From the clifftop

<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

真鶴遠足・食事編

さて、真鶴遠足。美味しい魚を食べようよ!と再びバスに乗って『魚市場』というバス停で降りた私たち非・文学主婦の会会員達。このような経緯で一見寂れ系のお店に入り、ビールに刺し盛りです。
e0138916_21225434.jpg

いや、寂れ系などと思ってしまって申し訳なかったです。魚はその日に真鶴港に上がったものだけ。甘い・旨い・臭くない(当たり前だ)。こらが本来の、本当の刺身ってもんなんだろうなぁ。スーパーに並ぶ刺身盛り合わせと何たる違い。皆々上着を着込んでビールを呑み刺身をつまみ、しばし浮世を忘れました。

先に出してくれたシメサバがあんまり美味しかったので追加していい?と聞くと一同賛同。
e0138916_21273449.jpg

きっぷのいいお姐さんが「鯵もね!」と持ってきてくれました。

そして、私・めめさま・ぷーあーる姫の頼んだメジナの煮付け定食。QPは鯖の塩焼き。ひと口もらいましたがいや~、鯖でも良かったかも!と思える、今まで食べていた鯖の塩焼きは全部間違い!という美味しさ。このメジナも言わずもがなの美味しさです。同じものを頼んでいるのに向いに座っためめさまが私のメジナをそちら側からみて「この、このさあ~、身の厚いところが美味しそーーー。」とずっと騒いでいました。お願いですから自分のを食べて下さいねっ。
e0138916_21304469.jpg

蟹汁も絶品。「おしんこ、(4人分を)一緒に盛っちゃっていいわよね。」とお姐さん。ああ、いいなーこの感じ。
e0138916_21312426.jpg

一同大満足してお店を出てから、隣のお店で夫々干物や塩辛を購入。魚屋さんのおばあちゃんもいい味を出していて色々なお話をして下さったのですが、私は途中でバスの時間が気になってしまい結果おばあちゃんをちょいと急かしてしまって申し訳なかったです。

帰りの電車の中でぷるから思わぬお土産をもらったり、大人の遠足は楽しかったです。そしてやっぱり原生林ウォーキングはいつかリベンジしたいなぁ。

e0138916_18483392.gif

[PR]
by sur-lie | 2010-11-29 21:56 | 食べましょうよ

大人の遠足・真鶴半島

めめさまから『現実から少々離れたい。よって少々遠出などいかが』といった旨のメールが届いたのは…

いつだったっけ?



e0138916_8372854.jpg

当日の朝よんどころ無い事情にて文豪があえなく欠席となりましたが、非・文学主婦の会でちょっと遠出をすることに。私は大船駅から合流しました。

老母と長男と銀座を歩いた時はとても快調だったのですが、その翌朝目が覚めたら左股関節に違和感が。なるべく気付かない振りをしていたのですが、歩くと痛みが出てしまうのでみんなに迷惑をかけるかなぁ と思いながら数日過ごした後の参加でした。真鶴の原生林を歩こうよ とか ゆるーくプランは出ていたので余計気になってしまって。

e0138916_1043137.jpg

駅前からバスに乗り、まずは半島の真ん中辺りまで。石原プロモーション寄贈の消防車があるそうですよ。ロケで来るのかしら?

e0138916_10183695.jpg

あまり興味は無かったのですが(向田邦子さんがお好きだった画家・書家さんよね ほどの認識)、入ってみよういう事になり訪れた中川一政美術館。 

何も期待しないで観たのですが、とても良かったです。岸田劉生とか梅原竜三郎などの影響を受けた人らしいのですがさもありなん の絵、テーマ等も。80歳を過ぎてからの作品が特に印象に残りました。年齢を考えるとその情熱や創作意欲の高さに素直に感動。こぢんまりとしていて人も少なかったのでじっくりと鑑賞することが出来てそれも良かったです。ほらパレットナイフをこんなに使った跡が と油彩を覗き込みぷる姫に教えてもらいながらうんと至近距離で観ているとわくわくすると同時にどこか落ち着くような気持ちになりました。油彩の向日葵がとても素晴らしかった!ゴッホのより好きだと感じました。思えば何だかずっと慌ただしくて、観たいと思っていた展覧会を随分逃していたのですが、こうやってふらりと来てみて自分が如何にこういうものに飢えていたかが判りました。やはりこういう空間には意識して足を運ばねば と思った次第。

中川一政美術館を出てすぐのところから原生林遊歩道へ入れるのですが、これが案外きちんとしたけもの道系。元山岳部のぷる姫に言わせれば舗装道路並みのコースだったのですが、そして、歩いて歩けない事はないかな とも思ったのですが無事におうちに帰るまでが遠足、途中で動けなくなって皆に迷惑をかけてもいけないと思い「無理!」と高らかに宣言。QP皇后陛下も膝が今イチという事で今回原生林ウォーキングは中止となりました。本当はとても歩きたかったから残念だったなぁ。

さらにバスに乗り、半島の突端まで行きました。
与謝野晶子の碑があったなんて、全く気づきませんでしたよ。
なぜなら、着いてすぐにいらしたこの方に釘付けでしたから。
e0138916_1138148.jpg

穏やかな方でした。右目は潰れていました。でも顔はきれい。鳶も多いところだったのでそんな戦いがあったのかしら。人にもよく慣れていたのですが、ぷるが「随分痩せているよ。」と脇から見ながら呟いていたので、あまり良いものではないけれど…と思いながら、それしか持っていなかったのでプレッツェルのお菓子(ハニーマスタード味)を1個あげたら実に美味しそうに召し上がりました。ごめんね、この塩分は良くないとは思うんだけどこれしか無いのよ などと声を掛けながらあと2かけ程。

e0138916_1146586.jpg

嗚呼、海はいいなぁ。

e0138916_1147472.jpg

真鶴半島より太平洋を臨む皆さん。

しばし海を眺めて、さてどこぞで美味しいものを食べよう と引き返す時にちらりと丹下左膳の君を探したら、穏やかそうな老夫婦の方からやはり何かもらっていました。うんうん、そうやってしっかりやっていくんだよ と心の中でそっと声をかけました。

魚市場での食事編は次回。

シフォンちゃんみたいに、みんながいつでも美味しいゴハンを食べられてぬくぬくるんるん♪出来る訳ではないのですよ。。。
e0138916_18483392.gif

[PR]
by sur-lie | 2010-11-27 11:54 | おでかけ

銀座『みちば和食 銀座たて野』

目黒の不思議歯医者がとても良いので実家の両親に勧めてみたところ、数年前騙されたつもりで二人で足を運んでくれて以来ずっと通っています。特に老父は体調がとても良くなったとの事で、娘としてちょっとほっとしています。

老父は元来丈夫で健康なのでもう来年の始めまで診察は要らないそうですが、パーキンソン病を発症した老母は3週間から1ヶ月置き位のペースで通院しています。実家まで行くのは今の私には少々難しいのですが、目黒なら何とかなるので、母が歯医者さんに行く日に目黒で待ち合わせて顔を見に行くようにしています。

先日は長男も来られる というので歯医者さんの待合室で待たせて頂き、母息子2人して老母と会ってきました。ちょうどお昼前くらいだったので誘ってみたら銀座まで足を延ばせると言います。では、と急な行人坂を母のペースに合わせてゆっくりゆっくりと上り、駅へ。

向かったのは『みちば和食 銀座たて野』
e0138916_836165.jpg


随分前から母は道場六三郎さんのお店に行ってみたかったようで、時間や予算など調整していたのですが叶わず。会う前日にブラッスリー六三郎に連れて行けるかな と検索していたらどうやらそこはもう無くなってしまったらしく、道場さん直伝ということで前掲のお店にヒットしました。

デジカメを忘れてしまったので、携帯でパシャリ。お昼の一番お安い軽いコースを3人でお願いしました。
先附 にぎり子と柿の白和え 蒟蒻 粟麩 ザクロ 添物 米粉のせんべい
e0138916_840161.jpg

米粉のせんべいにはからすみが練り込まれているそうです。塩気とクリスプ感が良いアクセント。
白和えをひと口食べた長男、顔を上げて
「おばあちゃんが作る白和えの方が美味しい。」と。柿の白和えは母の得意料理の一つです。去年長男が自動車運転免許を取る時、老父が手元に置いておきたいばっかりに実家の近くの教習所を手配してしばらく実家で寝泊りしていたのですが、その時にでもご馳走になったのかな。お店の方に聞こえないように小さな声でではありますが、長男は何度も「おばあちゃんの方が美味しい」と繰り返していました。小さく背を丸め、俯き加減で座っていた老母の心は孫の言葉で踊るようだった事でしょう。

御椀 海老の案平汁 管牛蒡 柚子
海老真薯のお澄まし。
e0138916_859750.jpg

合わせ盛り 
一 線鮮魚二種盛り あしらい通り  
一 豚バラ肉お白菜蒸し煮 和辛子
一 鰆と木の子のゆず味噌焼

e0138916_92289.jpg

(写真をクリックすると多分大きくなります)
献立を確認した時点で、長男のものは木の子抜きでお願いしたので長男は鰆の西京焼でした。しかしひどい茸嫌いです。美味しいのに勿体ないこと。長男曰く「だってキノコはカビだよ!?」違うからー。
お刺身はまぐろとダルマイカ(…だったと思う。イカの種類は失念)。6月のイレウス再発からイカ・タコ・蒟蒻・ナッツ等はなるべく食べないようにしているのですが、このイカはひと切れだけ頂きました。いやいや、ねっとり甘くて美味しかった!もうひと切れは海産物loveな長男へ。3人でのんびりとおしゃべりをしながら、ゆっくりと頂きました。

強肴 群馬県産特選増田和牛ロースト 里芋の美味煮 長葱の焼ひたし 青唐 豆腐餻入りしゃぶしゃぶのたれ
e0138916_9111892.jpg

ここら辺で3人とも徐々に持て余す者・既に持て余す者あり(笑)。長男は11時過ぎに朝食を採ったというし、老母はもうお肉はめったに食べないので3人ですごいね、美味しそうだね、などと言ってみるのですが箸の動きがちょっと止まり気味。お肉が案外沢山でした。豆腐餻入りのたれはコクがあります。母が食べられなかったお肉を長男と私でシェア。この後まだごはん物があったわよねぇ?

食事 お好み 
一 うす揚と葱の讃岐温うどん
一 鴨と焼葱のつけめん
一 いくらご飯 のり


上記の3種から選ぶのです。全員いくらご飯をチョイス。
e0138916_9193560.jpg

出てきた姿に あ、面白い と。いくらが薄い餡かけになっています。道場六三郎直伝の例の『命のだし』らしき出汁の餡にいくらが包まれていました。一瞬生臭くならないのだろうか?と思ったのですが、お出汁の品の良い香りもいくらもよく調和が取れていました。

水菓子 おまかせ
e0138916_92373.jpg

さつまいものムースと巨峰。飲み物はコーヒーや紅茶などから選ぶ事が出来ます。


e0138916_18483392.gif


More
[PR]
by sur-lie | 2010-11-25 09:57 | my loveable familiy

2011年カレンダー

はっと気がついたら11月も後半です。
無理です。
全てのことが無理です。
年賀状・大掃除・年末の支払(ぎょえええええ)等々、いったいどうすりゃいいのよー。

とっとと動けばいいのに
(いいえ、これでも精一杯動いてはいるのですよ)
パソコンの前に座ってこんな記事を見つけてきーー と悲鳴を上げてみたり。(大掃除が半分終わってるってぇ!?)

去年の今頃、すっごく反省したのに。
もうこんな思いをするのは二度とごめんだから、来年こそはちゃんとやろうと。
でも今年解りました。
10月位から年末進行を頭に入れて動かないと無理なんだ!
今年このシーズンに、まだ一度もウイルス性胃腸炎にかからず順調なので
それなりに頑張っていたのになぁ。


さて、そんなある日、郵便ポストを覗くと…
e0138916_14471563.jpg














e0138916_14475348.jpg














こんな素敵なカレンダーとポスターをおさしんな方から頂きました。

e0138916_14494440.jpg

耳の奥に圧力がかかるような圧倒的な静けさと
同時に
空の
その場の空気の
動く
あるいは
動かない
音が聞こえるような


言の葉の要らない
澄み切ったものがそこに凝縮されていました。

カレンダーって、ただ予定と都合を見るためだけに使っていたけれど
これをトイレのドアに貼った時、
少しでも善い、幸せな事の多い、充実の日々を紡ぐ努力をしなくては と
ふと思いました。
本当にありがとう。


年越しの準備は全く出来ていないのに、
なぜかこれだけは早めに予約して手配していたのは偶然にもカレンダー。
e0138916_1573184.jpg

師匠・にっき先生のスイーツレッスンの元締め、もとい、経営母体であるブレーメンフラワーのデザイナーであるまきのせかおり先生の美しいアレンジメントが載ったカレンダーです。かおり先生のアレンジメントは世の中に数多いるフラワーデザイナーの中でも抜きん出て素晴らしく、見ているだけで優美な気分になれます。ウェディングブーケは本当に秀逸です。(いつか来る、竹野内豊さんとの善き日にこちらでウェディングブーケなんてどうでしょうせんぱい@年下だけど)アテクシ花より団子な女だと思われていますが、お花さんだって大好きなんですから本当は。こちらはまだ手に入るようです。といっても残りあと僅からしい。ご興味のある方は是非こちらからご購入を。猫カレンダーを買おうか悩んだのですが、お花さんのカレンダーが重なったのは偶然ではないはずです。来年こそは、来年こそはエレガントに生きろという啓示だと勝手に信じております。はい、そこ、失笑しないっ。

e0138916_18483392.gif

[PR]
by sur-lie | 2010-11-23 15:16 | 好きなもの

日帰り温泉~箱根湯本その2~いさみやにて一献~

さて温泉でまったりした後は腹ごしらえです。

箱根湯本駅前までバスで戻り、何となくこちらのお店へ。以前一度来てみて、訳は忘れましたが入らずに帰ったことがありました。

e0138916_22563147.jpg

いさみやは直吉の系列店だそうです。以前直吉で頂いたのと、確かに板わさの器が似ています。同じなのかしら♪厚く切った蒲鉾は魚のすり身がたっぷりでお味が良いですね。

名前は忘れましたが、豆乳で温めた湯豆腐。
e0138916_23121767.jpg


湯豆腐と言えば、熱燗でせう。
e0138916_23151622.jpg

お猪口が良いですね。

さけしぼりと
e0138916_23171548.jpg


こめあらい。ちょっと光ってしまいました。
e0138916_231812100.jpg


新蕎麦の季節です。私は迷わず湯葉そばを。
おおお、良い気分で撮ったとみえます。すっかりブレてますなぁ。蕎麦つゆにとろみがついていたので、二人してしばらく上の椎茸をつまみに飲みました。ええ、完璧な呑兵衛です。
e0138916_23201517.jpg

これが本当の蕎麦屋だったら天抜き辺りをつまみながら呑みたいねぇ などと言いながらぐだぐだと2本目のお銚子を頼む中年夫婦。

夫はこちら。湯葉うどん?正式名称は忘れました。
e0138916_23273641.jpg

ぐつぐつの熱々。食べた夫曰く、非常に旨いと。温泉でひと汗流した夫はこの熱々うどんにまたしても汗まみれとなっておりました。嗚呼賽の河原男よ。

いつものお店で鯵の干物を買い、いつものお店でわさび漬けを買い、ぶーらぶーらと家路に着きました。いつもの温泉で夫もすっかりリフレッシュ出来たようです。グリーン車に乗らなくたって、ちゃーんと座って楽ちんに帰れたからいいのだ!(まだ言ってる)

e0138916_18483392.gif

[PR]
by sur-lie | 2010-11-21 23:36 | おでかけ

日帰り温泉~箱根湯本その1・天山湯治郷~

仕事等のストレスでぐっつぐつに煮詰まっていた夫をクールダウンさせるべく、温泉に出かけました。クールダウンのために温泉とはこれ如何に。まあいいや。

私は他の温泉に行きたい気もするのですが、夫は何度も足を運んでいるここがやはり良いそうで、11月の始めによっこらしょと出かけました。行ったのはもう2週間以上前の事です。

紅葉見物の観光客が多くてきっと混んでいて電車も座れないに決まっているので、大船から小田原までグリーン車で行く と言い出した夫に激怒した私。ったく貴様はどんな殿様なんだうちはそんなお大尽なのか、そういう発想が沸くこと自体が解らない。大体ウィークデイの下り線だぞ。どこが座れないっつうんだよっ。座れないからって何だっつうんだよっ、殺しても死なないような図太い神経とでかい腹そんだけのガタイしてるくせにっ。
e0138916_8354135.jpg

むっつりと黙り込む私の異様な気配を感じたのか、宣言を翻し大人しく普通車に乗り込んだ夫。当たり前だわよっ。そしてもちろんちゃーーーんと座れました。小田原から乗った箱根登山鉄道もちゃーーーーんと座れましたよっ。ったくもう。私はこういう事がストレスになるんだわさ。

e0138916_8373047.jpg

でも、この青空を見たらそうそう不機嫌でもいられません。いそいそとバスに乗り込み目的地に向かいました。

この日の他の利用客の方達もリピーターが多いようで、皆さん持ち物などが慣れた感じでした。ちなみに私はカバーを外した文庫本をタオルに包んで持ち込んでおります。周りの方にご迷惑にならないようにして本を読みながらまーーーったりと露天風呂に浮いているのはいいですねぇ。何もないと余計な事を考え出してよからぬ精神バランスになってしまうことが多いので(貧乏性)、本の中に没頭するくらいがちょうどいいのです。瞑想とか座禅とか出来るのが理想なのですが、なかなか難しい。
でも、この日持っていった本は意外と重い側面もあってー内容は本当に素晴らしいものでしたがーお風呂の中で深い思いに包まれておりました。人は長い歴史の中で今までもこれからも変容を繰り返し、その変容が向かうところはいずれ…
うーん、辛い感動のある良書でした。

何度も来ているのに、この存在には今回初めて気がつきました。瓶牛乳の自販機があったのです!普通の牛乳にコーヒー牛乳、そしてもちろんフルーツ牛乳も。子供の頃のものすごい贅沢の象徴だったフルーツ牛乳。銭湯に行くときだけ、それも毎回ではなくねばってねばって交渉して母が折れた時だけ買ってもらえた夢の味。いやー、思わず買ってしまいました。
e0138916_1041465.jpg

…そして、ありがちなのだけれど、思い出への思い入れがノスタルジィに満ちていればいるほど今現実に手にしたものと記憶とのある種の乖離にも似たdiscrepancyにふと心の中にすきま風が…

なんつって気取った書き方をしてますが、要するに『え?こんな味だったっけ?もっとこう濃くて甘くて…』みたいなね(爆)。

待ち合わせのお休み処で何と口をぽかっと開けて眠りこけていた私。後からやってきて私を見つけた夫は『デスマスクってこういうのかー』と思ったそうです。うるさい。

という感じで温泉でふやけた後は、遅めの昼食を食べに。続く。

e0138916_18483392.gif

               ↑ワタチの辞書にはお風呂はありえませんっ
[PR]
by sur-lie | 2010-11-18 10:51 | おでかけ

10月のマクロビオティック

先月のマクロビオティックお料理教室をざっと。
ジャポネパエリア。きれいで、美味しそうでしょう?
e0138916_712582.jpg


生姜・玉葱を炒めさらに浸水しておいた玄米も炒めて、芽ひじきとサフランを加えたところで圧力鍋で炊き上げました。炊きあがったごはんを土鍋に移して改めて火にかけ、こんがりお焦げをつけるのだそうです。いんげん・人参・蓮根はフライパンで炒め蒸しておいて、いい具合にお焦げがついたごはんの上にきれいに並べました。

それぞれ取り分けて、青海苔と胡麻を振って頂きます。香ばしくて、美味しい!
e0138916_140385.jpg


この日は他にさつまいもの金平とジンジャースープ、そしてCaori先生がその場でベジワッフルを焼いて下さいました。

先生がアメリカで一目惚れして買って帰ったというワッフルメーカーが登場。
カセットコンロの上で、ほかほか熱々にします♪
e0138916_1424790.jpg

おやつを待つ子供たち状態で、先生が焼いて下さるのを皆んなでわくわくと大人しく待ちました。
e0138916_1433097.jpg


生地に人参が入った、熱々のベジワッフル♪
e0138916_14103732.jpg

手でちぎって、はふはふしながら頂きました。外はぱりっと、中はふっくらもちもちと美味しいです。これだけでも十分甘くて美味しいのですが、もっと甘味が欲しい時にはメイプルシロップをかけて食べてもよいとのこと。

作る過程でも、出来上がったものを頂きながら先生がして下さるお話でも、目からウロコが落ちるような事が沢山です。少し意識するだけでも、随分変わる気がします。こちらで教えて頂いてから、食べ物の噛み方が変わった私です。

e0138916_18483392.gif

               ↑肉抜きゴハンにしたいらしいおかあしゃん。
               でも大豆さんが暴動を起こしそうでしゅね、フフフ!
[PR]
by sur-lie | 2010-11-12 14:15 | ごはん作りましょ

またまた波乱の大抽選会

皆さま長らくお待たせ致しました。

言い訳ばかりで申し訳ありませんが、本日も学校にて2件の父母会(部活動・学校)をこなした後所用にてあざみ野→たまプラーザと移動、明日は大豆のラグビーの試合・東日本大会が埼玉県熊谷市で行われますが仕事のため応援には行けず…となかなかにハードな忙しい日々を送っております。

もうね、言い出しておいて本当に申し訳ない~と思いながら、昨日ようやく大抽選会を開催させて頂きました。

今回コメントをお寄せ下さった中で、にっきせんせい・めめさま・柊響さんが応募ではなくお祝いコメントという事で書き込みして下さり、プレゼントはご辞退でした。(特ににっきせんせいからはトロい私がちゃっちゃとケーキを作るようにおしりぺんぺんの役をしましょう というお申し出。うう、痛み入ります。)そして無効コメントが1件、結果

QPさん・あっきぃ☆さん・レフア★さん・たまきちさん・鍵コメFさん・さんぱちさん・酔華さん・ひろこさん・かんべえさん・sunさん・鍵コメnさん・さみぃさん・bluepineさん・鍵コメSさん・
Cat's-pawさん・etsuさん・つむぎさん


以上17名様のご応募を頂戴致しました。皆々様、本当にありがとうございます。bluepineさんは送料を心配して下さって自粛 と書いておいででしたが在米のたまきちさんも応募してくれたのでこちらの判断で抽選に加わって頂きました。

前回の大会委員長の大失態を案じて、今回は素晴らしいヒント・アイデアも寄せて下さった方もいらして私としては今回はスムーズに事が運ぶだろうと思っていたのですよ、ええ。


e0138916_2161121.jpg

抽選にはこちらのグッズを使用致しましたです。
ぺたんとくっつくメモパッドにご応募者皆様のお名前を書きました。
糊の部分を利用して袋状に折りたたみ、そこにシーバ『鶏ささみ味と海のセレクション』を1粒ずつ仕込みました。
e0138916_21531834.jpg

e0138916_21534499.jpg
















それをぐるりとテーブルの縁に並べまして、大会委員長がちょらちょらと下に落としたお3方が当選となります!
e0138916_21171842.jpg


眼光鋭い委員長、登壇です!(嗚呼こんなに散らかっていたのね~ヽ(´Д`;)ノ)
e0138916_21213564.jpg


…ところがですねぇ…



「おかあしゃん、とてもとてもイイ匂いがするケド、何もないワ。」
e0138916_2126616.jpg


てなわけでぐるぐるぐるぐるテーブルの上を周回するのですが、手を出さない委員長!なだめたり、すかしたりしてみたのですが…ちょらちょらと落下させる という夢というか予定というか妄想というかは、あえなく消えたのでありました。
匂いをかいだ順に3つ選ぶ という手もあったのですが、並んでいる3つになっちゃうし…


というわけで、改めて仕切り直して抽選用紙を中央に集め、委員長がくんかくんかと鼻をくっつけたものを先着で3つ、選ばせて頂きました!

委員長、これが1つ目ですね!?
e0138916_21345920.jpg

いやもう、委員長はフリーダムですしカメラマンはへっぽこですし…
抽選の模様の撮影はこれが限界でした。

あ、すみません、長い前置きとなりました。結果発表です!

☆かんべえさん
☆bluepineさん
☆酔華さん


e0138916_21472065.jpg

お3方様、おめでとうございます。そしてご応募下さった皆様、本当にありがとうございます。ご当選の方はこちらの記事に鍵コメにてプレゼント送付先をご連絡くださいませ。bluepineさん・たまきちさんがご当選された場合は海外宛だけお菓子の種類を変えようかな とも思っていましたので何が届くかは御一任頂ければ幸いです。今回は割と早い段階で作りたいお菓子は1つ決めていたのですが何せ時間に追われておりまして、プレゼントの発送はさらにごゆるりとお待ち頂ければ有り難いです。く、クリスマスまでにはなんとか…。ううう、平身低頭な気分です。

e0138916_21585439.gif

               ↑あれこれ用事を言いつけられるのは、猫として不本意なのよー!
               ただシーバをくれればいいのにー!
[PR]
by sur-lie | 2010-11-06 22:05 | Joy of life

『袋の猫』攻防戦始まる

あんまり可愛いので夫を呼んで見せたら、
「買いなさい!今すぐクリックしなさい♥!」
と、夫。

きっと多くの猫飼いの人が買ったのでしょう、アイちゃんご使用の色はもう売り切れだったので…

ピンク、買いました。


ところでね、シフォンは
身体の上から何かが触れるのは大っ嫌い
な性格のようです。

ある夜、大豆のベッドで香箱中だったシフォンにそおおおっと大豆タオルケットをかけてみました。
あら、いつもならすいっと動いちゃうのにシフォンちゃん、お利口さんね♥



…?




e0138916_7495156.jpg

「何さらすんじゃいっ、ワレェェ。」

しーちゃん、そのお顔はやめなさい…(萎)。
結局この状態も5分持ったかどうか。

ま、そういうワケでですね、夫はこういうスタイルが見たくて、帰宅すると毎回シフォンに「しーちゃん、入りなさい!」と強要するのですが

e0138916_7584584.jpg

これが限界。

e0138916_82585.jpg

「…おかあしゃん、これじゃま。どけて。」
ある日夫はわざわざかぼちゃを隠してみたり(笑)。するとシフォンは、畳もうと広げておいた私の布団にどっかり。
「おとうしゃんがイヂワルするから、フトン質取ったでち!」
e0138916_875945.jpg

しーちゃん、おかーさんの布団、返して…


この秋~冬は、夫とシフォンの『袋の猫』攻防戦になりそうです。
e0138916_8122751.jpg

ぐー。



e0138916_21585439.gif

               アタチを袋に詰め込もうったって、そうはいかないでち!!
[PR]
by sur-lie | 2010-11-05 08:18 | Chiffon the CAT



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
全体
my loveable familiy
食べましょうよ
暮らし
食とその周辺
嬉しい・楽しい
Joy of life
心のぜいたく
横浜中華街
色々考えたりもする
ママだったりもする
おでかけ
好きなもの
Rugby!
ごはん作りましょ
Chiffon the CAT
ウォーキング
持つべきものはfriends
お菓子作り
たからもの
I love music
ガンバレアラフィー
文字とか音とか
I love cats
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧