From the clifftop

<   2010年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

季節の変わり目なのです

e0138916_12182737.jpg

(9月始めのとある朝のシフォン。おとうしゃんの布団の上でいばって香箱中。)



今朝4時頃異様な音がしてはっと起きるとシフォンが戻していました。慌てて始末をし、しばし様子を見守りました。

今週もう3回も吐いてしまったのでさすがに今朝は本当に心配でした。吐くのは1日おきで、日に大体1回きりなのですが週のうち3回もということは今までありませんでした。

そんなわけで、今日は雨がひどくならないうちに と朝のうちにネコネコマーク動物病院へ。前回と同じキュートな女医さんが私の話を丁寧に聞いて下さり、所見を聞かせて下さいました。日に何度も吐くというわけではなくさらに1日おきだということ、ごはんを替えて1ヶ月位だということ、そして、お彼岸以降の急激な気温の変化、そういった事を総合的に考えると諸々の要因があってこのような状態になったのだと思いますよ とのことでした。人間だって季節の変わり目はしんどいですものね。

e0138916_12313128.jpg

ぶれぶれ画像で失礼します。やさしいやさしい女医さんに大人しくお腹の音を聴いてもらっているシフォン。(それでも前後で文句言ってましたけどね。全くもう…。)診察の結果も胃腸に異常や疾病がある感じではなく、胃炎でしょうとのことで消化の働きを助けるお薬を出して下さいました。実は今回体重を量ったらばっちり増えていたのでごはんを気持ち減らし目にすることもやんわりと、でもしっかりと言い渡されてしまいました。ううう、お腹も心配だったけれどやっぱり今日病院に行ってよかった。それともしーちゃん、もしやぽっちゃり女豹のお姉さまを目指しているとか…?ww

少しの缶フードに混ぜてお薬飲ませてみて下さいね とのことでしたので、当分しーちゃんはウハウハごはんですねぇ。病気の時だけ桃の缶詰を食べさせてもらえたあの感じでしょうか(笑)。

e0138916_18483392.gif

               ↑センセーがやさしくても、病院嫌いでち!
                帰宅後おかあしゃんの足をフルボッコにしたでち!

なんて言っていたら
[PR]
by sur-lie | 2010-09-30 12:56 | Chiffon the CAT

偉大なるウー・ウェン先生に感謝

猛暑が一段落してやれやれと思ったら一気にヒートテック・ブレスサーモ系(ババシャツと呼ばないで)要着用モードの寒さがやってきて参っています。風邪などひかないようにしなくては。油断をするとまたぞろウイルス性胃腸炎などにやられてしまいますから。

でも、このくらい涼しくなるとにわかに美味しくなるものが。
e0138916_2152272.jpg

真正アザミネーゼ・ロイママのお宅のお嬢ちゃまがだーい好きだという花巻。『レシピを教えてー♪』とロイママからメールをもらっていたのですが、この間会うチャンスがあったので現物支給…じゃなくて作ったものを進呈しました。しかし、出来立ての花巻をそっくり全部人様に差し上げられるくらい大きな器になりたいものです。これ、絶対美味しいのですが、だからお毒味の必要は無いとは思うのですが、やはり人様に差し上げるとなるとちょっと味見をしないと心配……というのは建前で、蒸篭のふたを開けて、あっつあつふわっふわの花巻を目にするとかなりの理性が失せます。考えるより先に手が出ます。あづづづ…などと言いながらはふはふして、ふんわりちぎって食べてしまいます。だって美味しいんだもーーん。というわけでロイママにも8個全部ではなく、ご家族で分けにくい数を差し上げることとなりました。ごめんね、ロイママ。やはりレシピをお伝えする方がいいと思います。

これですよ、これ↓。鉄板レシピ本です。小麦粉の美味しさをストレートに感じさせてくれるお料理が満載です。

ウー・ウェンの北京小麦粉料理

ウー ウェン / 高橋書店



↑同じくこの本の中のレシピ。先日初めて作って、そのあまりの美味しさに目を見張った包子(パオズ)。
e0138916_233518.jpg

皮は花巻と同じ分量・作り方で良いそうです。中の具も本の通りに。長葱は1cmのぶつ切り、薄切りの豚バラ肉は包丁で丁寧に叩きました。

皮が柔らかく扱い易いので、手が慣れれば具を包み込むのも簡単です。
(敷紙が汚れているのはお目こぼしを。この前日にも差し上げ物にするために包子を作って敷紙は使い回し)
e0138916_23221884.jpg


強火で15分間、途中で蒸篭を開けて覗きたくなるのをぐっと我慢して

e0138916_23285358.jpg

湯気の中にふっくら・つやつやの色白美人が。
8個の出来上がりで、土曜日のブランチに夫と2個ずつ食べました。
美味しいです。文句無しに美味しいです。
この味を覚えてしまうと、
これから外で肉まんを買えなくなりそうです。
美味しいねえ 困ったねえ と言いながら食べました。
ウー・ウェン先生、素晴らしい本をありがとうございます。

e0138916_18483392.gif

               ↑猫舌なので…あぢぢは勘弁でち
[PR]
by sur-lie | 2010-09-28 00:03 | ごはん作りましょ

9月のケーキレッスン

先週はキッチン山田のレッスンにも伺いました。しかし私、お稽古事って食べ物のことしかしていないのね…(呆)。

今回お願いしたのは『ブッタークーヘン』でした。
e0138916_17584646.jpg

薄力粉にドライイーストを入れた発酵生地です。バターを入れて練っていくのですが、結構力が要りました。
のした生地に窪みをつけるお手本をして下さるにっきせんせいの手。職人・山さんの手です。

もうおひとりもブッタークーヘンを。伸ばした生地の間に水切りしたヨーグルトや刻んだナッツを混ぜ合わせたものを塗って、上にもさらに飾りつけをします。
e0138916_1871061.jpg


焼き上がり!
e0138916_184396.jpg

せんせいがかすてら用の大きな包丁で切り分けて下さいました。これは四角く切った形が正式のようです。
周りの切り落としの、砂糖などがキャラメル状になったところを出来立てにせっせとつまみましたがここが一番美味しかったかも(笑)。

これが切り分けた形。
ほんのりとヨーグルトの酸味が感じられます。パンとも、ジェノワーズやバターケーキとも違う素朴な食感のお菓子です。
e0138916_20514727.jpg


More
[PR]
by sur-lie | 2010-09-25 20:59 | お菓子作り

9月のマクロビオティック

イレウス(腸閉塞)にかかったりやたら忙しかったりでしばらく行けなかったマクロビオティックのお料理教室に今月ようやくお邪魔しました。

e0138916_1391459.jpg

ぽくぽくした口当たりで、色も名前も可愛らしいひよこ豆を炊き込む玄米ごはんとかぼちゃのノンフライコロッケ、キャベツのステーキにスイートオニオンスープ、デザートはきな粉のババロアというメニューのレッスンでした。

以前もご一緒した方達と和気藹々と、Caori先生のご指導の元どんどん作っていきます。

Caori先生作(先生は畑仕事もなさっています)のかぼちゃを蒸して、熱いうちにマッシュ。
e0138916_13144973.jpg


圧力鍋で、ごはんも炊きあがりました♪
e0138916_17351793.jpg


はい、出来上がりです。きな粉ババロアはこの時点では冷蔵庫でした。
e0138916_13154951.jpg

完全無農薬野菜と、昔ながらの製法で作られた調味料を使ったお料理。

e0138916_13193482.jpg

ひとつひとつがしみじみとした味わいで美味しかったです。調理法もシンプルです。けれど、ごく普通にスーパーで買った野菜と調味料で同じように作ってもレッスンで頂く味にはなりません。ここがマクロビオティックの奥深さであり、同時に難しいところだとも思います。私ひとりなら良いのですが、家族があって、今までの食習慣があって、それを引っくるめて全てをいっぺんに切り替えるのは費用的なものも考えると道のりは険しいかな。

豆乳にきな粉と葛粉を入れて丁寧に火を入れ、甜菜糖で作ったカラメルソースをかけたババロア。これ、美味しかったです♪カラメルソースは志願して作らせて頂きました。上白糖で作る場合と少し作り方が違います。
e0138916_1746307.jpg



ゆるマクロビ・たまにマクロビでいけたら…とは思っているのですが、マクロビオティックで使用されるお馴染みの食材が実はあまり私の身体(腸)に宜しくないということが6月のイレウス再発で明確になりました。繊維の多い根菜類・ナッツ類・豆類等々…。咀嚼でクリア出来る部分もあるのですが、肝心の私の歯が…目下通うホリスティック歯科(目黒不思議歯医者)の方針というか考え方というかで抜けっ放しの部位が非常に多いのです。私の骨格がきちんと『決まる』まで、口腔内は常に動いているそうなので義歯を入れて『固めて』しまうことはまだ出来ない状態なのでしょう。で、この状態ですと固い物を長時間かけて噛むには少々しんどいのが実情です。豆類は、例えば大豆はNGで豆腐ならOKという感じなので、自分の身体によく聞いて、またゆるゆると考えていければと思います。

e0138916_18483392.gif

               ↑カテゴリは残念ながら猫でなく…(笑)
[PR]
by sur-lie | 2010-09-24 18:20 | ごはん作りましょ

出来心はコワい~馬車道ポニーにてアクシデント的ランチ~

仕事の日以外の私の行動をほとんど把握していない夫は時々不安になるらしく『今何してる?』とメールを寄越すことがあります。予定を聞かれてちゃんと答えてはいるのですが、覚えちゃいない。

それが日常になってしまったので、先週目黒の不思議歯医者の帰りにほんのついでというか、出来心というか、クセというかで夫にメールをしました。『歯医者が終わって今帰宅中・もうすぐ品川駅』という、あくまで報告メールだったわけですがそのメールに対して夫から折り返し電話が。これは滅多にないことです。
乗り換えの階段を登りながら電話を取ったら『今〇〇分浜松町発の大船行きに乗ったから!後ろから〇番目の車両にいるから!』
…なんでも打ち合わせがあってちょうど関内に出向くところだったようです。しかしなんだってこんなにタイミングが合ってしまうのかしらねー。こちらは特に用は無いのですが何故か『乗ってくるように』的圧力が感じられ、しょーがないわねー的空気を漂わせて言われた電車に乗り込みました。ああ、いたいた。とりあえず私も空いた席に座ってしばし…。やがて私の隣が空いたので移動してくる夫・ばりばり業務中モード。
…正直に言うと、仕事中の夫には全く会いたくありません。家モードとは別人格になっているのよねぇ。話をしても全然噛み合わない。物事の捉え方も極端にシニカルになっているし。

トピックを提供しておしゃべりなどしてみるのですが、選択トピックを誤ったらしく雰囲気もいい加減悪くなり(爆)、家に帰って昼食を摂るつもりでいた私は関内に着いたところでほっとして夫に「じゃあね。」と声を掛けたのですがやつぁ今度は顎で『降りろ!』と示しやがった(怒)。アタシは家でお素麺食べようと思ってるんだからいいわよ!と静かに喚いたのですが頑固な夫はあくまで「いいから!(一緒に)メシを食うから!」と言い張ります。此処で知らんぷりをしてそのまま乗ってしまいたかったのですが後がややこしくなるので仕方なく折れて降りました。はああ、あたしゃ早く家に帰ってひとり静かに素麺をすすりたいのにー(泣)。

…というような紆余曲折を経て、『ポニー』にて私はメンチカツライス。
e0138916_18404029.jpg

衣さくさく、みっしりと牛100%のメンチカツ。素朴ですが味わいが深く、美味しいです。

仕事モード男(夫)はハンバーグライス+お味噌汁。
e0138916_18415450.jpg

夫曰く「メンチの方が当たりだな。」

初入店でした。ホールの女性の愛想の良さがいかにも街の洋食屋さんで気持ちいい。分煙でないのがきついですが。ランチタイムのお仕舞いくらいの時間帯だったのでお店は空いていましたが、それでも私たちのようにぽつぽつとお客さんは入ってきて切れ間はないようです。

e0138916_18483392.gif

               ↑よろしくお願いします♪
[PR]
by sur-lie | 2010-09-23 18:46 | 食とその周辺

日々のモザイク・実家へ

先週金曜日、乗り換えの東京駅でお弁当を買い込んでからさらに東へ向かう地下鉄に乗り継ぎました。
ここ数ヶ月ほったらかしにしていた老両親の顔を見るためです。随分前から言われていた、屋根裏の私の荷物の整理もしなくてはなりません。

もう名前も忘れてしまっていたバス停を降りると、
あら、すてきなお蕎麦屋さんが…
e0138916_9363066.jpg


「鴨南蛮はありませんよ!」とご店主さまに言われてしまいました。
ええっと、お蕎麦屋さんじゃなかったようです。でもお蕎麦屋さんにしか見えませんよー。
e0138916_9382247.jpg


祝敬老の花束を作ってもらって、ちょっと近況報告をしあい失礼しました。本当はもう少しゆっくりおじゃましていたかったのですが、年寄りはだんだん待てなくなっておりまして私の気が急いてしまい、バタバタと失礼してしまいました。
(今度は実家スルーで来ようかしら)

実家に行くのはゴールデンウィーク以来でしょうか、子供が大きくなるととても家族全員で顔を出して とはいかなくなるものですね。私がうんと丈夫ならもう少し頻繁に来られるのでしょうが。

GRANSTAにあった『浅草今半』の牛玉弁当と、『ぎんざ野武士』という、有機野菜等を使用とあったお店でベジ弁・もう一つお肉も少し入ったお弁当を買ったので、まずはそれでお昼を食べましょう。2つで足りたねぇと言いながら3人で分けながら食べました。電話で毎回「屋根裏のね、あなたのね、レコードとかあれこれを早く片付けて頂戴。」と言われるので着替え持参でそのつもりでいたら「まあそんなのはいいから…」と老父。来て欲しい口実ですね。

けれどこちらはそういう訳にもいかないので食事を終えたら2階へ上がり屋根裏へ。老父が全てのものを部屋へ降ろそうとするので慌てて止め(とても数時間で全てを片付けるのは無理+年寄りには非常に危なっかしい構造の屋根裏階段)、ひとりでのんびり、出来る分だけ処分しました。もう着られない洋服、大量の手紙、etc,etc.…。携帯電話の無かった時代でした、これだけの量を書いて送って、そしてもらった手紙だと思うと感慨深いものがありました。ただ、少し驚いたのは全く思い出せない方の名前の何と多いこと。多分〇〇をしていた時のつながりかな とかなんとなく記憶を追ってみるのですがどちらかと言えば思い出したくないことばかりの過去なので途中からはそっくり包んでごみ袋に納めました。今これらが無くて普通に暮らしてゆけるのだから必要はないものでしょう。

2時間ほど頑張ってごみ袋3つ分処分品をまとめ階下に降りると老母が機種変更をしたという携帯電話を持って待ち構えていました。数年前の老父の誕生日に私がプレゼントしたのですが、以来携帯電話を使ったのは多分両手で数えられる程度でしょう。街中で携帯電話を取り出し電話をかけたりメールを送ったりしているお年寄りを見る度、あるいは母の姉たちがすらすらと使いこなしているのを見る度使用方法を全く覚えようとしない両親を思い浮かべ、もうちょっと興味を持って新しいものを少しでも取り入れる努力をして欲しいのに とため息を洩らしていたのですが、老母もさすがに公衆電話も激減したし、周りの人間からあなたたちは連絡の取りようがなくて不便でしょうがないと言われているらしく少しは扱ってみよう という気になったようです。じゃあ一緒に長男にメールを送ってみようね と孫で釣りながら操作方法をOJTで指導。あまりに簡便な携帯電話で私などかえって使いにくい感じです。



しばらく前から老母は右手のせん振が止まらずとても嫌がっていましたが、最近パーキンソン病と診断が下りました。中期から重症の方ばかりを存じ上げているので一瞬気持ちがかなり暗くなりましたが、老母に関しては今まで生きてこられたことだけでも奇跡に近いものがあるのであまり私が思い詰めないようにしなければ と気持ちを切り替えて、片付けのお次は母の身体ストレッチ。母が大動脈炎症候群を発症したのは16歳位の頃でしょうか、以来運動らしい運動は全く出来ずに生きてきた人なので身体の硬さは尋常なものではありません。こんなところで以前の仕事が役に立つとは。 こんな日が来るのかしら とぼんやりと想像はしていたのですが実際に母の腕に手を添えてゆっくりとストレッチをしながら、とうに忘れてしまったと思っていた高齢者向けの簡単な体操などが自然に出てくる自分にまた驚いたり。

少しずつ気が短くなっていく老父が、私(達)が訪ねていくともてなしたいがために老母にあれこれと言いつけ、思うとおりに動けない母に言葉を浴びせかけていくのが堪らないのでいきおい私がものすごいペースで動き回ることになります。難しいものです。

e0138916_11392267.jpg

気持ちが明るくなるうよな雰囲気のお花を とお願いして我蘭堂(ガーランド)さんに作って頂いた、ブーケ。吾亦紅のぽつぽつした可愛らしさとトルコ桔梗が本当にほっとします。ありがとうございました。

あまり時間を空けず、実家に顔を出す努力をしなくてはなりません。
まあ、私も深く悩まないようにしないと…。ひとりっ子は閉じようと思えばどこまでも閉じてしまえる傾向があるので。



奇しくもこの日は母方の祖母の祥月命日でした。「今日はおばあちゃんの祥月命日だから(私を)連れてきてくれたのね」と何度も何度もつぶやく母なのでした。母親を恋うる母の姿が、ふと自分の娘にようにも感じられたりしました。

人気ブログランキングへ←こんなの始めてみました♪
e0138916_21585439.gif

[PR]
by sur-lie | 2010-09-21 11:45 | 色々考えたりもする

Weblog Sept.13~19あたり

9月13日(月)
仕事。

9月14日(火)
目黒不思議歯医者へ。
帰り、ちょっとしたアクシデントで寄るつもりのない関内で途中下車を強いられ食べたくもない昼食を摂る羽目になる。その件はまた別の機会に。

9月15日(水)
仕事。

9月16日(木)
夜、久しぶりのマクロビオティック料理教室へ。なぜかいつも雨に当たる。雨女ではないと頑迷に思っていたがちょっと自信が揺らぐ。

9月17日(金)
夏に一度も顔を出せなかったので実家へ。早朝長男がひょっこり帰宅し慌ただしさに拍車がかかり、強行軍だったが朝からひたすら動き回り横浜‐東京‐千葉と移動。ずっと行けずにいた、新装開店した知人のお店にも伺えたし、ほんの数時間しかいられなかったが両親の顔を見られたのでよしとする。

9月18日(土)
午後からキッチン山田でレッスン予定としていたがひょんなことからあざみ野でランチをする事に。そこに持参するために朝花巻を作る。大豆学校のママが駅まで車で迎えに来てくれて、おかげでゆっくりおしゃべり。新しい出会いの中にぐっと波長の合う人との邂逅があるのが不思議で面白い。人との縁はまだまだ広がっていくのだろう。彼女がそのままレッスンスタジオの前まで送ってくれた。感謝。

9月19日(日)
仕事。珍しく残業も少々。
[PR]
by sur-lie | 2010-09-20 22:35 | 暮らし

師匠に倣い

私もそろそろオーブン仕事を始めました。
プレゼント製作に向けて、練習しておかないと。

e0138916_8313441.jpg

キッチン山田で6月にレッスンしたさくらんぼのクラフティの復習を。さくらんぼはもうさすがにお仕舞いなので、思いつきで冷蔵庫にあったいちじくを刻んでいちじくのクラフティです。

反省点は下記の通り。
①パート・シュクレがかなり柔らかい仕上がりになり敷き込みが厚くなってしまった。
②その影響で分量のクラフティソースの全てを流し込むことが出来なかった。
③いちじくをもう少し細かく、ダイスカットの形状にした方が綺麗な仕上がりになったと思う。
④アプリコティの量が足りない。アプリコティはまだまだな自分を改めて認識。
⑤さくらんぼに比べていちじくは酸味が少ないので、レモン等で酸味を足した方が良いか
 も。 あるいはアプリコティがしっかりしていればこの問題は解消されるかも。


さて、長男。再び、けれど今度は家族全員で「いってらっしゃい!」と見送って家を出ました。完璧に独立というわけにはまだまだゆきませんが、東京都内へ引っ越してしまいました。前回のように家出ではないので今度はちゃんと住所もわかっているし、とりあえず安心して見守っています。仕事は横浜なので、数日前山ほどの洗濯物を抱えて(まだ新居には洗濯機が無いそうで)夜勤明けに帰ってきました。「ナンかあるー?」というのでせっせと朝食の用意をして、ちょうど前日に焼いていたこのクラフティを「食べる?」と見せたら
「…これ、キノコ??」と。死ぬほどキノコ嫌いの長男にはエリンギかまいたけなどに見えたのでしょうねぇ。言われてみれば確かに見えないこともない。結局そのビジュアルにつまづいて長男は食べず(嘆)。目下リベンジ魂がくすぶっております。
[PR]
by sur-lie | 2010-09-18 09:49 | お菓子作り

ご応募ありがとうございました♪

楽しいコメントとヘタれ企画へのご応募、本当にありがとうございました。
まだコメントは記入出来るとは思いますが、
20コメント頂戴したところ(つむぎさんまで)でご応募は締切とさせていただきます。

楽しいコメント、お祝いコメント、ひとつひとつとても有り難く拝読しました。
ありがとうございます!

目下悩みのタネは抽選方法です。
委員長は元気なのですが、自分に与えられた役割を全く理解していないことが去年判明。
とてもナイスなアイデアを頂いたりして、助かっています。
参考にさせて頂きたいと思います。
今週は落ち着いた時間が取れそうにないので、
抽選大会はまたゆっくりと行いたいと思います。
今しばらくお時間下さいませ。

大会委員長(一応ね)とアシスタント(なのか?)。
e0138916_701312.jpg

フリーダムムスメと楕円形脳味噌大豆。ある意味ナイスコンビ。
[PR]
by sur-lie | 2010-09-16 07:02 | Joy of life

感謝を込めて☆ブログ開設記念企画

この頁は、9月15日までトップ記事となります。
(15日いっぱいご応募いただけます♪)
最新記事のアップは、この記事の下↓からどうぞ。


暑い。

暑いですね(けっこう嬉しい)!

今日は仕事での外出中、コンビニに駆け込んでアイス最中を買い石川町~元町辺りで歩きながらわしわし食べていた不届き者です。

ええっと、そういう話ではなく。

そんなしょうもない態度で生きながら、ブログ暮らしも今日で4周年となりました。
だらだら~ではありますが、4年もお付き合いくださってありがとうございます。
5年目に向けての始まりに、崖の上から心ばかりの御礼をさせて下さいませ。

e0138916_2029465.jpg

(撮影協力:Edwin.R.Molenaar ltd.)

正直に言いましょう、今はオーブン仕事なんて考えるだけでムーリー!なので
具体的なブツに関しては(ま、お菓子作るしか脳がないのでそれでいきますが)
10月に入ってからのんびり考えさせて頂きます。

060.gifこの記事のコメント欄に『プレゼント希望』とご記入下さい。
 この記事のコメント欄は応募コメントのみとさせて頂きます。レスはつけませんのでご了承下さいませ。

060.gif締め切りは9月15日(水)とさせて頂きます。抽選は16日以降、厳正なる方法(去年は大失敗)にて3名様を選ばせて頂きます。

060.gif去年に引き続きほぼ思いつき企画です。(笑)上記にも書きましたが、手作りのお菓子をお贈りしよう…だけで何も決まっておりません!というわけで出来れば気長にプレゼントを待っていただける方だとありがたいです。(笑)どうぞお楽しみに。(バレているとは思うけれど、ここら辺はほぼ去年のコピペでっす)

ひっそりとお訪ね下さって、楽しんで下さっている方々にも本当に感謝です。
読み逃げ なんて卑下しないで下さいね。携帯と合わせて毎日300(時に400!)近いアクセスをありがとうございます。
恥ずかしかったら、鍵コメでもいいので、どうぞご応募して下さい。去年外れてしまった方も是非お待ちしています。
そして、本当に本当にありがとう。
これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by sur-lie | 2010-09-15 23:59 | Joy of life



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
全体
my loveable familiy
食べましょうよ
暮らし
食とその周辺
嬉しい・楽しい
Joy of life
心のぜいたく
横浜中華街
色々考えたりもする
ママだったりもする
おでかけ
好きなもの
Rugby!
ごはん作りましょ
Chiffon the CAT
ウォーキング
持つべきものはfriends
お菓子作り
たからもの
I love music
ガンバレアラフィー
文字とか音とか
I love cats
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧