「ほっ」と。キャンペーン

From the clifftop

カテゴリ:心のぜいたく( 13 )

よんふくカフェでばんごはん

色々なことをする時間が絶対的に少ないです。今年度はそういう年だと自覚しています。自分の時間というのはほぼ無いのです。でもガソリンは補給しなくては。

仕事をして、帰宅して、疲労を抱えさらに空腹のまま食事の用意はちょっと大変で、簡単なつまみ食い(それもジャンクフード)しか出来ず…このところ自分の食事がまっとうに食べられていない状態でした。

どういうものを食べればいいのかはちゃんとわかっておりますです。
そう、こういうものです。
e0138916_132038.jpg

よんふくカフェのごはんで決まりです。この夜はタコライスを頂きました。美味しかったぁ。

e0138916_1333091.jpg

人の手で確かな思いを込めて作られたお料理は、身体のみならず心の深いところにまでじんわりと響きます。

知己にあう確率の高いお店、この夜も嬉しい再会がありました。五味子(オミジャ)もまだあった。嬉しいな。ソーダで頂きました。自家製梅ジャムつきのスコーンも。
e0138916_1322572.jpg


いい意味で自分をしっかり護らなくては。護るものが沢山ある我が身ゆえ。

前回は全く参加できなかった横浜ゆるカフェめぐり、よんふくカフェから始めて文字通りゆるっと回ってみようかと。こちらの方はもう随分巡っていらっしゃる。私は今回5店コンプリート辺りを目標に。
[PR]
by sur-lie | 2013-06-29 13:34 | 心のぜいたく

三溪園・早朝観蓮会2011 その2

e0138916_7103130.jpg


e0138916_7113947.jpg


前回より少し遅い時間に行きました。
いつもはもっと早い時間に行くのですが、この時間の朝日に輝く蓮にも魅了されました。
そして前に行った時より蓮の茎が伸びていて、背の高くなった蓮にも心奪われ。
e0138916_74188.jpg




来年も出逢えますように。
e0138916_742785.jpg

[PR]
by sur-lie | 2011-08-12 07:42 | 心のぜいたく

三溪園・早朝観蓮会2011

e0138916_753079.jpg

e0138916_7531880.jpg

e0138916_7541255.jpg

蓮池の隣の池に咲く睡蓮も可憐。
e0138916_755687.jpg
e0138916_7552815.jpg

涼しすぎる曇り空の朝でした。
e0138916_7554318.jpg

早朝観蓮会は残すところ7月30・31日、8月6・7日の4日間。
数量限定の朝粥定食も楽しめます。
e0138916_7555621.jpg

[PR]
by sur-lie | 2011-07-29 08:02 | 心のぜいたく

(311前)いつもの箱根に

料金を奢るから大船から小田原まではグリーン車で行こう と夫が言ったのでほいほいとその話に乗ったのですが、ホームでグリーン車券売機(って言います?)にSuicaをかざしてみたら2人分を会計って出来ないのですね。なんだかうやむやのうちに自分のSuicaから料金が吸い取られてゆきました。まぁ…仕方ない、いいことにしよう。

相変わらず出かけたのは天山湯治郷でした。文庫本にミネラルウォーター装備でいざ入浴。ご迷惑にはならないようにしていますのでご容赦下さい。

この日は本当にじっくり入りました。いくつかあるお風呂の大体の温度も分かるようになったのでその時の体調や気温でのお風呂の選択も上手くなってきたような。自画自賛ですね。汗で放出した水分もPETボトルのミネラルウォーターでしっかり補給しながらのんびり読書など。随分長く浸かっていました。今まで通った中で一番すっきりした気がします。ようやく天山での自分の入浴法を会得したとでもいいましょうか。

すっかりお湯で癒されて、心の凝りまでほぐれた後はごはんです。いつもは箱根湯本の駅前まで戻ってから食事をするのですがこの日は天山の中にある『艸楽庵(そうらくあん)』というお蕎麦屋さんに行きました。

e0138916_22165490.jpg

なんだかいきなり始まっている感が。夫の風呂上りを待つ間に既に缶ビールを1本片付けていたので私は最初から箱根山を熱燗で頂きました。
e0138916_22192799.jpg

揚げた蕎麦、湯引きの笹身、山芋おろし だったかな。

卵焼きも。
e0138916_22205429.jpg


きのこも頂きましょう。
e0138916_22222847.jpg


夫はせいろ。
e0138916_22241385.jpg


私は鴨南蛮。
e0138916_22255486.jpg




事前に夫から「3月は温泉に行きたいから予定しておいて。」と言われ、夫のリクエストで3月11日に出かけるつもりにしていました。ところが諸般の事情が生じてどうしても9日でないと出かけられなくなってしまった夫。頼むから と言われ既に入っていた私の予定をお断りして予定を変更し9日に湯治に出かけたのでした。そしてあの大震災が11日に起こりました。数日してから夫と2人で「あの日もし最初の予定通り11日に出かけていたら…」と言い合ったのは言うまでもありません。

e0138916_18483392.gif

[PR]
by sur-lie | 2011-04-20 22:47 | 心のぜいたく

栗原亜矢子さん作品展

こんなに素敵なお花屋さんがあることに気づかずにいたなんて
まったく私の目は節穴ですね。
さらに、ご主人を教育(!)して、
記念日にはこちらのお花を贈ってもらうことにしている と
とある年若の友人が教えてくれたときには
自分の夫教育の失敗について
臍を噛みました。

とりあえず、次のanniversaryには
私もストレートにここのお花をリクエストしてみよう!

そんな風に、久しぶりに美しさやセンスやとにかく全ての素晴らしさにすっかり心を奪われたお店・Edwin.R.Molenaar ltd.(エドウィン・アール・モレナール)
栗原亜矢子さんという若いアーティストの作品展が行われています。

e0138916_9552057.jpg

(写真はアトリエ内にあったバラ。許可を頂いて撮影しました。)


栗原さんが描いた絵を背景にして、花を撮影した作品が
アーティスティックな雰囲気に満ち溢れたアトリエに飾られています。
私の大好きなヒガンバナがモチーフの作品は
しずかな温かさと明るさに満ちた、やさしい気持ちになれる作品でした。
ちょうどアトリエにいらしたオーナーのモレナール氏から
作品についてのお話を伺うことが出来ました。
絵画(背景)と花との配色の素晴らしさ・写真という技法の中で最高の技術を導き出した
アートとしての完成度の高さについて教えていただきました。
このすてきなアトリエのオーナーに絶賛されるって、すごいと思う!


火曜日がお休みとのことですが、
作品展は20日まで行われているそうです。

小さなアトリエで
作品数もそう多くはないので
親しい気持ちで観ることが出来ると思います。

(食い気だけじゃ、ないよの。)
[PR]
by sur-lie | 2010-09-04 10:07 | 心のぜいたく

私のココロの中のヲヂサン

あなたの心の中にいるのは
天使でしょうか それとも悪魔


私のココロの中にはヲヂサンがいます
そのヲヂサンは時折私をどうしようもなく翻弄し支配し
あろうことか私の年若な友人を巧みに操り車を出させ
真昼間からこのようなところへいざなうのです
嗚呼 なんという 狼藉

e0138916_2074345.jpg


ヲヂサンはすかさず冷酒をあおります
欠けた端が目立たない酒器もまた一興 などとうそぶきながら
e0138916_20105261.jpg


ぴりりと辛いしし唐に当たるのは
ヲヂサンのその業の深さ故
見事な海老天をひっそりと
包み込むよな野菜天
衣に包まれた人参花
梅か桜かやさしく咲いて

e0138916_20125470.jpg


もう1本といいたくなる
その言葉 そのココロをぐっとこらえてせいろです
e0138916_2019186.jpg

嗚呼 これこれ この味よ と
うなりたいよな美味しさで


ココロの中に
ヲヂサンがいてもいいかな などと思ったりするのです
[PR]
by sur-lie | 2010-08-25 20:44 | 心のぜいたく

三溪園・早朝観蓮会

葉の下に凛として。
e0138916_1936854.jpg




アマギノクサギ。
e0138916_19371323.jpg





一切衆生悉有仏性。
e0138916_1939239.jpg

[PR]
by sur-lie | 2009-07-15 19:41 | 心のぜいたく

FORTUNATE PLACE OF

シンガポール・スリングはこの夜で卒業して

e0138916_2024314.jpg





マティーニデビュー。
e0138916_2026284.jpg


Singapore Gin Sling
Dry Martini
Dry Martini
Something Long Cocktail recommended from M
White Lady



                                
[PR]
by sur-lie | 2009-03-26 20:39 | 心のぜいたく

スペースkujiraへようこそ ~junさん~

junさんは文豪の高校の同窓生で、きっかけは忘れたけれど、もう何年も前に佐藤さとるさんの家を知っている と言い出した文豪と、現『偽・(あるいは非)文学主婦の会』の前身ともいえる連中とjunさんとで佐藤さんの家まで探検に行ったのが出逢いの始めでした。

待ち合わせ場所でjunさんの顔が判るのは文豪だけ。でもこの文豪が殊のほか頼りにならない人で、会うのは高校の時以来だからちゃんとわかるか定かではない とかなんとか言い出して、では目印にお好きな絵本を持ってきてもらおう という事になり、文豪の運転で待ち合わせ場所に着くと皆で絵本を携えた女性を探しました。


すぐに、本当にすぐに判りました。彼女が持っていたのはバージニア・バートン作『ちいさいおうち』でした。絵本を持って静かに佇むjunさんを見つけたときには車の中の私達はわあっと歓声をあげました。



junさんは私が出会う前から、例えば仕事になるくらいドールハウス造りに打ち込んだり童話創作の同人誌に参加して作品を書いたり、その溢れる才能を確実に形にしている女性でした。確か出会った最初の頃から「いつかギャラリーのようなものを持って、まだ世に知られていない作品を紹介するような事が出来たら」と話している人でした。

他にも数え切れないくらい楽しいことをして遊んだりしてきた友人なので、昨日の彼女の緊張に包まれながらも嬉しそうにしている姿は本当にまぶしくて、私は心の中でずっとずっと大きな拍手を彼女に向かって打ち鳴らしていました。もう、気持ちがスタンディングオベイションです。

e0138916_1731490.jpg

昨日のオープニングパーティで、『湘南くじら館』のパートナー・tomoさんの挨拶に耳を傾けるjunさん。

e0138916_17551374.jpg

縦に伸びた空間を上手に生かしたギャラリーです。

さて、昨日ちらりとご紹介した「スペースkujira」のオープン記念企画は下記の通りです。

静謐な空気を湛えた作品の中に秘められた作家の豊かなエネルギーは圧巻です。より多くの人に是非見ていただけたら と願っています。

 髙瀨省三展~ 風 の 化 石 ~

限りある命の中で、時間と競うように制作された流木アート、全25作品
2008年10月11日(土) ~ 10月30日(木)
11:00~19:00 期間中無休  入場無料

      スペースkujira

       住所 : 藤沢市高倉668-12
       Tel&Fax :  0466-44-4588
小田急線 長後駅 東口徒歩5分(急行・各駅停車)
 


作者・髙瀨さんの奥様に伺ったお話はまた明日。
[PR]
by sur-lie | 2008-10-11 18:51 | 心のぜいたく

魂にふれるもの

e0138916_2158323.jpg

丁寧に紹介したいので、今日はこれだけ。

素敵なギャラリーが藤沢にオープンしました。今宵行われたオープニングパーティにお邪魔してきました。

素晴らしい の一言です。


髙瀨省三氏
[PR]
by sur-lie | 2008-10-10 22:24 | 心のぜいたく



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
全体
my loveable familiy
食べましょうよ
暮らし
食とその周辺
嬉しい・楽しい
Joy of life
心のぜいたく
横浜中華街
色々考えたりもする
ママだったりもする
おでかけ
好きなもの
Rugby!
ごはん作りましょ
Chiffon the CAT
ウォーキング
持つべきものはfriends
お菓子作り
たからもの
I love music
ガンバレアラフィー
文字とか音とか
I love cats
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧