラが咲いたような明るさのママで、お酒を飲むと飛び切り愉快で、いっつも笑わせてもらっていました。

小学校の卒業式を終えてひと段落したらぱあっと打ち上げ会を出来たらいいなあと思っていましたが、Hiroki家のお引越しが意外と早い日程だったので急遽この6年生達の打ち上げ会・教えて下さったコーチの先生方への謝恩・そしてHiroki家のお別れ会を行うことにしました。こういう時のママ達の結束の良さ・段取りの素晴らしさ!そして酒が飲めればなんでもいいパパ達の集まりの良さ。(失笑)
e0138916_2042419.jpg

日が無かったので一番危ぶまれたのが場所の確保でしたが、無事順海閣本館で行なうことが出来ました。これは前菜の大皿。はい、使える画像はこれのみです。

仕事と受験で全くといっていいほどラグビー練習に顔を出せなかった私には何よりもママ達に会えるのが嬉しくて!この学年は受験生も多かったのでここで改めてお互いの健闘を讃え合います。みんな話さなくちゃならないこともたくさんでとにかくにぎやか。

2時間半という時間があっという間に過ぎてゆきました。子供達も先生達も、この出逢いは宝です。感動シーンが沢山あって、なんだか涙腺が緩みっぱなしでした。

離れてしまうのは寂しいけれど、みんなの心の中にはずっとHirokiがいるよ。子供達がそれぞれ、『また大学で一緒になってラグビーをしよう!』『日本代表になって必ず会おう!』と言い交わす姿を、それはただの夢じゃなくて本当にこの子達の道の向こうに輝いている星として見ることの出来た土曜日の夜でした。
[PR]
by sur-lie | 2008-03-09 21:36 | Rugby!



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
全体
my loveable familiy
食べましょうよ
暮らし
食とその周辺
嬉しい・楽しい
Joy of life
心のぜいたく
横浜中華街
色々考えたりもする
ママだったりもする
おでかけ
好きなもの
Rugby!
ごはん作りましょ
Chiffon the CAT
ウォーキング
持つべきものはfriends
お菓子作り
たからもの
I love music
ガンバレアラフィー
文字とか音とか
I love cats
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧