From the clifftop

カテゴリ:横浜中華街( 8 )

久々新開拓~愛群ランチ~

ラグビースクールも中学校もご一緒させてもらい、今年度は部活の世話役を引き受けてくれたりすっかりお世話になりっぱなしのSOAYAママ。でもなかなかゆっくり情報交換するチャンスが無かったので先日SOAYAママを二者会議(!)にお誘いしました。

私の未踏のお店開拓も兼ねさせて頂き、中華街は関帝廟通りの『愛群』へ。
e0138916_16464283.jpg




春巻きを熱烈希望したのは私です。
「味がしっかりついてるからお醤油かけないでー。」と
お店から指導が入りました。確かに。



さらにかに玉も。普通かなー。図々しいかもしれないけれど、味は自分で作るのとさほど違いが無いような。(ウチのはちびすけからクレームがつくので椎茸は入れませんが)
e0138916_1649567.jpg


ランチまで頼んだ私たち。汁そばをあとから持ってきてもらうって出来ますかー?と聞いたら難しい顔をされてしまったのでかた焼そばと牛ばら丼を頼みました。ま、ランチタイムは忙しいものね。常連さんらしき人が次々来店していましたし。

かた焼きそばってお酒のつまみとしてもいけますよね。
e0138916_16543512.jpg


やっぱり中華街ランチはボリューミィ。
e0138916_1765056.jpg

ビールを飲みながら結構『!!???』な話をがっつりしていたのでスープは冷めてしまいました。

実はこのお店に行ってみたかったのは杏仁豆腐が評判だったから なのですが、ランチメニューについてきた杏仁豆腐はあまりにも量が少なくて何がなんだかわからないうちに食べ終わってしまった というのが正直なところです。まあ確かに手造りらしきうっすら色のついた杏仁豆腐で、ごてごてと甘すぎない感じだったけれどあの3倍は食べないとなぁ…。でも2人でこれらの量はけっこうたっぷりでお腹いっぱいになりました。うー。


ふたりでジグソーパズルのピースを持ち寄ってぱたぱたはめた感じの会議(ええれっきとした会議ですから)でした。「あ…!それを聞いてあの話が繋がったー。」みたいな話が多くて。あまり詳しく書くとちょっと問題あり…と言っていること自体問題な感じですかねぇ。親が焦っても仕方ないのですがお互い楕円形脳みそボーイを育てている身としては学業ももちろんですが、部活のことがとても気になります。男の子ってこちらが聞きたいような事は家では話さないし。特に各学年との連絡役を引き受けてくれたSOAYAママは他の人には言えないご苦労が山ほどあった模様です。本当にありがとう。

というわけで目下SOAYAママと私の必須履修科目は『ざますを用いる山の手コトバ』です。とりあえず3月14日までに初級編くらいはマスターしないとまずいかもざますね、SOAYAママぁ。




(絶対ムリっ。)
[PR]
by sur-lie | 2009-02-21 17:50 | 横浜中華街

Aさんの蛋達

暮れに中華街の某所で食事をしている時にAさんが亡くなった事を知りました。
亡くなったのは去年の秋の始めだったそうで、そのお店の方がたまたまAさんをご存知で、話題に出たら「あ、おじいちゃん亡くなりましたよね。」と。


私が会った時にはAさんは既に車椅子暮らしで少し気難しい雰囲気を漂わせていましたが、何故か私はすぐに打ち解けて仲良くなることが出来ました。

通所介護施設では昼食を終えた後に簡単なリハビリテーションを兼ねたレクリエーションの時間があるのですが、Aさんは皆で(少々幼稚園チックに)繰り広げるレクは苦手でいつもその時間ぽつんとひとり離れて食堂側に座っていました。Aさんが得意なのはオセロ。よくスタッフで交代でおつきあいしたものです。センスが全く無い私が相手をする時、Aさんはしょうがねぇなぁ という感じで私の分の黒い石を余分に盤に置いてから始めてくれたり終わった後では対局の解説をしてくれたり、多分そんな折かお迎えに上った時にでもいろいろおしゃべりをしたのだと思いますが、随分前に「中華街でAさんが一番美味しいと思う蛋達ってどこのお店のですか?」とAさんに聞いたことがありました。

Aさんの答えは単純明快。「紅棉(こうめん)だよ!」でした。長男が蛋達ラヴ男だったのでそれまでも美味しいなぁと思い何回か紅棉で蛋達を買っていましたが、それを聞いて強い確信を得たような気分で嬉しかったのでした。

そんな問いかけをした後日、お迎えに上った時だったか、Aさんは他の人に聞かれないように「紅棉に言っといたから、いつでも行って(蛋達を)もらうんだよ。」と私にこそっと言いました。

(守秘義務と金品授受厳禁は介護職の大原則なので本当はこういう内容をエントリーするのも憚られるのですが)

Aさんにお礼を言いながら、でも、自分で買いますから大丈夫、本当にありがとうございますと繰り返したものです。Aさんは頭はばりっとクリアな方なのできっとまたお店に確認したりすることでしょう、こういう時にはいいかげんに取り繕ったりは出来ません。Aさんは「そんなの黙ってりゃ判んないんだ、いいんだよ、話しておいたから必ず行くんだよ!」とその後も何度も念を押してくださったものです。

その後私は介護職を辞め180度違う仕事に転職し、紅棉で買い物をする事もあったのですがお店の人には何も言わずにいました。でもAさんが亡くなられたと聞いて何となくご挨拶をさせてもらってもいいような気がして(というかずっとずっと気になっていたので)猫山堂に行った帰りに関帝廟通りにあるお店に行ってみました。

Aさんの『中華街一押し』の蛋達を包んでもらいながら「実は以前…」と事のあらましをお店の女性に話したらその方はすぐに判って下さいました。Aさんが直接自分でお店に電話をかけてきて、自分が通っている施設のコがくるはずだから、そうしたら自分が代金を払うから、渡してやってくれ とやはり伝言されていたのだそうです。お店でもずっと貼り紙メモにしてAさんの客(=私)を待っていて下さったのだそうです。そんなお話を伺いながらやさしいAさんの笑顔、ご家族の自慢話をする時の嬉しそうな顔、病気のせいで少し判りにくいけれど一生懸命色々な話を聞かせて下さった語り口調などがわあっと思い出されてしまいました。

e0138916_124119.jpg

私の配慮の足りない問いかけからお店の方にも気がかりを作ってしまった事をお詫びして、昨日は蛋達と馬拉糕、そして肉まんを買いました。


「でも、おじさん、喜んでますよきっと。」と言って下さった紅棉の方の言葉に、花粉症の鼻がさらにぐずぐずとなってしまった私です。

久し振りの紅棉の蛋達は、卵のにおいがふんわりただよって、皮はさっくり・プリンの部分はやさしくぷるんとしていて、やっぱり美味しかったです。
[PR]
by sur-lie | 2009-02-14 12:37 | 横浜中華街

茉莉花にて

中華街関係ではいつも参考にさせて頂いている酔華さんのところにこのような残念な情報が掲載され、それから多くの方が分散して足を運んでいらっしゃるようです。

ご他聞にもれず、私も先週でかけました。

一通り注文を出し終えたご主人が丁度外出するところで、私のために慌てて奥の厨房に戻ろうとされたのですがどうぞ先に御用をお済ませ下さい と申し上げると「2~3分で戻りますから。」とジャンパーを羽織ってお店を出て行かれました。1人で切り盛りするってそういう事なんですよね。ご主人ひとりで十分まかなえる小作りなお店ではありますが、やっぱり大変でしょう。

カウンター脇のテーブルで待つことしばし。常連さんらしき、ご近所のお勤め人といった感じの男性がいつも必ずいるお店です。

頂いたのはもちろん五目焼きそば。ご主人に「チャーハンセットですか?」と聞かれてしまいました。いえ、目下2割減なものですから…。
e0138916_16171962.jpg

随分久し振りです。でも、もう食べられないかもしれません。静かに美味しいあんかけ焼きそばです。

いつだったか、またふらふらとネットサーフィンしていたらまたまたこのような魅力的な記事を見つけてしまいました。そういえば茉莉花で汁そばを頂いたことがないなー と思い今週もまた出かけてしまいました。もちろん時間は分散して。

いつも必ず1人はいる、某都知事定例会見時着用的ジャンパー着用男性陣をかき分けて今回はカウンターへ。他の、食べ終わってそのままのテーブルをわざわざ片付けてもらうのは気が引けたというのもありまして。

で、もちろん天津麺をお願いしました。
e0138916_17144125.jpg

ダンディな味わいのかに玉です。蟹の他に仕事がしてある豚肉も入っている大きなふわふわかに玉。これ、一体卵をいくつ使っているんだろう?ふんわりと、でも微妙な層状に焼き上げてあって、卵の甘味がよく生かされています。美味しい塩味が優しい味のあんに絡むと絶妙の味わいです。あんまり美味しいかに玉だったので、それが引き金となって
嫌な過去を思い出してしまったくらいです。ケチャップかよー。(よみがえる怒り)
麺がまた美味しい。中華街ではお馴染みの縮れ無しの玉子麺なのですが、定番の麺より心持ち太め。といってもせいぜい中細麺くらい。
2割減で胃袋も少々縮んでしまったのか、最後は苦しいくらいでした。お勤め人の常連さん(メタボお父さん系)が多いのも頷けますね。先週はOLさんが持ち帰りのチャーハンをお願いしていました。


e0138916_1824467.jpg

ごちそうさまでした、美味しかったです の私の挨拶に「ありがとうございました」と軽い微笑みで応えて下さったご主人。静かに、静かに、中華街の名店の最後の日々が流れてゆきます。
[PR]
by sur-lie | 2008-11-27 18:36 | 横浜中華街

1日よく遊びました そして中華街はやっぱりご近所

金曜日珍しく体調が良かったので朝から遊びまくりました。まずは朝一番で川崎へ。
目指したのは『ブーリン家の姉妹』でございます。原作の文庫本もしっかり読了していざ。原作は物語が進むにつれてもっとぎとぎとと陰惨になっていくのですが映画だとなかなかそこまでは描ききれないのは致し方ありませんね。衣装は綺麗でした。手塚治虫さんの『リボンの騎士』の宮廷婦人たちが着ていたドレスのデザインって16世紀のイギリス貴族ファッションがベースなんでしょうか。うん、似てたな~。

『菜香・市場通り店』がお引越しをするそうです。新館の1階に移転するのですが、そして多分そのまま存続するとは思うのですが、もしかしたら今市場通り店で美味しい点心を作っている点心師さんが居なくなってしまうかもしれないという情報をちらっと聞いて(あ、まだ判りませんからね)ひとり映画を楽しんだ後はサブリナちゃんと待ち合わせをして中華街へ。久し振りだなー中華街。

e0138916_18511629.jpg




基本の飲み物は欠かせません。中瓶を2人でシェアね。














この、蝦腸粉が!蝦はぷるぷる、腸粉はとぅるんっとぅるん!
e0138916_18563029.jpg

意味もなくどアップです。クレープ(っていうのよね、日本だと)がしっかりと厚めなのよねココのは。はい、今回はこれを食べるために2人で繰り出しました。

お腹がぺこぺこだったので(2割減につき朝食は水分のみ、間食もなるべく控えているので)あれこれ迷ってイカのボイルねぎしょうが添えと香港風焼きそばも。
e0138916_1925643.jpg

他に、せっかくの季節なので上海カニ子入り小籠包も食べました。

満足しきってハマっ子のマダムサブリナとぶーらぶーらと中華街大通りを流します。サブリナ家御用達の叉焼屋さんなど教えてもらいました。昔から横浜に暮らす人は『うちはここ』とそれぞれにお気に入りの叉焼屋さんがあるのでしょうね。昨日はたまたまサブリナ家御用達のお店は閉まっていたので残念ながら買えませんでしたが今度是非試してみたいです。

私とサブリナちゃん共通の友人と連絡が取れて、バイトがもうすぐ終わるからちょっと待ってて♪と言ってくれたので関帝廟通りに行きたかった私はサブリナちゃんをうながしてさらにぶらぶら歩いていると、視界にこの方が!
とても驚いたのですがなんだかお会い出来る気がしていたのも本当です。実はこの前日にクラルスさんからお便りを頂戴していて、お礼のメールを入れなくちゃ!年末までに一度お伺い出来たら!などと考えていたので考えていたことが形になって現れたことが必然に思えてしまった私でした。3人でしばし立ち話。変わりゆく中華街のお店の話、今クラルスさんが注目しているお鍋(料理)の話、トリートメントの話など話題は尽きません。

名残を惜しんでクラルスさんとお別れしてから関帝廟通りをぶらつき、友人から連絡が入ったので悟空TEA BARへ。

杏仁豆腐が売り切れだったので、三色豆のゼリーを。お茶は暴暴茶にしました。サブリナちゃんは八寶茶をチョイス。
e0138916_2118142.jpg

3人でしゃべくりまくりです。映画の話・旅行の話・本の話・
他にも色々とナイショの話もね。(笑)

本牧にお引越しをして出来たお友達と中華街を歩き回り、中華街を歩き回ればネットを通じてリアル友になった友達と出会えてしまう。私にとって中華街は単なる観光地ではなく、確実に暮らしの一部となりつつあるようです。
[PR]
by sur-lie | 2008-11-15 22:21 | 横浜中華街

イトコ会

イワタ家恒例(?)イトコ会、順番が回ってきまして今回はワタクシが幹事。開催日の前々日に発熱してしまったのでよーれよれでしたがまさか幹事不調のため中止!というわけにも参りますまい。解熱剤を飲んで午前中は仕事まで行って(!!)会場に赴きました。ひえぇ。

お天気もよい日曜日となったので中華街は結構なにぎわいでした。今回の会場・菜香・市場通り店も私が着いた時には行列が。予約しておいたのでもちろん我々はすぐにテーブルにつけました。

今回はちょっとこぢんまりの人数となってしまいましたが、全員で話が出来るのでこれはこれでよいかも。みんなにはお店のURLも伝えてあったのでそれぞれ『ホームページで見たアレが食べたい!』などと言ってます。コース料理にありがちな酢豚系・エビチリ系はあんまり興味がない連中なのでアラカルトにしておいて本当によかった。
e0138916_7224655.jpg

もう食べちゃった、ここのお店の蝦入り腸粉はとぅるんとぅるんでエビもぷりっぷりで美味しい!

e0138916_7275780.jpg

みんながどんどん頼んでいました、皮蛋とか帆立の炒め物とか。

e0138916_7374398.jpg

季節限定メニュー・『ズワイ蟹入り冬瓜の蒸し点心』。人気で追加してた(よね?)。

e0138916_750573.jpg

モツ好き従兄がオーダーしていました、ハチノス。

e0138916_805747.jpg

奥には青梗菜のクリーム煮が。ビーフンですねコレ。(お酒飲んでないけれどあまり記憶にない…)

祖母が亡くなってからもう10年以上経ちましたが、孫たちが寄ってたかって話すのはおばあちゃんのこと。何がどう というのではないけれどすごい女性でした。おばあちゃんが生んだコドモタチ(つまり私たちの親)を見てればどんだけすごい人か分かるなぁ。あんな連中を束ねていたとは…(特に女きょうだい達は強烈だから)。あ、今回集まったのもイワタ三姉妹の子たちが主だ!

遠路はるばるハマまでのお運び、ありがとうございました。よかったらまた来てね。今度は体調を整えておきますです。

More
[PR]
by sur-lie | 2008-06-19 08:35 | 横浜中華街

久しぶりです、街も、店も

スーパーナースサエキが『今日はランチが出来るか?私は激しくストレスが溜まっているので話を聞け』というメールを寄越しました。用があって中華街まで出かけねばならなかったのでそこでよければつき合いませうと返信したらとんとんと話がまとまり気がつけば市場通りに。
e0138916_733698.jpg

『菜香市場通り店』の麺ランチ、五目そばとミニチャーシュー丼はサエキです。


e0138916_783561.jpg

私は粥ランチ。鶏粥・油條・点心2種つきです。サエキさんの怒りトークをBGMに美味しく頂きました。中華街に来るのも『菜香』も久しぶりです。実はあーんまり調子がよくなかったのでお粥にしてみました。なら油條は断るとかすればいいのですが昭和な私は残さずきれいに平らげました。サエキなんて五目そばの汁も一滴残らず飲みきってましたねぇ。

「はー、タピオカココナッツってハワイの海の匂いだねぇ。」とデザートを平らげるサエキさん。それはコパトーンの匂いってことでしょうか。この人時々ワケがわかりません。


普段あまりに忙しすぎる日々を送っているスーパーナースなのでこの後さらにくつろいでいただくために元町でのお茶に誘いました。

『Star Jewelry Cafe』でまったり過ごします。五目そばを汁まで一滴残らず食べたサエキは「もう入んないよー。」ということで、私だけケーキをオーダー。レモンとチーズのロールです。さっぱりしたものを選んだつもりが結構濃厚でした。こういうケーキを食べるのも久しぶりでした。
e0138916_7362730.jpg

オリジナルアップルティがとても美味しかったです。お店の造りもゆったりとぜいたくで、また行きたいお店です。サエキはちょっとはストレス発散できたかな。
[PR]
by sur-lie | 2008-06-07 07:49 | 横浜中華街

不穏な風は店内にも吹き荒れて・北京飯店

御大のお出まし記事を夫がチェックして、六本木『皇妃園』の鶏そばと食べ比べてみたい!といった話になりまして、雨と風で荒れ模様の春分の日に『北京飯店』に繰り出したざます。

午後からラグビーの練習だったちびすけと合流し、雨よりも風がひどくて傘がさせない夕刻6時過ぎに入店。お店の中は3~4組先客あり。

夫の注文、きゅうり冷製。
e0138916_16402514.jpg


夫の好物(私も好きですけれどね)酸辣湯。
e0138916_1702273.jpg


ケチャップはジョークなのかご愛嬌なのか? 甘酢あんじゃないのね、のかにたまです。
e0138916_1741085.jpg


ビールを飲みながら、この3品と一緒に頼んだ『豚の細切り甘味噌炒め・クレープ包み』を待ったのですが待てど暮らせど出てきません。途中、明らかに私達より遅く来店した人のテーブルに私達も頼んでいた小籠湯包が供されるのを目にし、レジで頑張っていたオッサン(私達のオーダーを取った)に「うちの小籠包来てません!」と言いましたら「今ヤッテマス!」ときっぱり。でも、小籠包を作っている朝陽門から見える例の小部屋のところで明らかに伝票ミスをごそごそ話し合っているのが丸見えでした。
クレープ包みの方があまりにも来なくて夫に「聞いてみろ」と言われ件のオッサンに聞くと「ソレハアナタ注文シテナイ!」と言い切りやがった答えるのです。ったくもう、久々にくらいましたよチャイナサービス。この料理はレタスで包むかクレープで包むか選べるもので、私の希望でクレープにしようと決めてちゃんとオーダーしているのに自分が聞き漏らしたものを「アナタシテナイネ豚肉言ッテナイ!」ときたもんだ。荒れ模様の天気にあおられたのか私の声もちょっと大きくなってしまったので(夫よどうしてこういう時に対応しないんだよ何で気の小さい、交渉ごとを苦手とするこの弱弱しい妻にこういう事を言わせるのよっ!)蝶ネクタイをしめた、よーく肥えた別のオッサンが飛んできて「急いで作らせますがいかがいたしましょうか。」ととりなしてくれたのですがさすがに不愉快になってしまったのでお断りしました。

e0138916_17231736.jpg

何回か食べさせた事はあったはずなのですが、ちびすけが小籠湯包を取るのが下手くそで、れんげに乗せる前に皮を破って中の汁を全部こぼしてしまうのでこの画像は追加で注文した小籠湯包。確かに美味しいですね、ここの小籠包。夫が箸で上のつまみ状のところをつまんで皮を破らずに取る事を教えて再度食べさせたら「…旨い…。」ですって。やれやれ。

7時になったら店員さんも急に増えました。してみると私達の入店時間は魔の時間だったのかも。店員さんも少なかったし何回声をかけてもなかなか注文を取りにきてくれなかったしね。

e0138916_17451716.jpg

鶏煮込みそば。最初はぴんとこないのですが、食べ進めるうちにスープの滋味がじわじわと沁みてきてたまりません。しばらく置いておくとスープの上に膜が張って、それは明らかにコラーゲン!もうすごい勢いで飲みました。いつまでも飲み続けていたい美味しさです。

どのメニューも破綻無く美味しかったのですが、やっぱりオッサンの態度は愉快なものではなかったので残念です。食事ってそれを頂く周辺のことも本当に大事だなぁと改めて実感した次第。でもやっぱり知る人ぞ知る名店なのでしょうか。お客さんもひっきりなしでしたし、衝立を隔てた隣りのテーブルにはこんな人も家族連れでお食事していました。
[PR]
by sur-lie | 2008-03-22 18:01 | 横浜中華街

正統不良之心得

1.不良は蕎麦を食べる際店を予約してはならない。
   (予約なんてするのはお金持ちのオバチャンです!byそらまめ会長)
2.皆が揃うまで待つなんてしないで気に入ったものがあればどんどん注文をすべし。
   (いいんですよ、不良なんですから!byそらまめ会長)
3.なんといっても蕎麦はせいろが基本。温蕎麦は邪道と心得よ。
   (以前温蕎麦を頼んだら『お客さん、蕎麦は冷たいものを食べるもんですよ。』とお店の
   人に云われてしまった話をしたらそらまめ会長感激)

4.蕎麦を美味しく食すために酒は必ず飲むべし。
   (言わずもがな)


〆の美味しいお蕎麦もそれぞれいただき、満腹のお腹を少しこなしましょう ということで不良四人組にて中華街を目指しました。横浜公園を抜けて善隣門からの中華街入りです。

中華街といえばちーさん。彼女がいれば私設中華街コンシェルジェと一緒に歩いているようなもの。この日はみんな何たって樽酒きこしめしてふわふわと浮かれ気分で闊歩し、なぜかその場でちーさんにつけた愛称が『陽気な西太后』で、愛称がついた途端にちーさんは私たちを脅し始めるという具合で実に愉快。脅されても従うようなヤツもいませんでしたし。(爆)

愉快な不良四人組、『悟空茶荘』にてお茶することにしました。
e0138916_1641338.jpg

ちーさんのアドヴァイスを元に、それぞれ別なお茶をオーダー。お店の人が最初に聞茶をさせてくれましたが私のはえもいわれぬふっくらした芳香でした。

今回のオフ会では能の無い私以外はみなさん絵に文に才長けた方々ばかりだったので、それぞれの方に旅ノートのご持参をお願いしました。そらまめ大人には、ご自身の趣味(の域を超えてほとんどプロですが)の篆刻印の印影帳を披露していただきました。いいなぁ、旅ノート。私も旅に出たいなあ…とほろ酔いの頭で頁をめくります。

今回の会の目的『正しい不良をめざす』についてはそれぞれそらまめ会長から立派なお墨付きを頂きまして目出度く免許皆伝。これから先もみんなで精進に励みましょう!ということになりました。みなさん、楽しいひとときを本当にありがとうございました。


e0138916_18264755.jpg












                  中華街某所にてあれこれ物色中の不良ふたり。

注:尚、心得は今後大いに追加・変更の見込みあり。
[PR]
by sur-lie | 2008-02-28 18:34 | 横浜中華街



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
全体
my loveable familiy
食べましょうよ
暮らし
食とその周辺
嬉しい・楽しい
Joy of life
心のぜいたく
横浜中華街
色々考えたりもする
ママだったりもする
おでかけ
好きなもの
Rugby!
ごはん作りましょ
Chiffon the CAT
ウォーキング
持つべきものはfriends
お菓子作り
たからもの
I love music
ガンバレアラフィー
文字とか音とか
I love cats
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧