From the clifftop

タグ:横浜中華街 ( 26 ) タグの人気記事

日々のモザイク・中華街でランチ

ほぼ、約1年ぶりの中華街ランチです。
相手をして下さったのはクラルスさんです。急にお声をかけたにも関わらず快く乗ってくださいました。もう感謝感謝。

お店の候補をいくつかご用意して下さっていたクラルスさんに是非ここで!とお願いしてチャイハネ ネネカフェに連れて行って頂きました。

クラルスさんとのお付き合いも既に6年になろうかというところです。ランチをご一緒するのが初めてだなんてウソみたい。
e0138916_1945597.jpg

体調を整えていただくのはもちろん、色々な物事の『きっかけ』になるヒントを沢山下さる心強いセラピスト。ここ1年は夫もお世話になり、驚くことにあの(どの)夫が「クラルスさんがこう言ってらしたんだけど…」と言えばほぼ100%言う事を聞くという素晴らしい影響力。だからと言って強面のばりばりした女性を思い浮かべてはなりません。明るく、ユーモアのセンスがあり、可愛らしいものが好きなキュートな女性なのです。

盛りの良さが魅力の蒸し鶏と海老のカオマンガイ丼です。
e0138916_19352824.jpg

色とりどりで見た目の楽しいこと。お味もいい。そしてボリュームがすごい。食べ応えがあります。

さて、このボリュームランチを食べながらふたりの話は尽きません。
深く言えば、お互いのこれからのライフワーク・人生のテーマとでもいいますか。
クラルスさんにはなんだかいつも励ましていただいています。
e0138916_19323199.jpg

何かがじわっと動き出す予感。
もう、既に、動き出しているのかな。風が吹いてきたのかな。

もう少ししたら、コメント欄も開けますね。
[PR]
by sur-lie | 2013-03-09 19:55 | 暮らし

同發別館宴会!


以前から「行く時はボクに言って!」と声をかけて下さっていたりゃんぐさんにお願いして、同發別館でメニューを作っていただきました。あ、メニューを考えて下さったのはりゃんぐさんじゃないですけどね、もちろん。
e0138916_7301619.jpg

期待が高まります。

四色前菜盛り合わせ。右手前の鴨ローストには梅ソースをつけていただきます。
e0138916_7335543.jpg

鴨ダントツ人気!4人に対して6切れだったので残り2切れはじゃんけんにて争奪戦。

冬瓜の丸蒸スープ。中の具材のいくつかは、大きな冬瓜のふちのところに飾ってありました。それがとてもきれいで、そこを撮りたかったのですがサービスの人が素早くて撮影ならず。
ふちに乗せてあった色々はスープの中に投入されました。
e0138916_736289.jpg

e0138916_7362080.jpg

夏の中華街といえば冬瓜。水を一滴も使っていないそうです。冬瓜から出た水分だけで作られています。
美味しいぞー。

ASAKOさまとNutsちゃんにお任せで選んでもらった、ン十年ものの紹興酒。
e0138916_7534255.jpg

乾杯のビールもそうだったのだけれど、ちゃんとお店オリジナルのグラスや徳利(って言います?この紹興酒の容れ物も?)で出てくるとああここは中華街の老舗だなぁ と思います。
e0138916_7552190.jpg


大海老とアスパラガスの黒オリーブソース炒め。
e0138916_759367.jpg

オリーブの風味は正直あまり感じられなかったけれど、アスパラのしゃくしゃく感が!火の通し方が絶妙!海老もぷりぷりとして食感の楽しい一皿でした。

イベリコ豚と茄子の特製味噌炒め。
e0138916_852814.jpg


ピントはどこに合わせたの?いんげんのXO醤炒め(以下判読不可。お豆腐だよね?)。
e0138916_81114100.jpg


海老のライスペーパー揚げを撮るのを忘れたらしいです。
香港風醤油焼きそば。懐かしさを感じる味。
e0138916_8153083.jpg


やわらかアンニンドーフ。なぜこれだけピントやホワイトバランスが合っているの?酔写?
e0138916_8194496.jpg

一品一品の下ごしらえの丁寧さ、さすがの老舗だと思いました。

ラストオーダーとなりますがいかが致しましょう と言われるまで居座りしゃべる食べる食べるしゃべるしゃべるしゃべる(笑)。閉店まで居座った私達はそのままスタバへ移動。なんとそこでも「お客様、そろそろ閉店時間でございます…」と恭しく言われるまでしゃべり続けてしまいました!翌日『まだ話し足りないわ』とASAKOさまからメール。やっぱり合宿するしかないかもー。
[PR]
by sur-lie | 2011-08-11 09:13 | ママだったりもする

さよなら安楽園

以前「あそこってどういうお店なんでしょ?」ととある中華街プロに聞いたらとってもユニークな答えが返ってきたのでずっと気になっておりました。さらにこういうご紹介を読んだりして興味を覚えていたのですが、

6月に一度ランチで行こう と思っていたら5月末に閉店という情報が!

最近また中華街は動きが活発なような気がします。

閉店を惜しむ多くの方が駆け込みで随分いらしたようです。
行けずにお別れか…と思っていたら、5月の最後の日曜日に雨が降ったおかげでなんとか訪問することが出来ました。雨に感謝。

e0138916_7451048.jpg


あちこちのブログで拝見し、初めて入店したのに既に慣れ親しんだ気持ちの窓。
このガラス1枚で大通りの喧騒とお店の静かな雰囲気がくっきりと隔てられていました。
映画のセットの中にいるような気持ちになります。
e0138916_7464583.jpg


昼食ということもあり、夫と2人で麺飯系をチョイス。本当は1品くらいお料理を頂きたかったのですが、映画『もののけ姫』に登場のジゴ坊にちょっと似ている注文取りのおねえさんに「お料理はね、そりゃもう量が多いんだから、持って帰れないのもあるし、お止めなさいよ。」となぜか阻止されました(笑)。

で、こんな具合。私は五目やきそばを。
e0138916_8245193.jpg


夫は海老の汁そば。少し取り分けてもらいました。
e0138916_14201849.jpg


夫はさらに五目チャーハンも。
これも前述のおねえさんにものすごい勢いで阻止されました。「そーーんなに食べらんないからおやめなさいよーー!」と。食べてましたけどね、夫。残さずきれーいに。
e0138916_14254734.jpg

カラフルです。
赤と緑で細かく刻まれていた練り製品のようなものは何だったのかしら?ナルトのようなかまぼこのような。夫婦で散々頭をひねって考えましたがよく判らず。そういえば中華街でチャーハンを食べることってないなぁ…なーんて夫に言っているそばから食べていたことを思い出したり。

e0138916_14412146.jpg















またいつか、中華街でお店を開いて欲しいです。

More
[PR]
by sur-lie | 2011-06-14 15:20 | 食べましょうよ

5月の中華街ランチ

お店の前を通りかかった時『ランチ500円』の案内を見てみんなが安い安い!と大騒ぎ。ここは酔華さんがよくいらっしゃるお店では…?と思い出し、では入ってみましょうという事になりました。『天龍菜館』でランチです。

鶏と木耳と百合の花の炒めランチはまゆちゃん。
e0138916_74588.jpg


OKDちゃんはかに玉…だったよね?
e0138916_744830.jpg


Saiちゃんと私は酢豚です。
e0138916_754072.jpg


全員分揃うと壮観だわ♪
e0138916_7103441.jpg

なぜかスープの味がとても遠くにありました(薄かったです)。酢豚はもう少し甘くてすっぱい方が私の好みではありますが、これはこれでありかな という感じ。OKDちゃんのかに玉が見た目の大雑把的迫力(笑)とは裏腹でイケました。まゆちゃんは骨付きの鶏に苦戦。昼休みはあまり時間がないので確かにこの骨をしゃぶるのは時間がかかりますね。

また別の日。
「これ、一度食べてみたいんだよねー!」といつだったかまゆちゃんが言っていたので、『日昇刀削麺』へGO。
黒胡麻坦々麺はOKDちゃんです。とても好きな味でしたが意外と辛く…頼んでいたら食べられなかったかも。香菜NGのOKDちゃんなので、遠慮なく私が彼女の香菜を全て頂きました♪
e0138916_7292445.jpg


…肉はなるべく食べないようにしている といいつつ牛肉刀削麺の私。辛いものは食べられなくなってしまったし、確か消去法でこれしか食べられるものが無かったのです。
e0138916_732231.jpg

麺自体はあの独特のもちもち感がちゃんとして、なかなか美味しゅうございました。

ランチセットなので全てのメニューに半チャーハンが。うう、炭水化物地獄だ(笑)。
e0138916_7461482.jpg


デザートに杏仁豆腐もついたのですが、さらにランチタイムサービスでフルーツ(バナナ)も出ました。
e0138916_7502056.jpg


午後からもハードな実習がびっしり。炭水化物で重い胃袋を抱えて、最後のセッションは死ぬかと思うくらい辛かった~。

ところで
[PR]
by sur-lie | 2011-06-08 08:21 | 食べましょうよ

ああ久しぶり!SALONE2007ディナー

e0138916_21554534.jpg

今年の夫からのお誕生日プレゼントはSALONE2007でのディナーでした。
先月ランチには伺ったのですが、ディナーはなんと2年ぶりです。

しかしこの日はなんとも悩ましいお誘いが突然舞い込みました。今月閉店してしまう中華街の名店『安楽園』のテーブルを取ったのでいかが とかんべえさんがメールを下さったのです。それも同時刻。ううむ、真剣に身が2つ欲しいと思いました。

午前中からのローズつながりで、
ローズリキュールとシャンパーニュのカクテルを頂きました♪
e0138916_21581959.jpg

楽しいディナーの始まりです。続く。
[PR]
by sur-lie | 2011-05-28 22:07 | Joy of life

4月の中華街ランチ

訳あって10月まで中華街でランチを摂る機会が増えそうです。

で、4月のトップバッターは千嬉楼
八宝菜ランチを食べました。
e0138916_2183563.jpg

e0138916_2195136.jpg


6人ほどで食べたっけな。隣に座ったはなちゃんはパイコー飯。
e0138916_21104775.jpg

パイコー飯とても美味しそうだった!しかしアラフィーにあのヴォリュームはきついぞ。私からしたら娘くらいの歳のはなちゃんはちゃんと完食していたと思います。

4月第二回目のランチは獅門酒楼。何となくみんなから『中華街ランチツアコン』を仰せつかっているのですが、この時はどうしてもここで食べたくてあまりに必死に歩いてしまい後続メンバーには悪いことをしました。みんな、必死についてきてくれてありがとう!でも2階の円卓で一緒に食べられて良かったね。この日は9人だったかな?
私は憧れのミステリーランチ『魚』編。この日は赤魚の油淋ソースでした。
そうとは見えませんが、食べ進むとなかなかの辛さ。う~、さっくさくの揚げ魚、たまりません♪
e0138916_2118035.jpg


右隣のまゆちゃんは…肉団子?ちょっともらったけれどこれも美味しかったです♪
e0138916_2120623.jpg


デザートは数種類の中から選べるようにしてくれました。たまにはチャレンジをしよう と思うのだけれど獅門酒楼に行くといつも杏仁豆腐を選んでしまいます。あの独特のむっちりとした口当りと味が好きなもので。
e0138916_2131378.jpg


時間と場所の関係上、延平門から西門通りを制覇しようかと思っています。

e0138916_18483392.gif

[PR]
by sur-lie | 2011-05-21 22:11 | 食べましょうよ

SALONE2007にてランチ

4月1日(エイプリルフール)のお話です。写真があるからホントの事ね。
2年ぶり、しかもランチに行くのは初めてでした。相変わらずなかなか予約が取れない人気店です。
イタリアの泡を頂いてから程なくして現れたのは蕪のスープ。
e0138916_854172.jpg


自家製パンと
e0138916_931013.jpg


前菜3種。
e0138916_8425869.jpg


ご一緒して下さった方はオルツォ・白身魚のラグー(だったと思う)。オルツォは麦の意味…でしたよね?要するに麦のリゾットかしらん。
e0138916_90525.jpg


私はラヴィオリ・リビエーノ。牛・豚・鶏のミックス挽肉入りラヴィオリです。
ラヴィオリのまわりにあしらわれたピンク色のソースはアップルソース。つけて食べると美味しい。中のお肉は信じられないくらい細かく挽いてありました。
e0138916_915071.jpg


春らしいあしらいが素敵なインバナータ。ディル、大好きです。お魚は…なんだったかしらー。これは私。
e0138916_941487.jpg


牛のコットレジェーロ。じっくりと仕込まれたお肉は上品な中にも野性味があふれています。黄色いのはポレンタ。
e0138916_955097.jpg


ポモドーロはお好きな量を ということで、女性平均のアドヴァイスに従い60g。あれ?80gだったかしらん?最近こういう事が段々覚えられなくなっているなー。大人味ポモドーロ。
e0138916_1425627.jpg


小さなドルチェ。
e0138916_14111757.jpg


もう2週間以上前のお食事なので詳細ははるか忘却の彼方というのが偽らざるところなのです。もちろん美味しかったけれど。それよりご一緒した方とのお話やカメラを見せて頂いてわくわくしたのが本当に楽しかったなぁ。また遊びましょうね。そしてこれからもよろしくお願いしますです。

e0138916_18483392.gif

[PR]
by sur-lie | 2011-04-15 14:25 | 食べましょうよ

気がつけば

4月も既に7日ですか!
4月に入った途端に予定がぎっしりです。見事に毎日動き回っております。3月に中止になった大豆の中学校卒業式が今日ありました。決定して連絡があったのは昨日。私は絶対外せない用事があったので行けず。そして明日が高校の入学式。ちなみに長男の入学式は5日でしたが「ダメ」と言われたので行きませんでした。ちぇっ(-_-) というわけで何とも気ぜわしいです(笑)。もうワケが判りません。

でも、4月はこんな素敵な泡.。o○ ○o。.など片手にとても素敵な方とのランチで幕を開けたのであります。
e0138916_2274081.jpg

本当に全く時間が無いので思わせぶりなこの1枚で今日は止めておこう。ふふふ、性格もどんどん悪くなるなー(笑)。

e0138916_18483392.gif

               最近シミもシワも増えて、お顔も悪くなったおかーしゃんですねー
[PR]
by sur-lie | 2011-04-07 22:10 | 嬉しい・楽しい

金陵にてぐだぐだと

頑張っているお嬢さんがいます。
working girlでいらしゃる(らしい)。
資格取得に向けお勉強もして
4にゃんずのお世話まで。
加えるならば圧ラーgirlでもある彼女(今はどうかな~)。

絶対いい子だと思うなー。

そして彼女は今ものすごい中華街ランチ制覇計画を実行中!
その名も『横浜中華街カードの旅』

もう、毎回毎回手に汗握ってかなり陰ながら応援しています。
喫煙の可否まで捨て身で、ガチで確認するその姿勢。
中華街ランチのジャンヌ・ダルクと秘かに呼んでいます(私だけ)。
Noコネ、no事前調査。
出来ませんよ、なかなか。私だってもちろん安全牌狙いですから。
だからけっこうスカ率も高いようです。
ごはんがイケてないお店レポートの時には涙しました。分煙なしもきついです。
時折挟まれる『休カー(ド)デイ』が微笑ましい。

そんな彼女が第5回目にして引き当てた当たり系!→☆☆☆
心から拍手を送りました。ええ、パソコンの前で。

彼女の勇気を称え、私も焼き物を頂きたいものです。
…という気持ちからか先日『金陵』に引き寄せられてしまい…



e0138916_10182032.jpg

クチが勝手に動きました。「ビーール下さい…」。

e0138916_1018594.jpg

ひと呼吸して出されたザーサイでさらにまったり。猛暑だし、2階のお食事スペースには私ひとりだったしぃ(言い訳多すぎ!)。

叉焼と蒸鶏の合わせ丼にしてもらいました。家鴨はもう終わってしまっていた、ランチタイムには少々遅い午後(ええ、当初の予定では叉焼+家鴨でした)。叉焼の陰に隠れてしまいましたが、ゆで卵半分も乗っています。きれいな丼だわ~。そしてすごい盛りだ!
e0138916_10275763.jpg


昔むかし香港に居た頃、テニスレッスンが終わった後で仲間(香港人)がパックに入った叉焼丼を買ってきてくれてみんなで食べた事がありました。こんなきれいなのじゃなくて、野菜なんてもちろん乗っていなくて、ごはんは長米で、「その食べ方(日本式のお箸の持ち方)だと食べられないわよ、こうやってお箸を立てて食べなさい!」とWendyがお手本をしてくれて…叉焼丼を食べるとその頃のことがわあっと思い出されます。人生の中で2番目くらいにしんどかった時期だけれど、WendyとFlorenceと、そしてちょっとシニカルなCindyがいつも私の面倒を見てくれて、楽しかったこともいっぱいあった日々。

叉焼の美味しさは言うに及ばず。蒸し鶏にかかった生姜の効いたたれがとっても美味しい。鶏も臭みなど一切なくぷりぷりとして滋味にあふれています。たれはもうちょっと欲しいくらい。

目の前の食べ物の美味しさと、その味から喚起される思い出でアタマの中があっちこっちへ飛びます。
祀られていた関羽様をぼんやり眺めながら、終わらない夏のすき間でのんびりと丼を平らげました。(ええ、よく完食できたものだと)

ちなみに、合わせの丼にしたので単品だと800円のところが1000円になってしまったのとビールまで飲んじゃったので同發さんよりお高いランチとなりましたとさ(笑)。あ、スープはついてます念のため。
[PR]
by sur-lie | 2010-09-07 10:53 | 食べましょうよ

中華街の佳人

e0138916_8381782.jpg

本牧に住み始めて6年程になります。在横浜は17年くらいかな。
母はちゃきちゃきの江戸っ子@八丁堀生まれで、江戸っ子は三代住まなきゃ江戸っ子たぁ言えないそうですが、(ということは母は今既に江戸っ子ではないのでしょうかねぇ)
レフア★さんのお祖父様は濱っ子は1日居れば濱っ子と名乗っていい とおっしゃったそうで、横浜はそういうところが懐が深くていいですね。というわけで私も濱っ子の端くれ ということで。

6年もいれば中華街に知己も出来たりします。
でも、たった5~6年ではまだまだ知らない物事があるのも事実です。

先日仲良しと中華街で待ち合わせをしました。仲良しは『○○の並びの、△△△というお店に来て』とメールをくれました。そこは中華街の中でも-有名店はありますが-人通りの少ない、少なくとも私の知っている限りでは行列が出来るようなお店も無い通りでした。その通りに、そのお店があったことも分かっていませんでした。実は仲良しさんも、そこに彼女のお友達が嫁いでいたことを最近知ったのだそうです。

こぢんまりとしたお店、店頭に並ぶ品々は中華街ではお馴染みのものでした。仲良しは既にお店に到着していてすぐにお友達を紹介してくれたのですが、その女性は文字通り中華街に咲く白い百合か梨花かというような色の白い美女でした。それでいてとても親しみやすく、ある調味料が欲しくてそちらにあれば買おうと思っていた私に細かく説明をしてくれました。残念ながらそちらには無かったのですが、大通りにあるご主人のご実家のお店にはあるから…と教えて下さったのでそのお店を失礼してから私たちは大通りのご実家のお店に伺いました。
するとすぐ後にわざわざその美女Aさんは大通りのお店に来てくださって「ありましたか?」と声をかけてくれました。あったのですが、私が欲しかったブランドのものではなく、さらに家庭で使うには少々量も多い種類のものだったので買わずに失礼してしまいました。「じゃあ、もし使っていたもののブランドとかが分かるようなら私がほかで探しておきますから。」とおっしゃるAさん。中華街に嫁がれてもう20余年になると仲良しが教えてくれました。彼女の言ってくれた言葉から、古き善き時代の中華街の繋がりのぬくもりを感じた気がしました。

その出会いからほんの数日後。仲良しから再びメールが。『あったって!○○通りのお店だそうです。わかる?』と。Aさんはあれからすぐ探してくださったのでしょう。よくよく考えてみればそこは以前よくその調味料を買っていたお店で、しばらくご無沙汰していたから忘れてしまっていたのでした。Aさんはご主人と2人、中華街を歩き回って探して下さったようでした。申し訳なく、そしてその気持ちが本当にありがたく。

仕事帰りに教えてもらったお店で調味料を買い、改めてAさんのお店にお礼を申し上げに伺いました。この猛暑の中、彼女の姿と笑顔は本当に涼しげに咲く白百合のようで、お礼を言いに行くというより私自身がもう一度お目にかかりたいと思って行っただけのことです。

強烈な甘栗売りや、次々と建っては閉じてゆくお店でこのところ目まぐるしい中華街。
けれど美しい彼女の周りは気持ちのよい空気がゆったりと流れているような気がしました。
私が知らない中華街の横顔はまだまだたくさんありそうです。すっかり親しくなったAさんと、仲良しさんと、3人でランチでもする日は近そうです。
e0138916_928559.jpg

私がなーーんにもしていないのに、気配り名人の仲良しさんがAさんのお店のお茶をプレゼントしてくれました。ありがとう。茉莉花茶はうんといいのをもらってしまいました。大切に飲むことにします。
[PR]
by sur-lie | 2010-09-03 09:34 | たからもの



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
全体
my loveable familiy
食べましょうよ
暮らし
食とその周辺
嬉しい・楽しい
Joy of life
心のぜいたく
横浜中華街
色々考えたりもする
ママだったりもする
おでかけ
好きなもの
Rugby!
ごはん作りましょ
Chiffon the CAT
ウォーキング
持つべきものはfriends
お菓子作り
たからもの
I love music
ガンバレアラフィー
文字とか音とか
I love cats
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧