From the clifftop

タグ:からだの調子 ( 24 ) タグの人気記事

私を勝烈庵に導いたものは

突発性難聴の数回目の再発で
年明けから聴力の不具合をだましだまししていました。

それが8月に入ってからにわかに悪化し、
聴力はさらに落ち
頭部の右側全部に閉塞感を覚えるほどに。参ったー。
クリニックをはしごし、比較的長期間ステロイド投与の治療をしていました。

ステロイドの副作用には色々あるのですが、
その中でもちょっとやっかいなのが食欲。ええ、恐ろしいくらい食欲が出るのです。
空腹感とか飢餓感などとは別のところで

『もっと食べられる』

と何かが囁くのです。

今から思えばあれはステロイドの副作用だ!
「とんかつが食べたい。」と夫に言ったら笑われてしまい、
「あー、良かったねー、元気になってきたんだよ、体調がいいんだよ、食欲が出てきて良かった良かった。」と言われたのですが今は見たくもないかもしれません(笑)。

e0138916_9112165.jpg


運ばれてきた時、揚げ油のにおいがちょっと鼻についた記憶があります。もちろんお店のとんかつに非はなし。多分本来の自分(加齢とか好みとかね)がちょっと出たのでは。
e0138916_9171826.jpg

美味しく頂きました。
家でも作るけれど、作り手ならお分かりでしょうが、用意して揚げて食べ手に出すともうげんなりしてこちらは食べたくなくなる というのがとんかつの特徴ではないかと思います。とんかつは基本的に私の中では外食に限ります。

病気は絶対治したくて、ネッ友さんが教えて下さった都内の某大病院にも行ってみたのですが、なんとそこで下された診断は『内リンパ水腫』。突発性難聴から移行してしまった模様です。今かかっている某クリニックでも『突発性難聴ではないかも』と言われていて、その診立てを実は少し疑っていたのですが結果としてセカンドオピニオンが取れ、今までの診立てが裏づけされた形となりました。残念ながら今のところ確固たる原因も完治の方法もわからず というやっかいな病気です。まあでも、あるものでやっていくしかありません。よくなる希望を捨てたわけでもないし。

思えばこの頃(勝烈庵に行ったのは9月初旬)、午後のお茶代わりに早い夕方中華街に寄ってあんかけ焼きそばを食べる などという暴挙にも及んでいました。こーわーいー。そうそう、とある集まりで皆さんがおしゃべりに夢中になっている間にコースで出た豚しゃぶ3~4人前をほぼ1人で黙々と食べていたこともあったっけ。いやあ~、本当に怖い。おかげさまで今胴体がねんりん家のバウムクーヘンみたいになってしまいました。代謝力が落ちているので脂肪や贅肉がしっかりと蓄積されたわけです。

とにかく、ようやくひと段落したこともあり、気持ちは少しゆっくり出来るかな。
[PR]
by sur-lie | 2012-10-06 09:37 | 食とその周辺

311後に立て直してもらったこと

先月末(つまりこれも4月の話です)、数年ぶり(!)にお伺いしました。
クラルストリートメントサロンです。

311後、精神的にも肉体的にも何かがっくりと『落ちて』しまった感がありました。気持ちが泡立ち、なのに気力が湧かない、動けない。疲労が特に顔に顕著に現れ、しみが濃くなり皺が増えました。311以降4月の前半まではさらに、身体全体が浮腫んでしまったような感じでとても辛かったです。

なかなか足が運べなくなっていたのですがクラルスさんが発信してくれる情報はいつもとても頼りにしていて、ツイッターの呟きも参考にしていました。311後は特にそうでした。手の力の話お味噌と玄米と梅干の話など、何度も読んだ気がします。
そんな中、特に響いたのがこの話でした。→
ほぼ全部、私に当てはまりました。
(リンクして思い出したのですが、私コメント書いてますね…思わず書き込みしたのだと思います)
これは伺った方が絶対にいい!そんな風に本能が騒いでいる気がしました。

e0138916_222079.jpg

クラルスさんがその日の私に選んでくれたのは、凍頂烏龍茶。ふくよかな香りとすっきりとした味わい。

e0138916_2263966.jpg

もちろん、チャクラトリートメントをお願いしました。
トリートメントに使うオイルをいくつかの香りを嗅いで選ぶ時、やはり私の第一チャクラがとても弱っていることがわかりました。咳き込んでしまうほどに嫌だと思ったその香りが第一チャクラを司るとクラルスさんに教えてもらい、驚くのと同時に女性としての・動物としての自分の本能の力を知りました。

そして、丁寧に力強くあたたかく施されるクラルスさんのトリートメント。

楽になりました。
自分を取り戻す気力をもらいました。
言葉にならない・出来ない深いところを整えてもらいました。

今、あのような大変な震災の後だからこそ、機会があれば多くの人にクラルストリートメントを受けて欲しいと思います。女性は命を宿す使命を与えられた性だからこそ自分を大切にしなくては。

e0138916_18483392.gif

[PR]
by sur-lie | 2011-05-20 22:52

weblog July 23~

7月23日
仕度が出来ているのかいないのか超いい加減な大豆にいらいらしながらも送り出す。第12回東日本ジュニアラグビー菅平ジャンボリー(ま、合宿です)への参加。ジュニアは中学生までなので小学校3年生から行ったこのジャンボリーへの参加もこれで最後だと思うと感慨深い。

今や年に一度の旅行なので、この菅平応援にかぶせて他にも足を伸ばそうと夫。大豆を駅まで送り、私達も仕度を整え出発。詳細は追々。

7月25日
いつもならだらだらとあそこも・このチームも と試合を見たがる夫だが、大豆たちの試合が午前中で終わったためそこでさっくりと帰路へ。思ったよりずっと早く帰浜できてその日のうちに自分たちの洗濯物を全て終えることができてひと安心。

7月26日
仕事。夜、山ほどのくっさい洗濯物を抱え真っ黒に日焼けした大豆が帰宅。

7月27~28日
家事・仕事等。28日の仕事帰りは部活をさぼった休んだ大豆と待ち合わせて買い物に付き合わされる。身体の大きさが半端なので元町のGAP,Tommy Hilfigerなど見て回るが中々サイズが無い。結局洋服は伊勢佐木町のユニクロまで出向きようやく満足のいくTシャツなどを買う。身体が丈夫だと買い物は丁寧に出来るのだ と大豆に付き合いながら痛感。私は買い物は面倒臭い。疲れてしまうので長く吟味することが出来ない、しない。だからファッションセンスはめちゃくちゃ。この大豆のこだわりと丁寧に見立てる性格は父親譲り。
27日より検査に備えて食餌制限。生野菜・果物・豆類・胡麻・繊維質全般等禁忌。28日深夜はラキソベロンの効果で何度もトイレに行かねばならず疲労困憊。

7月29日
今月(自分自身の)最大のイベント、大腸・胃の内視鏡検査。朝10時半に受付して約6時間。8歳の頃から手術と検査・入院に慣れてしまったので10分おきに腸内洗浄薬(ニフレック)を飲むのも淡々とこなす。嫌な味の液体を2リットル飲まねばならないが、そういう時意識を真空にすることが出来る。お腹ががぼがぼになるのも、口の中が嫌な味で一杯になってしまうことも無視する。他の方はけっこう辛そうにしていらした。検査自体は思っていたより消耗は少なかったけれど大腸内視鏡の痛さは尋常ではなかった。ドクター・ナース共に「よく我慢した、よく頑張った、あれは痛い!」と絶賛(?)。癒着部分がそれだけひどいということか。麻酔で朦朧としていたので定かではないが腸には問題がない模様で一安心。胃にポリープ有り と聞こえたようだが果たして。来月初旬に検査結果の診断あり。思わぬコネクションがあり既にセカンドオピニオンが取れているような状態なので、癒着除去の手術を仮に勧められてもきっぱりと断るつもり。
夜は入浴禁止でシャワーのみとのこと。やはり上下内視鏡は相当身体には負担なのだろう。10時を回った時点で泥のように疲れ果て昏倒。
[PR]
by sur-lie | 2010-07-30 09:01 | 暮らし

さて、再診

予約の時間を間違えて、2時間も早く病院に行ってしまいました。もうちょっと休んでから行きたかったのに。予約表のスリップを確認しなかった自分のミス。やれやれ。

レントゲンだけ先に撮ってもらい、家まで戻る気力がなかったので
e0138916_1733174.jpg

イトーヨーカドーまで戻って、フードコートで暇つぶしをしていました。
蒸し暑くて、周りの人が汗を拭きながらアイスコーヒーなど飲む中で熱々のカフェラテを。

その暇つぶしに呼び出された友人も気の毒に。本当に気持ちの良いひとです、ありがとうね。
e0138916_17373592.jpg

えー!?ipad買ったのーー!?(驚)

避風塘花蝦ですか…?わかりました、いぢめないで下さい、今は食べられませんから(嗚咽)。
e0138916_17392194.jpg


さて、再診結果。目下のところ症状は治まりました。しかしお医者さんはちょっと渋い顔。今まで大事に至らずどうにかやり過ごしてこられたのは運が良かったのと自己コントロールが効いていたからだけれど、再発の頻度や年齢(とほほ)を考慮するとこれからのことをきちんと考えなくてはならないでしょう とのこと。で、来月内視鏡検査を受けることになりました。ビロウな表現で申し訳ありませんが、上から(胃)と下(腸)からと両方ですって!

うわあぁーーーemoticon-0107-sweating.gif

しかし今回はけっこう言われてしまったのよね。イレウスは命に直結する病気です!と。これからの事を考えて、手術も考慮にいれた方が良い と。そういえば今までも入院の度に手術での癒着除去については何度も言われてきたのです。でも、今まで何とかその状況を逃れてこられたのであまり真剣に考えていなかった というのが正直な気持ちでした。
でも…年を取るって嫌だなぁ と思ったのですが<このドクターは自分のために(経験値を増やすために)オペをしたがっているのではあるまいか?>などと考えてしまう自分もいたりするのは確か。よくないマイナス思考ですね。全ては来月の検査結果次第ですが。

とりあえず再診結果はシロで、短い時間ではあるけれど友達とおしゃべりも出来たし、ようやく少し食欲が出てきたのでまたまたヨーカドーに寄って『リンガーハット』のちゃんぽんを。友人から『消化に悪いからイカは残すように』とメールが入ったので、試しに「イカ抜きで作ってもらうことは出来ますか?」と聞いてみるとOK 。忙しい時間は忘れてしまうと思うけれど、この時間なら大丈夫 とカウンターの女性。こういうのはありがたくて嬉しいですね。

嬉しいイカ抜きちゃんぽん。
e0138916_18503997.jpg

本当はあんかけ焼きそばを食べたい気持ちがあったのだけれど、水分を多く摂取するように言われたのでこちらを。このところ1日1~2食で、かき玉+長葱にゅうめんを食べるのがせいぜいだったので、この1杯のおかげでちょっと活力が湧いたかな。やはり口からしっかり栄養を摂ることは私にとってはものすごく重要なことです。
[PR]
by sur-lie | 2010-06-29 19:02 | ガンバレアラフィー

weblog.June 20~

6月20日
・前日にガス給湯器が不調をきたす。翌日事務所についてからライフバルに連絡をすると夕方点検・修理に来てくれるというので3時まで仕事をして早退。
帰宅直後から徐々に胃の辺りに痛みが。波のある痛みに耐えながら急に入った訃報(訃報は急に決まっている)の対応等をこなす。
夜10時半頃、もうこれ以上痛みを我慢しても改善も回復もしないだろうと見切りをつけてみなと赤十字病院の救急外来へ。結果それが良かった。血液検査と画像診断から完全な閉塞と炎症を起こす前の腸閉塞と診断される。ラクテック注を点滴。午前1時半頃帰宅。

6月21日
・10時半の予約でみなと赤十字病院にて再診。同じくレントゲンとCTによる画像診断。診断結果も前夜と同じ、何とか入院を要しないところで踏みとどまっている感じ。ラクテック注500ml点滴。大建中湯と酸化マグネシウム、頓服としてブスコパンを処方され帰宅。

6月22日
・通夜式へ。

6月23~26日
・最低限以下の用のみこなし、ほぼ寝たきり。今日は授業参観をパス。
e0138916_21551085.jpg
明日は仕事。
今までにない無気力感は腎機能の低下から来るものか。しばらくは静観。要静養。入院・手術を免れただけでも良しとしよう。
[PR]
by sur-lie | 2010-06-26 21:59 | ガンバレアラフィー

主婦検診の翌日は目黒の歯医者へ

あんなに体調を崩すとは思っていなかったので木曜日に検診で金曜日に歯医者という予定は少々きつかったのですが、それよりきつかったのは右上半身の頚椎症の痛みでした。この症状に苦しんで目黒の歯医者さんに行くようになったので-そして時間をかけて少しずつ調整し、すっかり治していただいていたので-『行けば何か必ず変化があるはず!』と信じて(翌金曜朝もまだバリウムを体外に排出していなかったのもとても怖かったので)頑張って出かけました。

右半身の痛みとしびれについて訴え、さらに前日の検診でバリウムを飲んだことも伝え、それを歯医者さんはふんふんと聞きながら私の身体を独特の方法でチェックしてくれました。左下奥歯も少し削ったような記憶が。不思議なのですが、その身体チェックをされるととにかくすーっと眠ってしまうことが多いのです。今回は本当に眠くて、まだ歯を削っている最中でも眠っていて口が閉じてしまい「口開けて!」と言われてしまいました。

「まだ痛いのは取れないと思うけれど、(最終的には痛みは取れて)治るよ。」と言われ、少し気持ちが軽くなりました。このところの私の治療インターバルは1ヶ月毎くらいでしたが次回は1週間後と言われました。多くを語らない歯医者さんなのでその理由はなんとも言えませんが、多分私の痛みと身体の状況からそう判断されたのでしょう。


数日前からクリーム系のこってりしたパスタがなんとなく食べたかったのですがカラダが受け付けない感じだったので小菅のお蕎麦でお昼ごはんを摂ることにしました。

まだまだ寒いので『錦(にしき)そば・温』を。
e0138916_2352462.jpg

『もずくそば』と随分悩んだのですが、お店の女性の説明を伺ってもっと暖かくなってから冷たいもずくそばを頂くことにしてこちらを。生姜が効いていてしみじみ美味しかったです。蕎麦のもっちりした風味が身体に沁み込むような気がしました。

帰り際「いつもありがとうございます。」と声をかけられて恐縮することしきり。去年はほとんど来られなかったのにちゃんと覚えていて下さっていたんですね。本当はちょっと一献玉子焼きや焼き海苔あたりと一緒にきこしめてまったり過ごしたいのですがその後も用事があったので叶わず。嗚呼、不良したいよう。どなたか今度目黒で昼間っからいかがです?小菅、いいですよぉ。

さて、歯医者さんでの治療の翌日から『耐えられない痛み』だった右半身は『耐えられる痛み』に変わりました。口腔ケアというのは虫歯の治療だけではないのです。目黒の歯医者さん曰く『虫歯も身体全体のバランスを取るために必然で出来る場合がある』そうで。虫歯治療をして病気になったりする場合もあるようです。ちなみに私は今回右半身の痛みとしびれが出来てから、一箇所虫歯が(というか歯の欠損が)大きくなってしまいました。何か関連があるようです。
[PR]
by sur-lie | 2010-01-27 23:25 | 色々考えたりもする

これは今回の回復食なんです、ええそうですともっ

ちーさんから鰻の後から激しい体調不良になった下りでコメントを頂いたのですが、それを読んで実は息が止まるほど驚きました。だってね、鰻の翌日かなりボトムな体調で仕事に行って、(おまけにその仕事帰りに寄り道してコーヒーなんて飲んじゃって、)その翌11日の月曜日から全く起き上がれない状態になったのですが、実はその間ずっとずっとずっとずっと食べたいものがあって、14日に夫に頼んで買って帰ってもらったんですもの。
それは何かって?まずは鰻↑の記事のちーさんが書いて下さったコメントを今一度ご確認下さい。























e0138916_23534677.jpg


e0138916_23595258.jpg


ええそうです、無性に食べたかったのは
フランクフルタークランツです。

(ちーさん、私あなたのコメントに本当にのけぞりましたっ)


ケーキだなんて!おまけにナッツ入りのバタークリームが塗ってあるのに!信じられない!どこまで意地汚いんだ!分別というものがないのか!その食い意地が症状を悪化させているのではないか!!


ええ、なんとでもおっしゃって下さい。この『フランクフルタークランツ渇望症候群』にはユングも膝を打つような深層心理も働いたと固く信じているのですがメンドクサイので割愛します。英国では365日数十年間フィッシュ&チップスだけを食べ続けて血液数値や健康状態など全く問題なくお元気な老紳士がいるそうです。人間が本当に弱っている時には栄養バランスだの何だのって関係無くて、もし『ああ、あれが食べたい!』と思い浮かぶものがあればそれが一番いいんじゃないかしら。よれよれだった先週、起き上がれる時にこのフランクフルタークランツをうすーく切ってちょっとずつ食べて命を繋いでおりました。ちなみに同じ日に夫は八天堂のくりーむパンを買って帰宅したのですがこちらは見るだけでダメでした。

そっけないくらいにシンプルなスポンジの部分と上質のバターで作られた軽い口当たりのクリーム。このクリームの美味しさは以前キッチン山田でレッスンしたケーキを思い出させる味でした。使用材料やレシピは違うのですが、やはりドイツ~オーストリア~東欧系の真面目で質実剛健なケーキにはどこか共通点があるのでしょう。
e0138916_0273461.jpg


具合が悪くなる時いつも食べたいというわけではなく、今回の体調不良にはフランクフルタークランツが私にとってのお粥のような役割を果たしたのだと思います。本当だってば。本日体調は9割回復しております。残るは右半身のしびれと痛み。こちらは長期戦ですからある意味10割復調と言ってもいいかと。
[PR]
by sur-lie | 2010-01-25 00:30 | 食とその周辺

象のような脚をした馬車馬のように働く妻がいいと思う

ブログを書いていてぼんやりと分かってきたのですがどうもこの時期は私にとって鬼門のようです。去年の今頃もウイルス性胃腸炎だーなどと言ってヨレてますね。さらに目下頚椎症も併発してさすがに辛いつらい。やっと6.5割回復といった感じの昨日今日です。で、こんな状態であってもどうしても動かなければならないので完治は遅くなります。寝込んでいる間はさすがにお弁当作りはパスしたけれど、家事もあり仕事もある主婦。パートとはいえ、いいえ、パートだからこそこの不況下労働条件も厳しく気軽に休むわけにもいかず、たいしたことはしていないのに仕事を終えて帰宅するともうぐったり。体力や健康面がまったく主婦向きではないのよねー。

で、タイトルのまま、いつも夫に因果を含めておるわけですな。来世はそういう嫁をもらいなさいと。

脚は今の妻(私)も当てはまらないわけではないのですが。

あ、でもこれって昭和な考え?今の若いママはみんなスレンダーで元気で美しいものねぇ。スタンダードレベルが高すぎると思う。

ま、今因果を含まれても夫も迷惑だとは思いますが。現品(妻=私)は返品不可だし。

と、病気の時には人間阿呆なことばかり考えてしまうと思いませんか。私だけ?

ウイルス性胃腸炎で食事がほとんど食べられなかった私に「美味しかったから食べさせたくて」夫が買ってきてくれたくりーむパンの数々
e0138916_7564358.jpg

小倉・生クリーム・チョコ・抹茶・カスタードのくりーむが詰まったパン。まーなんて美味しそう(棒読み)。
ほぼ、長男と大豆の胃袋に消えました。いくら甘いもの好きとはいえこの状態では無理っ。

馬車馬のように働く は絶対出来ないけれど、このぱんをもくもく食べていたら象の脚にはなれそうですね。今回は小倉をひと口味見しただけに留まりましたが。
象のような立派な安定感のある脚で、牛歩でもいいから確実に回復に向かってゆきましょう。

↓コメントありがとうございます。お言葉に甘えて今回はレスはパスさせて頂きました。
[PR]
by sur-lie | 2010-01-19 08:12 | 暮らし

日々のモザイク・24時間の使い方や気力や体力や


今日都内某所でリアルスカート男子を見ました!外国の方でした!デニムのプリーツスカートからノーマン・ロックウェルの絵に出てくるような、ひざがぽこっと出ている、あの特長のある骨格の脚がにゅっとながーく出ていてびっくり。信号待ちをしながらその後姿をじぃ~っと見つめてしまいました。デジカメも携帯電話も持っていなかったので盗撮ならず。(←しちゃいけませんそんなこと)うーん、でも時間とチャンスがあったらインタヴューしたかったなぁ。似合っているのかいないのかさっぱり分からなかったけれど、本当にそのようないでたちの人を見られて、東京に行った甲斐があったってなもんです。東京行きの目的は全く違うものでしたが。(ま、病院通いですが。)


24時間をきちんと使っている という実感があまりありません。
つい最近ネットのニュースか新聞で『生体肝移植をした人・「疲労感が増した」と話す』という感じの見出しを見つけて記事を読んだのですがその感覚がすごく分かります。疾患等がなくても開腹手術をしてさらに内臓を摘出したり切除したりした身体というのはとても疲れやすくなると思います。基本的に私は午後になるとどうにも身体が重くて、少し横にならずにはいられません。朝っぱらからそんな状態のこともしばしばです。で、ちょっとお昼寝のつもりが2時間くらい昏々と眠ってしまい、その後しなければならないことにものすごく追われる。たかが2時間、されど2時間。午睡として2時間が寝過ぎなのは重々分かっているのですがその睡眠欲求がどうしても起こってしまいます。

ところがこのところなかなか調子が良いのです。午後になりちょっと眠いなぁ と思っても身体が何とか対応して動き続けてくれるのが分かります。すると微々たるレベルとはいえ物事が片付きます。少し余裕が出来ます。気力があって身体が動く状態は私にとっては超能力か奇跡に近い。今はこの奇跡が私の常態になりますように!と願いながら過ごしています。原因はこれかなぁ と思うものがちょろっと。乳酸菌を継続摂取している事とかね。腸内環境を整えるというのは本当に大切なことなのですね。

e0138916_1662647.jpg


そんなこんなで遅れに遅れたブログ開設3周年記念の焼き菓子がようやく出来上がりました。まったく、たいした事のないものにこんなに時間がかかって情けないやら申し訳ないやら。
そらまめ小僧さん、柊響さん、めめさまさま、お待たせ致しました。今日発送の手続きをしましたので受け取りよろしくお願い致します。

こういう事をしてみて改めて師匠のすごさを思い知ったり。常に同じ状態でベストなものを作るというのはやはりプロで、プロだったら身体の不調など訴えている場合じゃないんですよね。それだけに師匠の肩が心配だったりするのですが。

焼き菓子倶楽部・10月頒布のタルト・ポティロン。(クリックすると画像が大きくなります)
e0138916_16184334.jpg

こーれーはーだーいーすーきーでーすーー!私の中でガトー・フランボアがダントツ1位だったのですがここに来て1位の座はどうやらタルト・ポティロンになりそうです。かぼちゃのほっこりした風味と、レーズンと、アプリコティの三位一体の美味しさ!で、この間のレッスンの時にせんせいがこのタルトの用意をされていたのをちらりと拝見したのですがたったひとりで計量-製作-配送他をこなして、もちろん数も多く作って、レッスンも開講して!せんせいのその気力と体力も奇跡のひとつかもしれません。

いつもにも増してこのタルトは惜しみ惜しみ家族に分け、もちろんあっという間に完食だったのですが、実は大事に取っておいた最後のひと切れをラップを噛み千切って食べてしまった不良ムスメはこちら。
e0138916_16464164.jpg

「だっておかーしゃん、ワタチがここにいるといつも『かぼちゃ姫』って呼ぶじゃない。かぼちゃのタルトを頂くのはトーゼンでち。」

またぽんぽん悪くするでしょうがっ。
[PR]
by sur-lie | 2009-11-06 16:59 | 暮らし

師匠を落として?インド屋さんへ!

腸内ウイルスも徐々に沈静化し、ほぼ復調かと思われます。たくさんのご心配・お心遣い等々多方面から頂戴し本当に感謝です。ありがとうございます。ウイルス性胃腸炎に全くかからないという具合にはいかなさそうですが、これからは罹患する頻度を減らしていけるようにしなくては。寝る前の植物性乳酸菌飲料はなんとか習慣となってきました。切らさず準備しておくのがちょっと大変だったりもしますが。ストックあったけれど昨日も買い忘れたし。


今ちょっと家の中もあれやこれやと忙しく、家事と賃仕事でいっぱいいっぱい!というのが現状ですが然るべき時が来れば空腹を覚えます。何もしていないのに、いえ、何も出来ないからこそ煮詰まったりもします。そういう時にはご近所のフードマイスターに『お茶しない?』とかついメールしてしまいます。

実はフードマイスターのちー師匠には私はよく叱られておるのです。中華街で「あのさー、アオザイが欲しいな~♪買おうかと思うんですが♪」と言えば「アオザイ…着ないよ?どこに着て行くの?結局着ないんだよ?それでも買いたいですか?」と諭され、今回の胃腸炎でまだよたっていた頃、クリニックの帰りにちょこっとJ's GARDENで会って、ティーバーのカフェラテにお砂糖を入れたら「ああ…カフェラテなんて飲んでるし…しかも入れちゃったのねぇお砂糖…」とやさしくつぶやかれ、そういえば道を歩いている時も注意力散漫な私の腕をしっかりと取りまわりの人にぶつからないように方向操縦してくれるし、学年一緒だけれど私より若いのにまるでママンのようなちー師匠…(涙)。ちーさんやさしいからあんまりきつく言わないのよね、それが余計響くのよね…(嗚咽)。

ちょっと前から2人して『気になるよね!』と言っていたインド屋さんが近所にあって、過日お茶しない?とか言いながらインド屋さんに行くのはどうでしょーー?みたいな事を言い出したのは私です。ええ、どうせそうです。でもきっと反対されるよなぁ。私の体調を心配し、あえて厳しく接してくれるちー師匠を落とすにはどうすれば良いのか!?答えはこちらにございまして、思惑どおりインド屋さんに繰り出すことになりました。やっほー♪

e0138916_115073.jpg

上にもリンクしたけれど、ちーさんがとてもきれいな写真を載せているので私はこれ1枚のみで。私はサグチキンカレーにナンです。お店によってナンの味が微妙に違いますね。タージ・タンドールのは生地自体もかなり甘い感じでしたが、こちら(ONBOMBO)は甘さがもっとあっさりです。ごはんとして頂くなら私はこちらの方が好き。上にさっと塗ってあるものの良い香り、ちーさんが「ギーだよね。」と教えて下さいました。ギーってこんなに甘い香りなのね。ほうれん草とチキンのカレーも美味しいです。ナンですくって、ちーさんの『本日のカレー』もつまみ食いして、ああ美味しいし、楽しいね。

e0138916_11272569.jpg


お店は、私達が座ったらちょうど満員!という感じで(カウンターは空いていましたが)ママ仲間マダムに偶然お会いしてびっくりしたり嬉しかったり、2階という立地はどうかしら…などとちょっと案じたのですがなかなか流行っている様子でした。夫@雄僻サマ(オヒガミサマ)が「で、いつ連れてってくれんの!?」とウルサイのでまた近いうちにお出かけしましょうかね…。
[PR]
by sur-lie | 2009-10-22 11:37 | 持つべきものはfriends



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
全体
my loveable familiy
食べましょうよ
暮らし
食とその周辺
嬉しい・楽しい
Joy of life
心のぜいたく
横浜中華街
色々考えたりもする
ママだったりもする
おでかけ
好きなもの
Rugby!
ごはん作りましょ
Chiffon the CAT
ウォーキング
持つべきものはfriends
お菓子作り
たからもの
I love music
ガンバレアラフィー
文字とか音とか
I love cats
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧