From the clifftop

ちょこちょこケーキを食べてゐる

そういえばDEMELのケーキって食べたことがなかったなと思い、5月某日横浜高島屋で買ってみました。
e0138916_17434919.jpg

1個ずつ撮ればよかった。左からシュヴァルツヴェルターキリュシュトルテ、名前は忘れてしまったけれどフルーツとジェノワーズとムースのコンビのケーキ、そしてザッハートルテです。そういえば四半世紀前(すごいね、25年前だわ!)にホテルザッハーのザッハートルテを送って頂いたことがあるのですが、その時は正直あまり美味しいとは思いませんでした。DEMELのこれは美味しかったです。

同じく5月、トライアスロン大会が行われていた日にぶらぶら日本大通り辺りから山下公園まで散歩。久しぶりにCafe Eliott Avenueに寄りました。珍しく冷たいものを。Vivaceのアイスカフェラッテ。ウィークエンドも頂きました。
e0138916_18242619.jpg

いやー、美味しい。Vivace美味しい。目の覚める美味しさのカフェラッテ。こちらでアイスは初めて飲みましたが美味しいなー。そしてウィークエンドも。確か本郷町のHoapiliのケーキだと聞いていますが、手作りなのですが極めてクオリティの高い(手作り=素朴という良さとは違う感じで)ケーキで密かにファンです。すっきりしたレモンの爽やかさもお散歩で程よく疲れた身体(とココロ)に良い感じでした。

さて、横浜駅西口方面を目下鋭意探索中。
こちらはこちらを参考にして行ってきました、ベイシェラトン横浜のDORER(ドーレ)
e0138916_18341083.jpg

季節のフルーツタルト。

e0138916_18354332.jpg

モンブラン。

e0138916_18355919.jpg

ミルフィーユ・フリュイ・ルージュ。

お値段もお味も優等生です。おまけにホテルだからサービスもきちんとしている。この日は出勤前に行って、ケーキを取り置きしてもらい、仕事帰りに受け取りました。さらに朝の時間帯(何時までかは忘れちゃったけれど)はパンを買うとコーヒーを一杯無料サービスでつけてくれます。最近それが嬉しくて、ついここでお昼ごはんのサンドウィッチとか買ってしまうのよね。そして美しくきりりとした、それでいてやさしい「行ってらっしゃいませ。」という声に送られて仕事に向かいます。それがなんというか、とても嬉しかったりします。素直に『頑張ろう』という気持ちになるのです。

そうそう、持ち帰りのケーキは最近全部夫・なまはげと半分こで食べています。別に言い訳じゃないのですが。え?それでも多いって?
[PR]
# by sur-lie | 2013-06-01 18:54

今年もバラのトリートメント

e0138916_1610895.jpg

今年もバラの季節がやってきて、ということはまたひとつ歳を重ねるということで、強い味方が要るのだというわけで、クラルスさんのところでダマスクローズのトリートメントを受けてきました。
e0138916_1617053.jpg

ぱっと目に飛び込んできた、美しい『福』の刺繍のコースター。トリートメントの前のローズウォーターです。


バラのトリートメントはこれで3回目でしょうか。このトリートメントは若い女性にももちろんいいのでしょうが、私くらいの年齢に本当に必要な深い『女性性』に気づかせてくれる素晴らしいトリートメントです。どちらかのセクシャリティを受けて生まれてきた人間が、その与えられた役割を素直に自覚して生きていくには日本という国は難しい面が多過ぎると感じています。特に女性は難しい。男性優位の社会では女性だというだけで多くのからかいや嫌がらせを受ける局面が残念ながら多いと思います。そしてそういったダメージを受け続けていると、自己肯定感が自ずと低くなっていく。そのうちに年齢を重ね、女性本来の柔らかな素敵な部分を意識することなく過ごしてしまっているような。自分のことなのですが。ある意味難しい世代なのではないかと。

豊かで、きれいで、やさしくて、ふくよかなまろやかな気持ちでものごとを見る力がある、女性という生命(いのち)。それを最大限に楽しんで、与えられたその使命をenjoyしていいんだよ とクラルスさんのトリートメントは心身に伝えてくれる気がします。

今回終わってから二人で「すごく面白かったですね!」と感心したことが。背中のトリートメントが始まったら背中の方からきゅるる~んと内臓が鳴る音がしました。こちらのトリートメントでお腹が喜んでごろごろ云うのはしょっちゅうの私なのですが(笑)、背中側からお腹(それもわりと上の方)がきゅうきゅう云うのは初めてで、一体どこが鳴っているのかな?とうとうとしながら自分でも不思議だったのです。クラルスさんによると多分腎臓ではなかろうかと。私にはその陽気な鳴り方が『なんだかどこだかわからないけれど、お腹の中が喜んでいる!』と言っているように思いました。人間が自分の身体について(心についても)分かっている部分なんて本当にほんの一部で、こうやってきちんとトリートメントを受けると私の意識を飛び越えてちゃんときゅうきゅう鳴って(笑)喜んでいるんだと思うと、クラルスさんのGoddess handsが本当にすごいものなのだと、それに出会えた自分がなんという好運の持ち主なのだろうと思ったり。いつもすてきに温かいクラルスさんの手が今回熱いくらいで、その熱さから想いが伝わってくると言いますか。

アトリエクラルスに通い始めた数年前には思いもしなかった(でも心の深いところでは多分望んでいたり予感していたのかも)ことを職業にすることになって、するとクラルスさんと色々リンクすることが多くて、休日に散歩をしていたらまず会うことのないような地元で偶然クラルスさんとお会いしたり、他にもお互い多くの情報交換をしたいことが増えて。静かなわくわくが続く日々です。

ダマスクローズのトリートメントは6月一杯だそうです。美人になりたい人は行くべし!私も今年はもう一度行きたい!
[PR]
# by sur-lie | 2013-06-01 17:20 | Joy of life

ちょっとだけ天王町

仕事の用事で天王町へ。
お昼を食べる時間があるかも と思い、天王町に詳しい友人にメールをしてみたら即、心強い返信が。

友の導きにより、『三代目佐久良屋』へ。

追分数え蕎麦 というのが看板メニューみたいです。
ちょっと体調に自信が無かったので温そばのどれか と思っていたのですが、つけ汁に温があったのでそれにしてみました。この追分数え蕎麦、つけ汁が二種類選べてその種類も豊富で人気のようでした。

e0138916_7525847.jpg

あさりつけ(温)とカレー(温)にしてみました。ざるは3枚まで780円だそう。1枚でもいいかなと思ったのですが、お店のお姉さんに「1枚だとちょっと少ないですよ。」と教えてもらい、2枚お願いしました。

e0138916_83265.jpg

カレー。けっこうしっかりと辛かった!というか、私本当にこの手の辛さに弱くなってしまったなぁ。それにしても最近蕎麦屋のカレーに心惹かれます。だし+カレーって魅力的な味です。

e0138916_845791.jpg

あさりつけ。こうやって見るととても透き通っていますね。大粒のあさりが入っていました。鰹たっぷりの、香りのいいだしでした。お蕎麦も美味しい。ああ、もうちょっと調子のいい時に食べるべきでした。時間も押していたし。

ケーキ屋さんとか、チェコビール屋さんとか、興味津々のお店が沢山ありました。ゆっくり来てみたいなー。

あ!せんぱいご紹介のお店発見!
e0138916_812151.jpg

有名人のプライベートを追っかけるようなワクワク感を覚えてしまった。さんぱちせんぱいのガイドで天王町ツアーしたいなぁ。
[PR]
# by sur-lie | 2013-06-01 08:27 | 食とその周辺

Birthday Visconti

e0138916_7114697.jpg

私の誕生日前夜祭ということでVisconti。
長男もやってきました。家族全員で食事に出かけることが一番のプレゼントです。

e0138916_7465985.jpg

と、思ったら長男からマルセル・プルーストの『失われた時を求めて』を誕生日プレゼントにもらいました。
嬉しい!これ本当に嬉しかった!読もうか(買おうか)迷っていた本でした。大事に読もう。青豆さんみたいに、1日20ページずつ丁寧に読もう。

e0138916_7553916.jpg

でも今はみんなでどんどん美味しいピッツァを食べよう。

e0138916_7563370.jpg

大盛りでお願いしたトマトと帆立のスパゲティも食べよう。

e0138916_7583340.jpg

マリナーラ・コン・アンチョビも食べよう。

e0138916_81644.jpg

この日のカプリチョーザ(マルゲリータになんだか辛いものが載っている)も食べよう。

e0138916_82352.jpg

ドルチェは盛り合わせで、みんなで色々食べよう!

モレッティ3本、ワインは白のカラフェ1、赤2、ジンジャーエール1(これは未成年・大豆用)をきれいに空けて好い夜でした。

More
[PR]
# by sur-lie | 2013-05-27 08:09 | my loveable familiy

春の味・その他

e0138916_814455.jpg

確認したら、作ったのは4年ぶりでした。美味しかったのでずっと忘れずにいたのになぁ。というわけで、桜海老とアスパラガスの炊き込みごはん。アスパラガスは炊き上がってから別に茹でておいたものを加えます。

長男絶賛おススメのらっきょ、これも数年前から「行ってみて!絶対美味しいから!」と何度も言われていてずっと気になっていたお店。念願叶って先日ようやく入店。辛さが選べるスープカレーです。ご一緒した方(女性)は辛いものがお好きだそうで、厳かに辛さ4.5を注文されていましたが辛いものがあまり食べられなくなった私は分相応に1をお願いしました。
e0138916_89123.jpg

骨付きチキンがどーんと。でもスパイスの配合が良くてすいすい食べられます。うんうん、これはクセになるね。普段すぐ返事が来ることなんてないのに『らっきょ行ったよー』と長男にメールをしたら即『美味しかったでしょ!?』と返信が来たのには笑ってしまいました。


さて、母の日に。
e0138916_8124358.jpg

部活から帰宅し、制服を脱いでシャツとパンツに靴下という恐るべき民族衣装スタイルで次男が恭しく渡してくれました(笑)。可愛いバルーンはお店の人がサービスしてくれたんですって。ありがとう、ありがとう。
[PR]
# by sur-lie | 2013-05-26 08:19 | ごはん作りましょ

2013年春の焼き菓子倶楽部

久しぶりの倶楽部活動です。
e0138916_19371846.jpg
「クロネコさんにね、ケーキのシールがあるのよ!」とドイツ菓子祭りの時ににっき先生が教えてくださいました。本当だ、初めて見ました。もしや焼き菓子倶楽部仕様で作られたものかも?あり得ないこともない気がしますよ。そして今回は発送当日に配達されるという画期的な企画でした。

今回の焼き菓子は
e0138916_19401962.jpg

ショーソン・ナポリタン!
e0138916_1943231.jpg

愛らしい貝殻型のパイです。指示通りオーブントースターで温めて、そしてカフェハンズのハンズブレンドを淹れて食べました。バターをたっぷり使ったパイ生地ですがその効果で層がきれいにしっかり出来ているので軽やかなパイで、オレンジ風味のクリームと合います。要するに美味しいのだ。

そして、もどかしそうに包みを開ける夫なまはげ。落ち着いてちょうだいねっ。
e0138916_19485566.jpg


パンドジェーヌオランジェ。
e0138916_19503876.jpg

マドレーヌやフィナンシェといった焼き菓子に比べ、これもとても軽い口当たりです。ローマジパンも使っているそうですがなぜこんなにふんわりなのかなぁ と考え考え食べているとアッという間に無くなりました。上にちらりと載せてあったアイシングが包装と輸送の関係(たぶん)で剥がれてしまっていたのが残念。でも丁寧にホイルから外して、写真のように載せなおして頂きました。おいちー。

色々切り替わって、元気になれるものが暮らしに増えている気がします。
[PR]
# by sur-lie | 2013-05-11 20:03 | 食べましょうよ

3月後半~5月前半

備忘録的にログってことでランダムにもろもろ。

・3月末(だったよね?)に友人のアレンジで元町の山側、フェリスに向かう坂の下の和食屋さん『柴田』へ。以前は美容院だったところ。テーブルが1卓、あとはカウンターです。富山産の山海の幸が頂けます。それまで怒涛のような日々だったので(もしかしたら横浜駅東口の仕事最終日に行ったんだっけな)とてもいいけじめみたいな感じで杯を傾け美味しいものを食べました。富山の白海老とか。

・さて横浜駅西口。昨年度よもやのフルタイム、そして今年度はいよいよのフルタイム。家の中がますますひどいことに。Gもよける散らかりようだわさ。しかしそんなことでひるんではならないと自分を鼓舞し洗濯物の山を横目に過ごす。今日もこの天気(重い空気と雨)なので動き出せず。今月はリノベーションの打合せとかあるから覚悟を決めて片付けないと!

・にっき先生からお声掛け頂き、ドイツ菓子祭りへ!
レッスンに行けなくなってしまって(いつかは必ず復学するんだと心に秘めてはおります)けっこう寂しく思っていたのですが、この楽しい集いに参加させて頂いて、本当にこういうお菓子ごと というか、作ったりそれがどんな成り立ちか考えたり教えてもらうこと(もちろん食べるのも)が好きなんだなと実感。ひと切れひと切れが本当に素晴らしいケーキで、素敵な方々に囲まれて、とても豊かなもので自分を充たすことが出来ました。

・直近ではこれまた友人の誘いでそごう横浜店にて山口晃展を鑑賞。夜7時近くから観始めましたがちょうどいいこぢんまり感。作品も面白かった!澱エンナーレの映像作品にねこを発見してものすごく満足。展覧会観賞後、友人はお互いの住まいエリア近くのバーで軽く一杯→どこかでごはん と計画してくれていたのですが私の体力が及ばず今回は軽く蕎麦など手繰る感じにしてもらいました。ごめんなさい、今度は体力を蓄え体調を整えておきますので是非そのプランを実行しましょうぞよ。

・横浜駅西口通いになってから既に昼2回・夜1回という頻度で足を運んでいるトラットリアフランコ
e0138916_16252065.jpg


憧れのカンノーリを先日初めてここで食べました。素朴なお菓子なんだね!
揚げたパスタの中にクリームチーズ他(生クリームとか)を合わせたクリームが絞り込んであります。
e0138916_16363670.jpg

昨日のランチもとても魅力的な女性とここで頂きました。Kさん、楽しかったです。今度は夜飲みに行きましょう。
[PR]
# by sur-lie | 2013-05-11 16:53 | ガンバレアラフィー



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
全体
my loveable familiy
食べましょうよ
暮らし
食とその周辺
嬉しい・楽しい
Joy of life
心のぜいたく
横浜中華街
色々考えたりもする
ママだったりもする
おでかけ
好きなもの
Rugby!
ごはん作りましょ
Chiffon the CAT
ウォーキング
持つべきものはfriends
お菓子作り
たからもの
I love music
ガンバレアラフィー
文字とか音とか
I love cats
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧