From the clifftop

<   2008年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

おいまつえんへようこそ

長野県佐久市、千曲川沿いにある『美味しいものが食べられて泊まれるところ』です。JR小海線・中込駅から徒歩10分くらいかしらん。

レセプションとコンシェルジェを勤めますはももちゃん。今宵もあなたをお迎えいたします。
えーと、気が向けばね。
e0138916_1742723.jpg


テラス焼肉の翌朝、菅平へ早め出発だった私達にはおなかに優しいミネストローネ風リゾットの朝食を用意してくれました。
e0138916_1744531.jpg


とにかくここのテラスは特等席です。
(しかしここにまで来て日経朝刊を広げる悲しい性(さが)の夫…新聞から顔を上げればやさしい妻の笑顔があるというのに)
夫談:それが見たくないから新聞を広げていたりする
e0138916_17454631.jpg


さて夜には美味しいディナーを頂けます。
e0138916_1756042.jpg

ガスパチョ・フォアグラいちじく・桃のポタージュ。

この日はダイニングは満席のお客様で、フラッシュを焚くのがはばかられたので撮影はなかなか難しかったです。
e0138916_1810593.jpg

左からかつおのスモーク、イカはイカ墨とマッシュルームが添えられています。イカの火の通し方が絶妙。右端はシーフードとコンソメジュレ。玉子の黄身が入っています。「混ぜ混ぜして召し上がれ」はマダムのtmの弁。

この日もシャンパーニュを。ムシュウoldpineのお奨め、しっかりとしたガティノワです。
e0138916_18163629.jpg


牛の網焼きと、イベリコと、冷えひえのラタトゥイユにガーリックライス。これはアクシデントでフラッシュを焚いてしまいました。なのでお肉が真っ黒。
e0138916_18321712.jpg


デザートは「とにかく食べてみて」と言われて口にしたら、これ杏仁豆腐なんですけれど、ヨーロピアン杏仁豆腐という感じ。美味しい!
e0138916_18303738.jpg

おなかいっぱいでしたが、デザートはお代わりすればよかった~。

この夜はグループでいらしたらしい泊り客のみなさんがテラス焼肉を楽しんでいました。そちらのテーブルに何やらおいしそうな塗りの丼が運ばれて行ったので「あれなあに?」とtmに聞いたら「〆のお雑炊みたいなもの。食べるぅ~?」と聞いてくれたので私達もひとつお願いしました。雑炊とお茶漬けの中間みたいな感じの、出汁の中に茗荷・カリカリの梅漬けなど美味しいものが沢山入った汁ご飯でこれがまたざくざくといくらでも入ります。しかし太るわ。太ったわ。
[PR]
by sur-lie | 2008-07-31 18:53 | おでかけ

軽井沢で蕎麦~志な乃~

軽井沢バイパス沿いにあるお蕎麦屋さんです。『志な乃』。

夫は数量限定の石臼挽き蕎麦。こちらは普通盛りしか出来ないそうです。
e0138916_2194022.jpg


なのでさらしなとおらが蕎麦(蕎麦の実の中ほどを中心に挽いたものだそうです)の盛り合わせ(正式な名称は忘れました)を大盛りでお願いして、二人で一緒に食べましょう。
e0138916_21282826.jpg

三種類の蕎麦の色がそれぞれ違っていて趣きがあります。
普通盛りも大盛りも、私達の想像以上にまっとうな量でした。ほら、バイパス沿いとはいえ軽井沢だからキョーフの観光地スタイル(量少ない・高い・ナマエバッカリ)かなあ なんて思ったのですが。

天麩羅盛り合わせもひとつお願いして半分こ。
e0138916_2136450.jpg

茄子・ピーマン・南瓜・えのきだけ・ズッキーニ・なたまめ。添えられた薄赤い色の塩で食べても一興でした。えのきだけの天ぷらって面白いですよね。初めて食べたような気がします。
[PR]
by sur-lie | 2008-07-30 21:42 | 食べましょうよ

初菅平

じぇでぃむとちびすけで延べ10数年お世話になっている長野県菅平高原。一度行ってみるといいよ と夫に勧められていたのですがなかなか縁がなく、この夏ちびすけが中学校のラグビー合宿に参加する機会に初めて出かけていきました。

e0138916_1062051.jpg

菅平サニアパークCグラウンド。菅平はラグビー・サッカー・陸上等の合宿のメッカです。でもここ数年は地球温暖化の影響でしょうか、この高原も日中は気温が35℃まで上昇することもあり熱中症も続出のようです。
e0138916_10135511.jpg

サニアパークBグラウンド。菅平中に沢山のグランドが点在しています。天然芝、人口芝と色々ですが芝のグラウンドでプレーさせていただけることはありがたい。(後の洗濯が楽)

ここに泊まってから菅平へ
[PR]
by sur-lie | 2008-07-29 11:05 | Rugby!

耳かき修行はつらいのよ

こんなものを車に積んで
e0138916_2234953.jpg

















こちらの方まで。(この後激しい雷雨になりました)
e0138916_22353229.jpg


                       でも、コースじゃなくて練習場ですのよ行ったのは。
e0138916_22402590.jpg














e0138916_2242039.jpg












練習後右手の小指だけが異常に痛くなったのはなぜでしょう。
[PR]
by sur-lie | 2008-07-28 23:12 | おでかけ

目黒のお蕎麦

横浜市保土ヶ谷区にあるのは権太坂(ごんたざか)で、東京都目黒区は権之助坂(ごんのすけざか)ですか。昔々に坂道で権太さんや権之助さんが活躍したんですかねぇ。権(ごん)の字が重なっていて面白いわん などと考えながら権之助坂と目黒通りが交わる辺りをきょろきょろしながら歩きました。


あったあった。
e0138916_557938.jpg

ビルの地下にあるお蕎麦屋さん『小菅』です。

「いらっしゃいませ、こんにちは。」の清清しい声に迎えられて入店しました。あのね、この科白をお読みになってそんじょそこらのハンバーガー屋さんなんぞを想像してはいけませんぞ。猛暑の昼に、ふうっと涼風が吹き込むが如くさわやかで気持ちの好い声かけにすっかり嬉しくなってしまいました。おひとりですか、恐れ入りますカウンターへどうぞ とさらに丁寧に声をかけてもらい早速右端・一番奥に陣取りました。

最初に出てきた温かい緑茶がまた美味しくて。で、お蕎麦は穴子天せいろをお願いしました。
e0138916_6112491.jpg

蕎麦猪口ではなくて、小鉢のような器につけ汁が供されてきました。まずはお蕎麦を一口。もっちりとした歯ざわりです。それから穴子天をお箸で割って一口。お箸に感じた弾力がなかなかのものでしたがやはりこちらももっちりしっかりの歯ごたえですねぇ。

お品書きに魅力的なお酒のラインナップもありましたがつまみ類については書き出しはなし。お酒をお願いすると別メニューが出てくるのかしらん。えーと、ここでしし唐を食べて、で、お蕎麦は二口食べちゃおう とこの食べるバランスをあれこれ思案しながら頂くのは楽しいですねー。

12時を回った頃から常連さんらしきサラリーマンが次々と来店してきました。交わされる挨拶を聞いているだけでなぜか私まで気分が好くなります。蕎麦屋ホスピタリティの素晴らしさに開眼した次第です。

さらしねぎ入り蕎麦湯(そらまめ大人の教えを貫くまじめな不良)も残さず頂いて、さあ失礼しましょう。

「お暑い中お越しいただいてありがとうございました。」
ご主人と二人の女性にかわるがわるこんな風に声をかけてもらって、嬉しくならない人がいますかねぇ?また絶対来よう!って思いますよねぇ?その時には是非四季桜を一献行きたいものです。

(ちなみにお蕎麦の右端にちらりと写るソレイヤード生地の何かはナツのたびじたくにて手に入れたトートバッグです。こんな小さな旅にもしっかり付き合ってくれる、可愛いコです。
[PR]
by sur-lie | 2008-07-25 06:29 | 食べましょうよ

元麻布不完全燃焼

夫の亡伯母の法事の為上京した義母と義妹を、東京都港区方面に引率致ししました。

(ちなみに夫は当日仕事接待ゴルフのため欠席です。)

田町駅からタクシーに乗って久し振りの麻布十番方面に向かいます。一の橋の交差点なんて何年ぶりかしら~ と窓の外に流れる景色に心惹かれるハマのヨメ。きょろきょろとなおも外を見ていると目に飛び込んできた『永坂更科』と『更科堀井』の看板。ぐわあああぁぁ。白目になりそうな私にとどめを刺すかのように『豆源本店』まで構えています。「ワタシはココで降りますからっ!!」の科白を飲み込むのに必死になるハマのヨメ(嗚呼涙なみだ)。

何はともあれ大黒坂のお寺を目指しました。こちらの皆さんにお会いするのは私はその伯母様のご葬儀以来でした。生きている人は亡くなった人を悼みながら元気に明るく毎日を過ごしてゆきます。伯母様の三人の娘さん達は皆さん温かく私たちを迎えて下さり、秋田からやってきた義母達の長旅をねぎらってくれました。



法事もつつがなく終わり、宴席へ移動。
e0138916_20533676.jpg

麻布十番『桂亭』です。昔々行った時には畳敷きに円卓の置かれた古い中華料理屋さんでしたがすっかり様変わりしていて驚きました。

テーブルに置かれていた本日のお品書き。
e0138916_2125195.jpg

















最初の冷菜盛り合わせです。クラゲの向こうは皮蛋でした。
e0138916_22172060.jpg

さすがにデジカメ画像はこれだけしか撮れませんでしたハマのヨメ。


(夫の)いとこのKさんの一番下の男の子クン(小2)が『ひかふれスープだ!!』と大喜びしたふかひれスープ。(笑)
e0138916_2238527.jpg












義母と義妹の分の香菜ももらいました。本牧香菜婆の面目躍如ですね。
e0138916_22422481.jpg





美味しく楽しく頂いて参りましたが、やはり最初に目にしてしまった蕎麦屋二軒がどうにも気になってしまったハマのヨメでございます。夏が終わる頃にでも繰り出そうかしらん。
[PR]
by sur-lie | 2008-07-23 21:54 | おでかけ

災い転じて と言えなくもない

すっかり黒い気持ちになって母からの電話を切った後、取るものもとりあえずじぇでぃむに電話をしました。ひたすらに鳴り続ける呼び出し音。何回か繰り返した後電話はあきらめて、『びっくりするような話があるからとにかく電話をちょうだい』とメールして出かける用意をしていたらほどなく携帯の着信音が。じぇでぃむでした。

じぇでぃむはここ数ヶ月(ほぼ一年)のこちらの心配などどこ吹く風 の元気な声で「いやー、仕事中だったから出らんなくて。」ほっとするやらほっとするやら。もう怒る気にもなれません。

「まるがおか(実家)にオレオレ詐欺の電話があったのよ!おばあちゃん達あんたからの電話だってすっかり思い込んじゃって。」

「ウソ!?あーららぁ。(笑)」

「すっかりあんただと思って、脚のこと聞いたりしちゃったから向こうも話を合わせたみたいで。」

「そうなんだ!」

私の着信履歴が向こうの電話の電源が切られていても表示されてしまう場合がある と教えてくれて「着信拒否にしときなよ。」なんて言ってました。とにかく二人ともめげているだろうから と告げたら

「わかったー、後でおじいちゃんとおばあちゃんに電話するよ。」とあっさり。爺婆は数年前にあった親戚の葬儀以来じぇでぃむに会っていないはずです。その孫からの電話一本で、一昨日からの切なさ辛さの全てが帳消しになることでしょう。必ずかけてあげてね と念押しして電話を切りました。


こっちだって寂しいんだから、顔ぐらい見せにいらっしゃいよー と言うと忙しいんだよー と返してきました。私があれこれ思いあぐねてもあの子はそんなツマラン母の想いなんぞすり抜けて今の自分を生きることに精一杯なのでしょう。それでよし。何より声が良かったです。無駄なくらい明るくあっけらかんとした響き。あの子の周りに沢山笑顔があるということなのでしょう。

More
[PR]
by sur-lie | 2008-07-18 07:37 | my loveable familiy

詐欺未遂

このところのテレビニュースで『振り込め詐欺』の件数が増加していると聞いてちょっと嫌な気持ちになっていました。高齢者二人で暮らしている実家の両親があたまに浮かびます。気をつけるように念押ししなければ と思っていたら今朝母から電話がありました。

きのうじぇでぃむクン(長男)が電話くれたのよ と嬉しそうな声での報告でした。携帯の番号が変わったから教えようと思って と家にかけてきたというのです。じぇでぃむの事をいつも気にかけている母は最近負ってしまったじぇでぃむの脚の怪我のことなど色々聞いたようです。途中老父にも代わり、忙しくておじいちゃんの所まで来られないなら中華街あたりでご飯でも食べよう と話したというのです。

珍しいこともあるものだと思いました。話を聞きながら『じぇでぃむクンなの?』と母が先に言ったことや怪我の事も先に問いかけてしまったことがちょっと引っかかりましたが「今また○○詐欺が増えているみたいだからね、でもよかったね。」「うん、あれはじぇでぃむクンの声だった」などと話して電話を切りました。変更になったという電話番号もしっかりメモして。

なかなか連絡が取れないじぇでぃむなので早速新しくなったという教わった携帯番号にかけてみました。ソフトバンクの音声案内で『電波の届かないところにいるか、電源が入っていません』とアナウンスされました。また徹夜だったので寝ているのかな と思いました。それにしてもジジババのところはともかくこっちにも変更事項は連絡ちょうだいよ とメールしようとしてそうか携帯会社も変えたようだしメールも届かないかな などと思っていたところに再び実家から電話が。

「どうもね、あの、例の、最近のオレオレ詐欺だったみたいなの。」

という母。

私に報告の電話をした後、また電話がかかってきて、今度はそのとおり「オレだよおばあちゃん」と電話の向こうの相手は言ったそうです。

「誰ですか」

「昨日電話したでしょう?」

「いいえ、知りませんよ」

と言って母は電話を切ったそうです。(母、エライ、よく出来ました)父は外出中だったとのこと。母の肺が(母は肺の特定疾患指定患者です)が心配になりました。

とにかく、何もなくてよかったね 大丈夫だから。
等少し話をして電話を切りました。

とりあえず110番にかけ、一連の流れを話して実家の所轄の警察本部の番号を教えてもらいかけ直して報告をしておきました。『変更になったから』と先方が告げた電話番号も伝えました。

県警本部からは、たとえ相手が家族の名前を名乗っても本人だと確認が取れるまでは『今忙しいから後で折り返す』等話をしてすぐ電話を切るように くらいの話をされました。実際問題防ぎようがないのでしょう。

ただ、確かに物質・金銭面の被害は何も無かったかもしれませんが、
老両親は落胆し悲しんでいると思います。うす汚い心の持ち主を最愛の孫と勘違いして、
心に溜めていた心配の全て、想いの全てを語りかけてしまった虚しさをどれほど悔やむ事でしょう。


時々ぽろりぽろりとこちらにも書きますが、じぇでぃむと離れて暮らしているので家族はみんなじぇでぃむの事はいつも気にかけていますし、初孫であるじぇでぃむに寄せる私の両親の想いはひときわ強いものだと思います。高齢者に対してその心の襞につけ込むようにしてお金をむしり取って何が楽しいのでしょう、何が愉快なのでしょう。


そんな薄汚い気持ちで得たお金で兌換出来るもののさもしさを考えるとぞっとします。

携帯電話が切られている状態で先方にかけたので私の携帯の着信番号は残らないとは思うのですが、ちょっと気になるのでこれから用足しで出かけるついでにソフトバンクで確認してこようと思います。
[PR]
by sur-lie | 2008-07-17 11:17

たまプラランチ(もちろんアルコールつき)

先日ものっすごい美味しいお菓子・モスリーヌをせっせと作った後、たまプラーザでお昼を食べる事にしました。にっきせんせいお勧めのスペインバルです。お店の名前……ええっと、今もらってきたはずの店名刺を探したのですがどこに行っちゃったんだか。

にっきせんせいは赤、私は白のランチワインです。
e0138916_1757930.jpg












たまプラーザ駅からも、ブレーメンのお教室からも徒歩圏内の素敵なお店でした。
前菜のプレート。冷たいガスパチョはいい暑気払いになりますね。
e0138916_1841923.jpg



よく煮込まれた、骨離れの良いチキン。バターライスと合いますねー。
e0138916_1859779.jpg

せんせいは本当に寡黙な方で、ワインの酔いに任せて際限なく喋り続ける私の駄話を肴にふんふんと美味しそうに召し上がっておいででした。いやー、それにしても昼ビールはともかく昼ワインはききます。壁に掲げられたメニューには他にもものすごく魅力的なものが沢山あって、カウンターにはギネスのサーバーもあったので生ギネスも頂けるようです。くわー、魅力的なバルですが私がたまプラーザに来るのはケーキレッスンの時ですから飲んだくれるわけにもゆかず、残念だなぁ。でもまた行きたい!好機を待ちましょう。
[PR]
by sur-lie | 2008-07-15 19:39 | 食とその周辺

ナツの旅じたく、出来ましたか?

e0138916_18253979.jpg

開店に間に合わせて家を出たつもりが、既にお客様でにぎわっていましたカフェ・ニルソン。(焦)

そうです!春の『ほっこり市』に引き続き、『ナツの旅じたく』の手作り市が開かれました。5人の手作りオトメが集まってまたまた素敵なものがいっぱいです。そしてお店の扉を開ければ既にお友達・ママ仲間が手に『欲しいもの』をぶら下げて(いわゆるキープというやつですね)物色中でした。(笑)

今回ニルソンさんは炊飯器を新規購入したそうで、スペシャルメニューの玄米カレーを用意してくれました。(嬉)
e0138916_18393489.jpg

梅雨明けはまだだそうですが、もう真夏の暑さ。こういう時のカレーって美味しいよねぇ。

この手作り市では素敵なものが手に入るだけでなく、素敵な出会いもあります。透き通る肌の可愛らしい赤ちゃんを抱っこした、ひまわりのような明るい笑顔のママがいらしていて『…もしや』と思ったら猫猫堂店主さんとみるこちゃんでした。ねこてんさんは本当にやさしい方で、大切なみるこ姫を不肖本牧香菜婆に抱っこさせて下さったのですが、その幸せがぎっしりつまったみるこちゃんの重さとぬくもりになんだかもうめちゃくちゃに嬉しい気持ちにならせてもらいました。初めて会った気がしませんでしたよみるこちゃん、もうすっかり気分はヲバアチャンでした。これからどんなに素晴らしい未来がみるこ姫の前に広がっているのでしょう。出会いって本当に素敵です。


ええ、もちろん今回もあれこれゲットしました。例えば、
e0138916_18545259.jpg
















ヘンプのペンダント。このペンダントトップに一目惚れして買いました。フランス貴族の紋章?と思ったらドルジェまたは独鈷と呼ばれる真言密教の魔除だそうです。ネットで検索していたらどこぞのページに『凄まじい開運厄除けパワー!』と解説してありちょっとびびりました。凄まじいんですか、そうですか。

今月・来月と旅が控えております。他にもトートバッグなど手に入れました。バッグを持って、凄まじい開運厄除けパワーに包まれて、私の夏の旅がもうすぐやってきます。
[PR]
by sur-lie | 2008-07-14 19:18 | Joy of life



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
全体
my loveable familiy
食べましょうよ
暮らし
食とその周辺
嬉しい・楽しい
Joy of life
心のぜいたく
横浜中華街
色々考えたりもする
ママだったりもする
おでかけ
好きなもの
Rugby!
ごはん作りましょ
Chiffon the CAT
ウォーキング
持つべきものはfriends
お菓子作り
たからもの
I love music
ガンバレアラフィー
文字とか音とか
I love cats
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧