From the clifftop

<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

鉄板かぼちゃのタルト

わがままを言ってしばらくお休みしているレッスンですが、たまには飴も無いと と鞭ばかりの日々に出かけました。

e0138916_8581375.jpg

ふるった小麦粉にバターを切り混ぜる、その混ざり合った粉とバターの放つにおいが大好きです。

e0138916_8595212.jpg

全卵1個を加えて、

e0138916_922743.jpg

スケッパーを使って、こねないように注意しながら卵・小麦粉・バターをまとめ上げます。
この生地・パート・ブリゼはこのまま冷蔵庫で寝かせます。

e0138916_941266.jpg

フィリング作り。かぼちゃのペーストの他にアーモンドクリームも作ります。

e0138916_96172.jpg

生地の敷き込みは楽しく難しいです。この画像の左の上から真ん中あたりがふちから欠けてしまいました。下方のようにきちんとふちまで敷き込みたかったのに伸ばした生地の形が良くありませんでした。適当に伸ばしてふちまで持ってくると焼成時に割れてしまいます。余った生地を切り取って貼り付けると汚くなってします。せんせいがお作りになるとこういうところが完璧なのです。


かぼちゃのペースト(もちろんかぼちゃを刻んで火にかけ練り上げてレッスンで作ります)とアーモンドクリーム、ラム酒に漬け込んだフルーツをたっぷり、飾りのかぼちゃとスライスアーモンドも散らして、
e0138916_9211152.jpg


焼き上がったタルトにアプリコティして、粉砂糖を振って出来上がり!
e0138916_9474151.jpg


持ち帰ってからようやく食べられたのは翌々日の金曜日だったか。
e0138916_10151016.jpg

家族の中でいの一番に食べられたのは、シフォン。それはそれは美味しそうにタルトの生地を食べていました。二番手は夫。もうこれ以上太らせてはいけない!という危機的状況なのですが、あまりに美味しそうに食べるので(実際本当に美味しいし)所望されるままに大きく2切れ。

無心に無心にスケッパーを動かして、麺棒を使って。
久しぶりのお菓子作りは心に沁みました。
[PR]
by sur-lie | 2011-10-29 10:22 | お菓子作り

大豆再診の結果

1週間経ち、昨日大豆は形成外科と眼科の再診をしました。
再診後、埼玉方面に外出中だった私に電話をかけてきて
右網膜に穴が開いているのが見つかり、
穴がきっかけとなって網膜剥離となり失明する可能性もあるので
これから緊急の手術をしたいとお医者様がおっしゃっているという報告を受けました。

大宮駅のホームから改札を出ることなく
(夫婦で出かけていたのですが私は用事をキャンセル)
そのまま湘南新宿ラインに乗り換えて横浜へ急ぎ戻り、
皆勤に執着する大豆はお医者様の許可を得て
帰りのホームルームに出席するため一旦学校へ戻り、
(朝もホームルームに出席してから1時間かけて病院に行きました)
夕刻病院で待ち合わせ、
長男も駆けつけ
説明を受けて承諾書にサインをして
大豆は網膜光凝固術というレーザー手術を受けました。

おかげさまで手術は無事に終了。
後は3ヶ月の運動禁止と10日後の再診までの安静で
回復を祈るのみです。
ただ、
術後の経過次第で今後も入院・手術の可能性はまだ拭いきれません。

私の中には骨折や脱臼関係に対しては免疫と耐性があるつもりでしたが、
眼の負傷は盲点でした。

e0138916_20492254.jpg

今日はトリエンナーレに行くつもりで予定を空けていましたが
さすがに動けず1日身体を休めました。

この週末で少しでも私の気持ちをしゃっきりさせないと。
[PR]
by sur-lie | 2011-10-20 21:08 | Rugby!

大豆、アクシデント

コマ送りのような慌しい日々に容赦なくアクシデントが舞い込みます。

昨夜帰宅途中で大豆からメールが舞い込みました。
部活の練習中怪我をしたので病院に行きたいと。
眼を傷めたようなので帰宅次第近所の救急外来のある総合病院に確認、
今日は眼科医はいないので桜木町の夜間救急医療センターへ行って欲しいと言われ、
大豆に連絡を入れ桜木町で待ち合わせ、私は車を飛ばしました。

昨日の診察ではちょっと深刻な診断も下されてしまい、とりあえず紹介状を書いて頂き
今朝は改めて紹介先の大学病院へ。
約2時間半の待ち時間の後、眼科、CT検査、形成外科と診察。
結果、前頭骨骨折と右眼の網膜を少し傷めたとのこと。
一番怖れていた眼窩底骨折ではありませんでした。
手術の必要なし と言われて胸をなでおろしました。
でも、『珍しいタイプの骨折』と言われてしまったー。やれやれ。

診察を待つ間中、大豆が心配していたのは学校の皆勤制度。中学の3年間を皆勤で通した大豆は高校でももちろん皆勤を取るつもりでいるようです。昨夜担任の先生に確認したところ部活中の怪我による通院は遅刻カウントにはしない と言われたのですが今朝連絡が入り、やはり朝のHRに出席していないと遅刻扱いになってしまう規則だったようで一瞬動揺。けれど担任の先生は部長に交渉してくださったらしく、今回はカウントしないので今日の帰りのHRには出席してもらいたい との事。午後2時5分に病院を出られれば何とか間に合うという大豆。形成外科で全ての診察が終わったのが午後1時40分過ぎ。そこから昼食を摂る間もなく大豆は即座に学校に向かいました。

私は昨日の昼食以来まともに食事をしていなかったので、
病院を後にしてからよれよれとCAFE☆STARまで歩いてゆき、遅い昼食を食べました。

e0138916_21104626.jpg

「大豆くんにお見舞い。」とちーさんにいただいた、BIGサンダー。
あちこちからご心配頂いて、ありがたい限りです。
全治2ヶ月。
年内は治療に専念して欲しいものです。
[PR]
by sur-lie | 2011-10-12 21:55 | Rugby!

お茶と お茶を使ったお料理の会

ツイッターとブログで発表されてすぐ、ご一緒しませんか とかんべえさんが声をかけて下さって、申し込みから何からおんぶに抱っこでお願いしてしまったのが8月だったでしょうか、開催が近づくにつれつくづく、ああ、こういう予定が入っていて本当に良かったー と思いました。
この日は贅沢2本立てで、絵を堪能してから一路横浜へ取って返したのでありました。2人で相談しながら日の出町で電車を降りて会場に向かいましたが少し遅れてしまいました、申し訳ないことです。私たちが到着してからほどなく『お茶とお料理の会』が始まりました。

黄金町の食のアートを担うお2人、CAFE☆STARのちーさんと、きぃ房茶のきぃぼぅさんのご挨拶に続き、お茶とお料理が登場しました。

水出し煎茶 太田さんの天竜煎茶
e0138916_145771.jpg

「今日は、お酒ではなくてお茶ケでお料理をお楽しみください」だそうで、これはさしずめ食前茶といった感じでしょうか。水からゆっくりと抽出されているのでするりと喉を通るお茶でした。

季節野菜の前菜三種 柿・ブロッコリーの胡桃胡麻白和え・自家製梅酢の蕪漬け・茄子の白味噌田楽・きぃ房茶の抹茶入り
e0138916_14101271.jpg

胡桃と胡麻が入ったお豆腐の和え衣はしっかりとコクがあって美味しい!子供の頃は苦手だった白和えですが、大人になりちーさんの白和えを食べてからその美味しさに魅了されました。母の作る白和えにもよく柿が入っていたっけ。今度は私が作って持っていこうかな。
梅酢の色が本当に美しい蕪。みずみずしい蕪と、明るい色に口幅を感じます。
お抹茶で鮮やかな色に染まった味噌田楽。白いごはん、くださーい のこっくりした味。

深蒸し煎茶 山本さんの森のお茶→この森はforestではなく、静岡の地名で『森の石松』の森だそうです。
e0138916_18432121.jpg


お料理の合間にきぃぼぅさんからお茶や茶器の説明も。今回は静岡のお茶をいただきましたが、土を改良するところから始めて何年もかけて育てられたお茶とその世界にきぃぼぅさんが惚れ込んでいるさまがしっかりと伝わってきました。
e0138916_18505884.jpg

おススメの、ふたのない急須。これは確かに便利そう。この日のおふたりはお揃いのエプロンをきりりと締めてすがすがしい。

揚げ物 鶏胸肉 緑茶葉衣のから揚げ
合え物 菊花と蓮根、タコの和え物
e0138916_185831.jpg

(クリックすると画像が大きくなります)
ふんわりと、そしてしっとりと揚がった鶏胸肉にはお茶の葉が衣として使われていました。これに、抹茶塩をつけながらいただきます。おおお美味しいなー。和え物に入っていた紫の菊花、これは『もってのほか』という種類ですね。秋田に住んでいた頃よく食べました。この和え物は柚子胡椒が使われていてその香りがまたそそります。

煎茶 丹野さんの川根煎茶
香の物 切り干し漬け
e0138916_19155435.jpg

川根煎茶の器も、切り干し大根の器も手の平に乗るほどの愛らしさ。このお煎茶の茶器は玉露のそれにも似ています。札幌に住んでいた小学生の頃、縁があって玉露のお手前を習っていました。がさつが服を着て歩くような私ですが、お手前をお稽古していたおかげで箸の上げ下ろしやお盆の拭き方など身につけることが出来ました。こういう茶器を見ると、そんなお稽古をしていた頃のことをふと思い出したりします。もう基本のお手前すらすっかり忘れてしまいましたが。また習いたいなぁ。

煮物 里芋の煮っころがし
e0138916_19455450.jpg

(クリックすると画像が大きくなります)
しっかりと色づいているのにやさしい薄味。散らした菊花も、人参の花も、見ていて嬉しくなるひと品。

出ました、CAFE☆STAR名物(?)まんが盛りごはん!
e0138916_19495222.jpg

(クリックすると画像が大きくなります)
ごはん 秋鮭入りほうじ茶炊き込みごはん きのこ汁。きのこ汁の画像はぼけちゃったので載せられません。残念。
ごはんは、城ヶ島のひじきを入れて、ほうじ茶で炊いたごはんだそうです。そこに旬の秋鮭が混ぜ込んであります。秋の炊き込みご飯ってどうしてこんなに美味しいのかしら。

スイーツ 抹茶のババロア
ほうじ茶 杉本さんの無農薬茶
e0138916_19592466.jpg

きぃぼぅさんのお話だとレシピより多目のお茶を入れたババロア。お茶の苦味や甘味のバランスが絶妙でした。別腹とはいえ満腹。食後のほうじ茶もさっぱりきりりと美味しかったです。

この夜の参加者は見事に全員女性。やさしくほのぼのとした女子会でした。4人がけのテーブルでお話しましたがなんとすぐご近所の方もいらして超ローカルな話に花が咲いたり。

お土産まで頂いてしまいました。
e0138916_2025284.jpg

美味しく、楽しいお料理の会。笑顔だけの集いは本当に素敵でした。ちなみに11月と来年1月にも開催されるそうです。ちらりと小耳に挟んだのですが11月はエスニック料理になるとか。俄然やる気の私です。ちーさん、きぃぼうさん、誘ってくださったかんべえさん、そしてご一緒できた皆さん、素敵なひと時をありがとうございました。
[PR]
by sur-lie | 2011-10-06 20:29 | 嬉しい・楽しい

かぼちゃプリン

小麦粉が今秋から値上げ、そしてバターは品薄(結果価格も上がる)だそうで。
涼しくなって一気に『お菓子作りたいモード』になっているのですが、
お財布具合がそのモードにブレーキをかけるのであります。とほほほ。

友達が最近凝っていて「毎日かぼちゃプリンを作ってるの!」と画像を見せてくれました。
粉もバターもとりあえず使わないわね、これ、いいかも~♪と私もクックパッドでレシピを検索して作ってみました。

かぼちゃは蒸篭で蒸して、皮を取って400g。
牛乳400g。
卵が4個、砂糖はかぼちゃの甘味で100~150gで調節、
今回私は100g使用しました。
生クリームは150ccを使って、50ccは飾りですって。
カラメルソース用に砂糖はもう80g使いました。
カスタードプリンはいつも圧力鍋で作っていたので、
プリンをオーブンで蒸し焼きにして作るのは実は初めてです。
21cmのフラン型に溢れるほどプリン液を入れて
(実際ちょっと余ってしまって別に小さい容器3個にカラメルソース無しで作りました)
170℃のオーブンで50分ほど、天板にお湯を張って蒸し焼きに。
e0138916_8123759.jpg

出来ました~♪
プリン類を作るのは久しぶり。

うん、なかなかきれい。
e0138916_821377.jpg


ホイップした生クリームを添えるとグレードアップして見えますね。
e0138916_8244339.jpg

相変わらず夫がいの一番に食べて、盛んにお代わりを要求しとります。
大豆は「かぼちゃはそんなに好んで食わないが、これはかぼちゃかぼちゃしてなくてウマい。」だそう。
今回はプレーンに作りましたが、次はシナモンなども入れてみましょう。
[PR]
by sur-lie | 2011-10-06 08:32 | お菓子作り

Cafe Hoapili でLunch

静かに愛されているお店 という感じがします。
9月の初めにこちらでランチをするチャンスがやってきました。
ビーフシチューのランチをお願いして、誘ってくださったかんべえさんからあれこれ東北のお話など伺いながらまったりと待ちました。
特にひどく空腹だったわけでも、急いでいるわけでもなかったのですが、それでも随分と時間がかかるのね…と思っていた私、頼んだものが出てきて納得。
e0138916_15573978.jpg

パイがかぶせてあったのですね!これは焼くのに時間が要るものね。

e0138916_15591169.jpg

中には熱々のシチューが。けっこうボリュームがあります。お肉もごろごろでした。パイ皮があって、パンも添えてあるので最近めっきり小胃袋星人になってしまった私はもてあましそうになるくらい。パンできっちり最後のシチューまで拭い取って食べましたけどね。

コーヒーとデザートもついてきました。
e0138916_1624943.jpg
























e0138916_1631971.jpg













デザートのお皿が可愛かったです。
ほのぼのしました。
e0138916_165366.jpg


常連さんもいるようで、こぢんまりながらお客さんはいつもいる気がします。
[PR]
by sur-lie | 2011-10-04 16:17 | 食とその周辺

モダン・アート、アメリカン

美術師匠・かんべえさんと乃木坂駅で待ち合わせをして国立新美術館で開催される『モダン・アート、アメリカン~珠玉のフィリップスコレクション』のレセプションと内覧会に出かけました。途中渋谷の乗り換えで山っ気を出したばっかりにプチ迷子。10代の頃は随分通った街なのに今はすっかり横浜村のobachanである事を自覚。とほほほ。

e0138916_8495163.jpg

秋空もきれい。

主催者の挨拶などなど拝聴し、テープカットで拍手をして(…したっけなぁ)、いざ内覧。ブースが10のチャプターに分類されています。どうしても最初のブースに人が溜まってしまうので前回に倣い、アタマはさっと流して後で逆走しましょう、とかんべえさんとささやき合いながら全体を巡りました。古いものは19世紀頃の作品から。アメリカ美術はこんな機会でもないと目にする事はなかったかも。ジョージア・オキーフは今までそんなにぴんと来なかったのですがやはり実物と対峙すると何か心に迫るものを感じました。オキーフの花の作品が来なかったのが残念、フィリップスにはなかったのかなー とはかんべえさんの弁。私はアフリカン・アメリカンのジェイコブス・ローレンスの連作に胸を打たれました。後は名前や作品名を控えていなかったので忘れてしまったけれど、多分、オーガスタ・ヴィンセント・タックの『熱望(Aspiration)』。油彩の大作ですが、タッチが不思議な平らかさで襖や屏風を思わせる雰囲気。私は当初作品にすっかり呑まれていたのですが、ネコスキーかんべえさんに促されて、そこからまた2人で熱心にねこを探しました…が、猫科(ライオンとか)はいるんですけれどねこそのものは描かれていませんでした。ホラス・ピピン『ドミノ遊びをする人々』という油彩は絶対ねこがいるべきだろう!という絵だったのにね!(あの、布切れの山の上にまったりと香箱を作るねこがいるべきー)

ゆっくりと堪能して会場を後に。珍しく「お腹すきましたー。」とおっしゃるかんべえさんとレセプション会場に行くと食べ物は既にすっからかん。。。でしたが、ちょうどウニのムースが並べられたのでしっかりとゲット。
e0138916_9215615.jpg

ええと、ちゃっかり泡も頂きましたよ。(アメリカのスパークリングワインざんす。○○○○ー○でも買えるはず) かんべえさんは真面目な方なのでオレンジジュースを。私はさほど空腹ではなかったのだけれど、これを食べて泡を飲んだら文字通りの呼び水となって、にわかに食欲が出てきてしまったのでした。おいおい。

e0138916_9252796.jpg

今回の目玉作品・デニスエドワード・ホッパー『日曜日』。茫漠とした当時のアメリカの喪失感みたいなものが伝わってくる気が…でも私にはこの座り込んだ男性がブルース・ウィリスに見えてしまったのは何故かしら。帰り際、美術館の外にあったポスターを撮影しました。

デジカメを買いに行く時間がありません。。。うーむ。
[PR]
by sur-lie | 2011-10-01 09:31 | Joy of life



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
全体
my loveable familiy
食べましょうよ
暮らし
食とその周辺
嬉しい・楽しい
Joy of life
心のぜいたく
横浜中華街
色々考えたりもする
ママだったりもする
おでかけ
好きなもの
Rugby!
ごはん作りましょ
Chiffon the CAT
ウォーキング
持つべきものはfriends
お菓子作り
たからもの
I love music
ガンバレアラフィー
文字とか音とか
I love cats
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧