From the clifftop

カテゴリ:暮らし( 96 )

ここ数日のこと

まさか本当に…?と最初は半信半疑でしたが、
買い占め・買い溜め等々は本当に起きていました。

日~月と仕事だったので日中はあまり動けず、それでも月曜日は交通手段の確保が今ひとつあやしかったので自転車にて通勤し、この方が帰りあちこちお店が覗けるから都合がいいと考えその通りに行動しましたが…

唖然とするばかりでした。

生産地が被災し、物品自体が入荷しない分を除いて考えても極端な偏りを見せた品切れ。普段の暮らしで牛乳を沢山飲むのでストックとして1本くらい手に入れば と思ったのですが皆無でした。

翌火曜日、改めてお昼近くに近所をさっと回りました。牛乳は2軒目のスーパーにちゃんとありました。1本だけ購入。バゲットも1本、行列などせずに静かに普通に買えました。

計画停電のための節電は、私が仕事で家におらず、卒業式まで休校となってしまった大豆が家にいるので我が家ではあまりはかばかしくないと思います。周りの人達が上手に節電をしているのを知って正直ちょっと焦ったりするのですが、全く自慢出来ない事に私は体力がそんなになく、さらに丈夫とはいい難い。無理な我慢はせずに暖を取るなどはきちんとしています。

震災後、前回のアップにも引用させて頂きましたがあちこちで沢山の的確な呼びかけがあります。その中でも私は特にこちらのブログの記事がこたえました。16年前の阪神淡路大震災の時にこのような経験をされ、今それを私に伝えて下さった事を重く受け止めています。深夜に聴いていたFMラジオの番組で紹介されたブログです。
よろしければ御一読下さい。↓

『あの恐怖と屈辱は、記憶よりさらに奥に刻みつけられてしまっている』

記事内では激しい表現も使われていますが、16年前の震災時に若者が経験したありのままの気持ちだと思います。人間の心のある側面として確かにこういう事はきっと沢山あって、それははっきり言って美談にならない『不都合な』面なので表に出る(報道される)事は無かった・出にくかったのかもしれません。自然の脅威で傷つくだけでも心が壊れそうなのに、このような思いをする人をもう出したくはない と思います。多くの人があちこちで伝えてくれているように、個人が感情だけで現場に出向く事の無益さ等々を改めて感じました。そして、如何にプロフェッショナルの助けが大事かという事も。

(実際今日私も仕事中に被災者救援に関しちょっと困った内容のメールが知人から送られてきました。静かに黙殺する という手段を取る事にしましたが。その件はまた加筆出来たらそのうちに)

西宮市議会議員 今村岳志という方のブログです。私もまだご紹介させて頂いた記事を読んだだけなので、他のアップも読んでみようと思います。
[PR]
by sur-lie | 2011-03-16 18:27 | 暮らし

2月尽日

たった数日少ないだけで2月が過ぎてゆくのは早いこと。
2月は1日から熱を出して寝込んだりしたので特にそう感じました。
目標はほとんど達成出来ず。

1・家事優先

最低限の事をこなすのに精一杯。しかし家にいても家事がほとんどはかどらなかった。赤点。

1・欲しい(必要な)ものを吟味して丁寧な買い物を

これがもう本当に駄目ダメで…。〇〇を作ろう と勇んで買った食材をタイミングが合わなくてそのままにしてしまったり、やはり月初に寝込んでしまったせいで気力と体力が湧かず色々無駄を出しました。恥ずべき事です。『足りない』くらいがちょうどいいはず。

1・笑顔を絶やさず
月半ばにかなり落ち込む事があり、従って以降全く笑顔のない日々。その結果に至るプロセスを思えば散々な結果しか導き出せない事は明白なのに、自分の事ではないのでどうにもならない部分もあり怒りも失望感もいっそう強くなってしまった。それだけに笑顔でいられることの大切さを痛感。突破口はあるのか。

1・断捨離、読んでないけれど実行

そろそろあるんじゃないか と過日近所のBOOKOFFに探しに行ってみたけれど見つけられず。BOOKOFFで『〇〇〇はありますか?』と聞いてもいいのでしょうか?した事はありませんが…。友人宅の玄関先に押し入って強引に借りてくるしかないかな。どこかのBOOKOFFで見た方はいらっしゃいませんか?

1・お菓子作りの機会を多くする

0点。言い訳無用。頭の中では頂き物の柚子ジャム入りのパウンドケーキとガトー・オー・ジンジャブルリベンジのシミュレーションを繰り返していたものの。

1・良いこと・ポジティブな事を沢山想像する!

赤点。職員室呼び出し必至。ひー。


e0138916_18483392.gif

               おかあしゃん、廊下にバケツ持って立たなくていいのでちか??

1・真剣に転職活動をする
[PR]
by sur-lie | 2011-03-01 09:52 | 暮らし

1月尽日

2011年、はじめの1ヶ月が終わります。
自分でも思いもよらなかったのですが、
目標を立てて、それを記録に残すことで毎日が(少しではありますが)違っていました。
(この目標は手帳にも書き写し、なるべく毎日見るようにしていました。)
なんだかいいなぁ と思いました。
だから、今年は毎月尽日にちょっと振り返ってみようと思います。

1・家事優先
自分では片付け(こればっかり言ってる)を念頭においていたけれど、正直あまりはかどらず。でも『何故はかどらないのか』がかなりぼんやりながら判ってきた気が。それと、ついふらふらと外出の用事を入れてしまい勝ちだったけれど極力抑える方向に動くようになってきた。家にいなくちゃ家の事ははかどらないわよ。

1・欲しい(必要な)ものを吟味して丁寧な買い物を
…これは全くダメ。月(年?)の始めに作った牡蠣のオイル漬けがあまりに美味しくて、もう1回作ろう!と先週また牡蠣を1パック買ったのに忙しいを言い訳に手がつけられず…物がモノだったので泣く泣く先程処分。また無駄を出してしまった。深く反省。衣類購入に関しては今月は及第点 かな。

1・笑顔を絶やさず
朝のくっそ忙しい中大豆を叩き起こし、弁当を作り、洗濯機のスイッチを入れて…なんてやっている時は頭からすっ飛んでいたけれどぎりぎり大豆を玄関で見送る時に思い出してにかにか笑ってみたり、段々進歩(?)すると起こす前にひとり笑顔を作ってみたり。
これがなかなかいい。笑っていると考えが柔らかくなる。気持ちが柔らかいと、発する言葉も丸くなる。丸い言葉をもらえれば、相手の動きが滑らかになる。これ、頑張ろう。

1・断捨離、読んでないけれど実行
数日前年若の友人宅に件の本を取りに行ったのに、『タモリ倶楽部』の録画など見せてもらって馬鹿笑いをしたら借りてくるのをすっかり忘れてしまった。テレビで特集をやってたりしてまぁ何となく概要は判るような深いところは判らないような。とりあえず使っていなかった食器を処分。物だけではなく心の事なんだろうな。

1・お菓子作りの機会を多くする
新年会のおかげで好調なスタート。ガトー・オー・ジンジャブルを2台とブラウニー。ガトー・オー・ジンジャブルは2月の早いうちにまた作りたい。1種類ずつクリアポイントを超えるまで作り続けるのもいいかな。

1・良いこと・ポジティブな事を沢山想像する!
簡単そうで難しい。『どうせ…』と思いがちなのを無理やりにでも気持ちを切り替えたり。でも、歯を食いしばって(いやこれがホントにそうだったのよ)意識を変えて態度を変えてみて、最終的に自分に勝利を感じた出来事もあった。意識って本当に不思議だ。


e0138916_18483392.gif


さてもうひとつ
[PR]
by sur-lie | 2011-01-31 21:28 | 暮らし

前歯、折れる

りんごとの格闘ですから。西麻布で○○族と飲んでたワケじゃありませんから。しかしめげました。思わず寝込んでしまいました(体調不良とかじゃなくてただやたら眠いだけ)。やれやれ。
とりあえずパーフェクトな応急処置をしてくれた目黒の歯医者さんに感謝。
[PR]
by sur-lie | 2010-12-03 19:38 | 暮らし

言い訳に近い近況

e0138916_11375966.jpg

このところ体調が良く、動ける状態でいるとやたら忙しく、ネタは溜まる一方です。今までは具合が悪くて家に籠っている事が多かったのでせっせとアップ出来ていた事に気づきました。しかし、数日前ぱりぱりの長野りんごをかじって前歯が1本ぐらぐらになり(そして痛い)凹んでいます。明日目黒の歯医者に駆け込む予定です。そんな突発事故(?)が他にも次々起きて、ブログ開設プレゼントの焼き菓子製作がどんどん遅れて焦っています。当選者の皆さんの寛大さに心から感謝します。前歯のアクシデントでお粥・にゅうめん・スープ等しかまともに食べられません。口腔内左側しか使えない感じで咀嚼しているので顔が歪んできた気がします。そして師走。仕事のシフト変更。もういっぱいいっぱいな気分です!

e0138916_18483392.gif

[PR]
by sur-lie | 2010-12-01 11:37 | 暮らし

Weblog Sept.13~19あたり

9月13日(月)
仕事。

9月14日(火)
目黒不思議歯医者へ。
帰り、ちょっとしたアクシデントで寄るつもりのない関内で途中下車を強いられ食べたくもない昼食を摂る羽目になる。その件はまた別の機会に。

9月15日(水)
仕事。

9月16日(木)
夜、久しぶりのマクロビオティック料理教室へ。なぜかいつも雨に当たる。雨女ではないと頑迷に思っていたがちょっと自信が揺らぐ。

9月17日(金)
夏に一度も顔を出せなかったので実家へ。早朝長男がひょっこり帰宅し慌ただしさに拍車がかかり、強行軍だったが朝からひたすら動き回り横浜‐東京‐千葉と移動。ずっと行けずにいた、新装開店した知人のお店にも伺えたし、ほんの数時間しかいられなかったが両親の顔を見られたのでよしとする。

9月18日(土)
午後からキッチン山田でレッスン予定としていたがひょんなことからあざみ野でランチをする事に。そこに持参するために朝花巻を作る。大豆学校のママが駅まで車で迎えに来てくれて、おかげでゆっくりおしゃべり。新しい出会いの中にぐっと波長の合う人との邂逅があるのが不思議で面白い。人との縁はまだまだ広がっていくのだろう。彼女がそのままレッスンスタジオの前まで送ってくれた。感謝。

9月19日(日)
仕事。珍しく残業も少々。
[PR]
by sur-lie | 2010-09-20 22:35 | 暮らし

冷や汗20分間

e0138916_15395957.jpg

自分より後からこの家に来た と思っている長男のことがまだまだ苦手なシフォン。
でも、私が1日家に居られてあちこちの窓を開けていると、
そして長男が不在だと、
風通しの良い長男の部屋のベッドでこんな風にくつろぐシフォンです。


長男の部屋の窓は、ポーチを隔てて共用廊下に向かっています。たまに人が通るとぎょっとしてこんな風に身構えるビビリシフォン。
窓際に自分から座って外を眺めていることもあるのですがね。
e0138916_15425229.jpg

窓を開けると言っても、もちろん必ず網戸はきちんと閉まっているのですが。

昨日、約束があって出かけようと仕度を始める少し前からシフォンの姿が見当たりませんでした。
いる場所は大体決まっていて、
1.ペントハウス(たんすの上の衣装ケースの上のこと)
2.マンション(夫が学生時代から使っている木目ボックスの最下段のこと)
3.押入れの決まった場所
4.長男か次男の部屋(ベッドの上、あるいは下、本棚の上、クローゼットの中等々)
5.冷蔵庫の上・玄関前のスペース

こういう場所をざっと探しても目に入らない。
家の中での動きが分からないと困るので首輪に鈴をつけていますが、鈴の音も聞こえない。
シフォンがお留守番の時は、お水やトイレ完備のリビングにいてもらうのが決まりです。

私がリビングで動き回っていた時、シフォンが長男の部屋にすたすた歩いていったのは視界に入っていました。
長男の部屋の中を改めて探しても、呼んでも返事もありません。

生協の宅配の人が、ポーチに置いてあった空の容器を回収してくれている音は聞いていました。
それから、小さなお子さんが多分お母さんと一緒に廊下を通っていったにぎやかな声も耳にしました。

飼い猫は完全室内飼いが主流 というのを知らない人が、まさか、まさかその時窓際に座っていたシフォンを見て、網戸を開けてシフォンを出してしまった?そんな、まさか!!?

しーちゃん、しーちゃん!と、マンションの狭い部屋の中を必死で呼びながら探し回りました。
それでもどうしても見つけることが出来ません。
一度心を落ち着けて、万が一のことを想定して玄関から外に出て、周りを確認しましたが気配はありません。
今までも不注意や手違いで2~3回脱走してしまったことがあるのですが、
私ひとりではなかった状況がほとんどだったので
何とか連れて帰ることが出来ましたが、今、この状況で私はどう動くのがベストなんだろう!?
もし、誰かが網戸を開けてシフォンを外に出して、また網戸をきちんと閉めてあったらそれはかなり悪意がある気がする…開けっ放しだったらまだしも…
シフォンの性格を考えると、外になど出たらビビリ+パニックでやみくもに遠くへ行ってしまうか、人の目の届きにくいところで何日も動けなくなって発見出来ないかも…
こういう時って本当に最悪のことしか頭に浮かばないものですね。
手がどんどん冷たくなって、脈拍も上がってきて、手の平が汗でじっとりしてきました。
この後の約束ももうキャンセルしなくては!夫に電話する?私が怒鳴られる!
パニック寸前で、シフォンを呼ぶ声も震えて半べそ状態でした。

自分に『落ち着いて!』と心の中で言い聞かせながら、何度も確認した場所を再度声かけをしながら確認。



…いました…
長男のベッド下、普通は4本の支柱のどこか端っこにいることが多かったのですが、窓側にぴったり寄せられたベッドの、その窓側のまん真ん中で気配を消していました。何回か覗き込んだ時点で既に私も思い込みをしていたのでしょう、全く目に入っていませんでした。それにしても、いつもなら呼ぶとちょっと動いたりして鈴の音くらい聞こえるのに。

e0138916_1673674.jpg

馬の耳に念仏的泣き言(「おかーさんがどれだけ心配したと思ってるの!?どうしてお返事しなかったの!?おかーさん、たくさん『しーちゃん!!』って呼んだでしょう!??」等々…)をシフォンにぶつけてみたものの、とにかくいてくれた安堵感で体中の力が抜けました。

『ねこのうた』の中に

あたし、ねこだから
ひとのことば わからない

と言う歌詞がありますが、
半べその私がお説教をしている間、シフォンはずっとそのフレーズを口ずさんでいたに違いありません。

(『ねこのうた』、男子バージョンもすてきです)
[PR]
by sur-lie | 2010-09-10 16:20 | 暮らし

weblog July 23~

7月23日
仕度が出来ているのかいないのか超いい加減な大豆にいらいらしながらも送り出す。第12回東日本ジュニアラグビー菅平ジャンボリー(ま、合宿です)への参加。ジュニアは中学生までなので小学校3年生から行ったこのジャンボリーへの参加もこれで最後だと思うと感慨深い。

今や年に一度の旅行なので、この菅平応援にかぶせて他にも足を伸ばそうと夫。大豆を駅まで送り、私達も仕度を整え出発。詳細は追々。

7月25日
いつもならだらだらとあそこも・このチームも と試合を見たがる夫だが、大豆たちの試合が午前中で終わったためそこでさっくりと帰路へ。思ったよりずっと早く帰浜できてその日のうちに自分たちの洗濯物を全て終えることができてひと安心。

7月26日
仕事。夜、山ほどのくっさい洗濯物を抱え真っ黒に日焼けした大豆が帰宅。

7月27~28日
家事・仕事等。28日の仕事帰りは部活をさぼった休んだ大豆と待ち合わせて買い物に付き合わされる。身体の大きさが半端なので元町のGAP,Tommy Hilfigerなど見て回るが中々サイズが無い。結局洋服は伊勢佐木町のユニクロまで出向きようやく満足のいくTシャツなどを買う。身体が丈夫だと買い物は丁寧に出来るのだ と大豆に付き合いながら痛感。私は買い物は面倒臭い。疲れてしまうので長く吟味することが出来ない、しない。だからファッションセンスはめちゃくちゃ。この大豆のこだわりと丁寧に見立てる性格は父親譲り。
27日より検査に備えて食餌制限。生野菜・果物・豆類・胡麻・繊維質全般等禁忌。28日深夜はラキソベロンの効果で何度もトイレに行かねばならず疲労困憊。

7月29日
今月(自分自身の)最大のイベント、大腸・胃の内視鏡検査。朝10時半に受付して約6時間。8歳の頃から手術と検査・入院に慣れてしまったので10分おきに腸内洗浄薬(ニフレック)を飲むのも淡々とこなす。嫌な味の液体を2リットル飲まねばならないが、そういう時意識を真空にすることが出来る。お腹ががぼがぼになるのも、口の中が嫌な味で一杯になってしまうことも無視する。他の方はけっこう辛そうにしていらした。検査自体は思っていたより消耗は少なかったけれど大腸内視鏡の痛さは尋常ではなかった。ドクター・ナース共に「よく我慢した、よく頑張った、あれは痛い!」と絶賛(?)。癒着部分がそれだけひどいということか。麻酔で朦朧としていたので定かではないが腸には問題がない模様で一安心。胃にポリープ有り と聞こえたようだが果たして。来月初旬に検査結果の診断あり。思わぬコネクションがあり既にセカンドオピニオンが取れているような状態なので、癒着除去の手術を仮に勧められてもきっぱりと断るつもり。
夜は入浴禁止でシャワーのみとのこと。やはり上下内視鏡は相当身体には負担なのだろう。10時を回った時点で泥のように疲れ果て昏倒。
[PR]
by sur-lie | 2010-07-30 09:01 | 暮らし

日々のモザイク・あれやこれやまさにモザイク

随分前からこの看板(ま、布ですが…)の前を通ると口の中がすっぱくなっていたような。

e0138916_855235.jpg

…冷やし中華を連想していたようです。

元町は今あちこちのお店でセール中です。
これは数日前の夕刻。空の青が深くて、夜が近づいて、そんな時間が好きです。
e0138916_923024.jpg


(ひきずる気持ちをどこかで切り替えないと。後で行こうかなー。)

ようやくシャンプーをしてあげたしぃ姫。
久しぶりだったのですが思いのほかお利口さんでした。
e0138916_9305685.jpg

「んーもー、本当にこの苦行って何かちらー(怒)。」

ずっと戸棚の中で眠っていたコーヒー。これをもらった時はこのコーヒーの意味が分かっていませんでした。
e0138916_9332472.jpg

デカフェ なのですね、これ。

デカフェの存在を教えてくれたカフェハンズさんで過日久しぶりにランチ。
e0138916_937327.jpg

体調を心配して下さるハンズマスターとハンズママに見守られながら、ゆっくり美味しく頂きました。
[PR]
by sur-lie | 2010-07-17 09:38 | 暮らし

帰天

友人のご主人が亡くなり今夜は通夜式へ。
本当に、本当にやさしいご主人でいいパパだったから
残された家族の悲しみを思うと痛いほど辛くなる。

最後まで気丈で、その高いプライドで、
彼女はご主人の遺影に
泣きながら微笑みかけていた。

Kパパ、本当にありがとう。
思い出すのは笑顔ばかりです。
[PR]
by sur-lie | 2010-06-22 23:04 | 暮らし



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
全体
my loveable familiy
食べましょうよ
暮らし
食とその周辺
嬉しい・楽しい
Joy of life
心のぜいたく
横浜中華街
色々考えたりもする
ママだったりもする
おでかけ
好きなもの
Rugby!
ごはん作りましょ
Chiffon the CAT
ウォーキング
持つべきものはfriends
お菓子作り
たからもの
I love music
ガンバレアラフィー
文字とか音とか
I love cats
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧