From the clifftop

<   2008年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

温かくなってくると

ぽかぽかとしてくるとすっきりとしたお酒を飲みたいなーと思うのですが実際の摂取量は徐々につまらないものになってきました。嗚呼歳は取りたくない。

久しぶりに召集がかかって、以前の職場の仲間と飲み会でした。といっても集まったメンバーでそのまま残留しているのは2人のみ。うち1名はセクションが違うしね。それだけ過酷な職場だということでしょうかねぇ。さらに私なんぞ戦線離脱だしなー。
新山下のグリル厨房『銕腕』にて乾杯。
e0138916_2220387.jpg
















甲州の白ワイン。すっきりと美味しい。

よく食べてよくおしゃべりしてよく笑う仲間たち。最初はお腹が空いちゃって、お料理が来ても皆を制して写真を撮るなんて出来ませんでした。かなりあれこれと食べつくして、ようやく人心地がついてから登場の『マグロのメンチ・タルタルソース』。
e0138916_22341897.jpg

マグロのような魚を揚げるとパサついた感じになるイメージがあるのですが、他に入っているものとのバランスが良いのかさっぱりとして美味しいメンチカツでした。私はタルタルソースのみでつまんでいたのですが添えてあった醤油味風のソースが好評でした。

おしゃべりだけでは見えてこないもの
[PR]
by sur-lie | 2008-04-29 23:08 | 持つべきものはfriends

甘夏のタルト

日常生活のスケジュールがまだ何となく固まらない感じです。ちょっとした時間をひねり出すのがどうも難しい。創意工夫が必要だと痛感する日々。

ランチ五目ソバを食べた後一旦帰宅して、OKストアに買い物に行った帰りにカフェ・ニルソンで一服です。

ほっこり市では逃してしまった、この季節最後の甘夏のタルトを頂いてきました。
e0138916_22213634.jpg

(画像は断然、カフェ・ニルソンさんの、上にリンクしたページがきれいなのでそちらを見て下さい)

さくさくのタルト生地とたっぷりのクレーム・ダマンド、そして苦味と甘味がなんとも美味しい甘夏柑のコラボ!く・わー、一切れひと切れ味わいながら食べました。
柑橘系のお菓子って大好きだなぁ と改めて思った一皿です。

カフェ・ニルソンは今日が一周年記念日だそうです。おめでとう、ニルソンさん。ニルソンさんのペースで、そして確実に『なくてはならない本牧のカフェ』になっていって下さいね。
[PR]
by sur-lie | 2008-04-28 22:41 | 暮らし

4月のご近所クルーズ

細かい用事がたまっていたので久しぶりに元町・中華街方面までマセラティ電気自転車で繰り出しました。

途中、なかなか通る機会がない本牧通りから山手駅までの商店街も探検。思わぬ銀行のATMを見つけてひとり大喜び。これは使えますねぇ。まだまだ知らない路地やお店がたくさんある事を実感しました。

上野町にあるめめさま御用達のパンダ弁当屋さんの隣りにある、しばらく前に出来た洋服のリフォーム屋さんに寄りました。とある洋服の直しをお願い、出来上がりは黄金週間明けとなるそうです。楽しみ。


元町ではお裁縫も出来ないくせにスワニーのチェックが欠かせません。かわいい柄のガーゼ生地で作ったスタイのディスプレイなどがあって、ちょうどプレゼントとして欲しいものでもあったので店員さんに「これは売ってないんですか?」と聞いたのですが売り物じゃないんですよねー、残念。あのスワニーのディスプレイに心惹かれるのは私だけじゃないと思うんだけどなぁ。ウラ情報(?)によると黄金週間に元町プラザの一階デッキであのディスプレイされている可愛いバッグなどちょっと販売されるらしいです。

橋を越えて朱雀門から中華街入りしましょう。
(なんでダース・ベイダーが写りこんでいるの~~?(嘆))
e0138916_7235347.jpg


大通りに入り、『珠江飯店』でランチを食べることにしました。半チャーハンとデザート付の麺飯のセットが3種類。今回は塩味の五目ソバを頂くことにしました。

e0138916_7281082.jpg
まずは半チャーハン登場。シンプルな玉子と葱のみのチャーハンです。
味がしっかりしているので、コレをおかずにご飯がいけそうな…(危険)
ちなみに右のお茶碗の中身はお茶。各テーブルに温かい烏龍茶の入ったポットが置いてあって飲み放題なのがとても嬉しい。


e0138916_7312373.jpg

五目ソバ登場。ひとつひとつの野菜やお肉の下処理がきちんとされている、美味しいおソバでした。中華街ランチで800円(他の2種は900~950円)はなかなか良い値段ですがエビや豚肉もたっぷり、野菜もたっぷりでクオリティが高いので納得です。

e0138916_7385037.jpg
メニュー写真では上に載っていたゆで玉子はちゃんと温かい汁の中に沈めてあってほかほかでした。これはポイント高いです。中華ソバ系を頼んで、ゆで玉子が冷たいまま上にポンと載せられているとそのまま黙って店を出る!というのは不良の会会長のそらまめ大人その人です。大人、珠江飯店なら大丈夫ですよぉ。


デザートはタピオカココナッツでした。冷え冷えで美味しかった。
e0138916_7454761.jpg
















しかしよく考えたらラーメン+チャーハンというメタボなメニュー、お腹にがっつりきました。五目ソバのお汁が美味しかったのでもうちょっと飲みたい!と思ったのですがお腹がぱんぱんでとても全部は飲みきれず。


来月は自動車税納付です。また大枚が飛んでいきます。(苦)多少電気は使うのでしょうが、税金もかからず、駐車場代も要らず、ガソリンも使わず、私のマセラティはサイコーです。
e0138916_7512443.jpg

[PR]
by sur-lie | 2008-04-26 08:08 | 暮らし

ムスメとの攻防

さて。
ピアノを納めるにあたり、家具の移動などしたわけですがこれがワタクシにとっては命を削るような攻防だったわけでして。
原因はもちろん『くるみののーみそ』のシフォン。

e0138916_19491384.jpg
「わーい♪♪入れるんだー♪」
って、もう入ってるでしょうがっ。やめなさいっ。













e0138916_195299.jpg

カップ&ソーサー類はリビングのテーブルに、

e0138916_1954275.jpg











グラス類はキッチンに仮置きしたのですが




「あのテーブルに向かって飛びたい!!」
e0138916_1958858.jpg
















ぎょええええぇええ!!

この状況の中で用事があったのでマダム・サリバンに電話をしたのですが、話をしている最中にシフォンが私の背後で『がっちゃん』という音を立てまして思わず「きゃ~~~~!!」と絶叫。マダム・サリバンも現状を察したらしく「何!?シーちゃん!!?」
隣りの和室に置いておいたロイヤル・ドルトンのブランブリーヘッジのカップをひっくり返されてました。(ひーーー)朝イチでこのように食器を出してしまったのですが、その後ピアノ運送屋さんから「3時から4時の間に伺います。」と言われた時には私がひっくり返りました。あと6時間近くをこの状態でムスメと過ごすのぉ!?

e0138916_20302417.jpg

          「…次はぜったいあのがちゃがちゃの中に飛ぶわっ!」
[PR]
by sur-lie | 2008-04-23 20:46 | Chiffon the CAT

せっちゃんのピアノ

あれはまだ猛暑真っ只中の去年の9月、学校の集まりで一緒にランチをしたせっちゃんママとのおしゃべりがきっかけでした。

せっちゃんは既にピアニストを目指し猛勉強中で、中学校も音楽科に進むべく受験勉強に加えて日夜のピアノレッスンに励んでいました。
「好きじゃなきゃ出来ないよねー。」とせっちゃんママ。課題曲を毎日毎日少なくとも3時間、熱があろうが何だろうが練習するのだそうです。弾く方もさることながら、それを毎日聴き続ける家族も大変だろうなぁと思いました。
「でね、合格したらグランドピアノ買わなくちゃいけないのよ。」だそうです。ふと気になって、今あるアップライトピアノはどうするの?と聞きました。そうしたらアップライトは『処分する』というのです。

せっちゃんママと別れて家に帰って、しばらく考えて、思い切ってメールをしました。もしよかったら、本当に処分してしまうのなら、そのアップライトピアノをうちに頂けないかしら と。

せっちゃんママは快諾してくれました。ただし、グランドピアノは合格してから買う予定なので年が明けて3月になるまで待ってね と。

それからお互い子供の受験まっしぐら。ピアノのことなど全く考えられない日々が続きました。

そして今日。
[PR]
by sur-lie | 2008-04-22 21:11 | Joy of life

猫のアタマの中は…

先日のほっこり市でお会いした際、与之吉さんの奥方・BABIさんがスゴイことを教えて下さいました。BABIさんのお宅にもごまちゃんという愛くるしいスコティッシュ・フォールドがいましてウチのムスメ(アビシニアン)のエピソードと合わせて猫談義になったわけですが、ひとしきりお互いの家のネコの阿呆さ加減について語り合った後、BABIさんがバンビのような愛らしい顔でこうおっしゃったのです。「でも仕方ないんだよねー、ぼーっとしてても。(ごまちゃんはどちらかといえばおっとり、時にぼーっとした感じのネコさんなのだそうです)だって猫の脳みそって、くるみくらいの大きさしかないんだものねー。

!!そうだったのですか!?ちっとも知りませんでしたよー!

e0138916_20274215.jpg
こんなモンってことですか!?(ちなみにこれは実物の胡桃より大きく写っています)














e0138916_20301462.jpg












           「ウソっ!!アタチののーみそそんなにカリカリでちかっ!?」(違)

びっくりして家族に話して以来、我が家ではムスメ(シフォン)のことをたまに「くるみちゃん」または「ウォルナッツちゃん」と呼ぶようになりました。ネコが阿呆なら飼い主も阿呆です。

あまりにびっくりしたせいか、くるみを使ったお菓子ばかり作っているような。土曜日に作ったエンガディーヌにもたっぷりの胡桃が詰まっていますが、それより少し前に作ったこちらのバナナケーキにも胡桃が入っています。
e0138916_20594574.jpg


『クロワッサン』に詳しく作り方が載っていた、この有名ブログのcincoさんのバナナケーキです。完熟バナナの味がよく出たやさしい美味しい味に仕上がりました。これはレシピ通りに作りましたが、好みのスパイスを入れてもいい感じに仕上がりそうです。でもストックの胡桃は全て使い果たしてしまったので、しばらくは作れないかしら。

e0138916_21101030.jpg
















                  「おいちそうでち…。それ食べたらのーみそ増えまちか?」
増えませんよー。お腹こわすから盗み食いしちゃだめよ!(時々やらかしてひどく叱られてます)
[PR]
by sur-lie | 2008-04-21 21:18 | 食とその周辺

ごはんも『馬子にも衣装』です

ものすごく久しぶりに我が家の小さなお菓子教室開催です。さっちゃんもじゅんちゃんもにこにこと駆けつけてくれました。

e0138916_1832849.jpg
今日はエンガディーヌを作りました。ぎっしり詰まった胡桃のヌガーをサブレ生地で包んだ、小さい一切れで大満足のお菓子です。私が大好きなのでこれをチョイス。2人も喜んでくれて良かったです。(奥が見本で試食用・手前は今日2人が焼いたものです。お花のモチーフが分かるかな)











我が家の都合で随分長くお休みさせてもらったので、お詫びと御礼を兼ねて今日は2人にお昼ご飯も食べていってもらうことにしました。といっても大したものは何も無し。この間使った松花堂弁当箱に再び登場してもらいましょう。
e0138916_18141587.jpg

ふつうのおかずでもこうやって納めるとより美味しそうで、すっかりお気に入りです。
いかそうめん・スモークサーモン・いかが重なりますが蛍烏賊。出汁巻玉子と煮物。このご飯があまりにも美味しそうだったので生桜海老を見つけて思わず炊いてみました、桜海老ご飯。いやー、目の覚める美味しさでした。さっちゃんもじゅんちゃんもご飯はお代わり。


デザートは試食も兼ねてもちろんエンガディーヌを食べました。会うのが久しぶりなので話が弾みます。さっちゃんの息子さん達ももう小学校1年と2年ですって!あれれれ、NくんやSちゃん、幼稚園生じゃありませんでしたっけ?本当に人様のお子さんの成長は早い。彼女はフルタイムで仕事をしていてお子さんもいて、本当に信じられないくらいがんばっています。本人曰く『ダンナが全部やってますから』だそうですが。(そしてそれがあながち謙遜じゃなくて事実なところが笑えますが)じゅんちゃんは昨日タイから帰国したばかりで和食に飢えていたそうで、とてもタイムリーなお昼ご飯となったようです。ほっと一安心の作り手でした。
[PR]
by sur-lie | 2008-04-19 19:17 | ごはん作りましょ

蕎麦屋に行きたい

朝は5時10分に起床、よれよれとお弁当を作り始めましてデッドラインの5時半にちびすけがようやく起き出します。仕事が無い日の私は午後になると身も蓋も無く眠りこけてしまうという日々を送っております。今の私はシエスタが無いと生きていけません。いつになったらこの生活パターンに慣れるかなあ。

最近どうも蕎麦屋妄想が止まりません。まったりと徳利を傾けて香り高い日本酒をちびり。焼き味噌をちょいと舐め。うう、そんな風に午後のひと時を過ごしたい。この慌しい現実から逃避するための妄想はとどまるところを知りません。

過日、近所の蕎麦屋さんに行く機会を得ました。 以前から気になっていたお店です。
『春の香りの天せいろ』を食べました。
e0138916_2291148.jpg
    
お蕎麦はかなり良い線を行っていると思いましたが天ぷらがいけませんでした。随分低温で揚げたのかはたまた揚げ油の量が少ないのか、ぺしょりとした仕上がりで何ともツラい。衣はさっくり・ぱりっと・中はほっくりと・熱を加えたことで素材の味がより際立って・というあの天ぷらの醍醐味は難しいものです。美味しい天ぷら、家で自分で ではなかなか出来ませんもの。だから蕎麦屋では期待しますしその期待が外れるとがっかりします。組み合わせのひとつがずれると他がいくら良くてもバランスが取れなくなるのか、つけつゆも今ひとつな感じに思えてきました。鰹の出汁が効いた美味しいものなのですが私の好みではなかったです。ちと薄い。蕎麦のつけ汁はきりっと辛口が良いなあと思います。まあ好き嫌いの問題でしょうか。天ぷらにはちゃんと塩を添えてくれたりして、いいんだけれど惜しいなあ。

お昼にさっと頂いたので不良メニューを頂くことは適いませんでしたが、お品書きのラインナップはかなりいいんですよねー。でもあの天ぷらを思い出すと再度入店する気がどうしても湧きません。はてさてどうしたものやら。

蕎麦屋の天ぷらは絶対うまく揚がってなきゃヤだとか、蕎麦のつけ汁はきっぱりと辛口でとか、酒はやっぱり樽酒は置いて欲しいとか、こうやって段々と小うるさい頑固婆になっていくのかしらー。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    
[PR]
by sur-lie | 2008-04-18 22:59 | 食とその周辺

仕事帰りにお茶(珈琲)をする

去年から恒例になった(?)めめさまのマーマレードが今年も出来上がり、シモベ体質のワタクシにも下賜されることとなりまして『取りに来るように!さらに貢ぎ物も持て!』という連絡が入りました。家中引っ掻き回してようやく見つけた貢ぎ物(爆)を携えて仕事帰りにめめさまの仕事場を襲来しましょう。


近くの公園に自転車を停めて、たったかたぁ と坂を下ってオフィスを訪ねましたら優しい社長さんが「どうぞどうぞ、お茶を飲んでいらっしゃい。」と声をかけて下さって、遠慮なくお邪魔することにしました。

e0138916_2044877.jpg
めめさま手ずからドリップパックの珈琲を入れてくれました。














小1時間社長さんのお話をめめさまと一緒にまったりしながら伺ってきましたが、社長さんの等身大のハマ(主に中華街)の歴史・古きよき人間関係のお話はとっても面白かったです。春の午後、気持ちよく時間が流れてゆきました。

私が言うのも失礼ですが、本当に育ちの良い社長さんだなぁ と。私が帰ろうとすると、めめさまに声をかけてコレを持たせて下さいました。
e0138916_20155374.jpg











小さなキャンディパックです。オフィスの連絡先がシールで貼られていて、こちらのオフィスの常備品です。以前も頂いたことがあります。なんだか自分がお使いに来た小さなこどもになったようで、こそばゆい嬉しさに包まれました。めめさまマーマレードももちろんゲット。ありがとう、大切に食べますね。
[PR]
by sur-lie | 2008-04-16 20:21 | 持つべきものはfriends

ウチのコ達になりました

e0138916_15284630.jpg
昨日、仕事に励む(?)私の腕に咲いていたのはほっこり市でマダム・サブリナとお揃いで買った髪ゴム。









e0138916_15311612.jpg
とても可愛いのでブレスレットとしても全然イケます。














e0138916_15324962.jpg

お皿、こんな風に丁寧に可愛らしく包んでもらいました。
これを見ていたら泣きそうになって、包みがほどけなくなっちゃった。
ほどいて、早速使ったけれど。(笑)
作家さんが、どんな気持ちでこのコを私の手元に送り出してくれたか、じんわり伝わってくると思いませんか?この結び目や飾りから。

e0138916_15363450.jpg




包みをほどいて、さっと洗って、一番に載せたのはきれいに剥いた八朔だったのですがあっという間にちびすけが食べてしまいました。で、晩御飯の時に『期間限定・紀文の枝豆入りちくわ』の磯辺揚げをころころと載せまして再び登場。以来テーブルには無くてはならない存在です。





  
                『すっかり馴染んでいますヨ。』という声が聞こえてきそうです。

他にもあれこれ連れ帰ったコ達がいますが、みんな我が家(や私)を気に入ってくれたようで
嬉しいです。
[PR]
by sur-lie | 2008-04-15 15:47 | 嬉しい・楽しい



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
全体
my loveable familiy
食べましょうよ
暮らし
食とその周辺
嬉しい・楽しい
Joy of life
心のぜいたく
横浜中華街
色々考えたりもする
ママだったりもする
おでかけ
好きなもの
Rugby!
ごはん作りましょ
Chiffon the CAT
ウォーキング
持つべきものはfriends
お菓子作り
たからもの
I love music
ガンバレアラフィー
文字とか音とか
I love cats
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧