From the clifftop

タグ:薄毛に悩むnice guy ( 11 ) タグの人気記事

銀座『みちば和食 銀座たて野』

目黒の不思議歯医者がとても良いので実家の両親に勧めてみたところ、数年前騙されたつもりで二人で足を運んでくれて以来ずっと通っています。特に老父は体調がとても良くなったとの事で、娘としてちょっとほっとしています。

老父は元来丈夫で健康なのでもう来年の始めまで診察は要らないそうですが、パーキンソン病を発症した老母は3週間から1ヶ月置き位のペースで通院しています。実家まで行くのは今の私には少々難しいのですが、目黒なら何とかなるので、母が歯医者さんに行く日に目黒で待ち合わせて顔を見に行くようにしています。

先日は長男も来られる というので歯医者さんの待合室で待たせて頂き、母息子2人して老母と会ってきました。ちょうどお昼前くらいだったので誘ってみたら銀座まで足を延ばせると言います。では、と急な行人坂を母のペースに合わせてゆっくりゆっくりと上り、駅へ。

向かったのは『みちば和食 銀座たて野』
e0138916_836165.jpg


随分前から母は道場六三郎さんのお店に行ってみたかったようで、時間や予算など調整していたのですが叶わず。会う前日にブラッスリー六三郎に連れて行けるかな と検索していたらどうやらそこはもう無くなってしまったらしく、道場さん直伝ということで前掲のお店にヒットしました。

デジカメを忘れてしまったので、携帯でパシャリ。お昼の一番お安い軽いコースを3人でお願いしました。
先附 にぎり子と柿の白和え 蒟蒻 粟麩 ザクロ 添物 米粉のせんべい
e0138916_840161.jpg

米粉のせんべいにはからすみが練り込まれているそうです。塩気とクリスプ感が良いアクセント。
白和えをひと口食べた長男、顔を上げて
「おばあちゃんが作る白和えの方が美味しい。」と。柿の白和えは母の得意料理の一つです。去年長男が自動車運転免許を取る時、老父が手元に置いておきたいばっかりに実家の近くの教習所を手配してしばらく実家で寝泊りしていたのですが、その時にでもご馳走になったのかな。お店の方に聞こえないように小さな声でではありますが、長男は何度も「おばあちゃんの方が美味しい」と繰り返していました。小さく背を丸め、俯き加減で座っていた老母の心は孫の言葉で踊るようだった事でしょう。

御椀 海老の案平汁 管牛蒡 柚子
海老真薯のお澄まし。
e0138916_859750.jpg

合わせ盛り 
一 線鮮魚二種盛り あしらい通り  
一 豚バラ肉お白菜蒸し煮 和辛子
一 鰆と木の子のゆず味噌焼

e0138916_92289.jpg

(写真をクリックすると多分大きくなります)
献立を確認した時点で、長男のものは木の子抜きでお願いしたので長男は鰆の西京焼でした。しかしひどい茸嫌いです。美味しいのに勿体ないこと。長男曰く「だってキノコはカビだよ!?」違うからー。
お刺身はまぐろとダルマイカ(…だったと思う。イカの種類は失念)。6月のイレウス再発からイカ・タコ・蒟蒻・ナッツ等はなるべく食べないようにしているのですが、このイカはひと切れだけ頂きました。いやいや、ねっとり甘くて美味しかった!もうひと切れは海産物loveな長男へ。3人でのんびりとおしゃべりをしながら、ゆっくりと頂きました。

強肴 群馬県産特選増田和牛ロースト 里芋の美味煮 長葱の焼ひたし 青唐 豆腐餻入りしゃぶしゃぶのたれ
e0138916_9111892.jpg

ここら辺で3人とも徐々に持て余す者・既に持て余す者あり(笑)。長男は11時過ぎに朝食を採ったというし、老母はもうお肉はめったに食べないので3人ですごいね、美味しそうだね、などと言ってみるのですが箸の動きがちょっと止まり気味。お肉が案外沢山でした。豆腐餻入りのたれはコクがあります。母が食べられなかったお肉を長男と私でシェア。この後まだごはん物があったわよねぇ?

食事 お好み 
一 うす揚と葱の讃岐温うどん
一 鴨と焼葱のつけめん
一 いくらご飯 のり


上記の3種から選ぶのです。全員いくらご飯をチョイス。
e0138916_9193560.jpg

出てきた姿に あ、面白い と。いくらが薄い餡かけになっています。道場六三郎直伝の例の『命のだし』らしき出汁の餡にいくらが包まれていました。一瞬生臭くならないのだろうか?と思ったのですが、お出汁の品の良い香りもいくらもよく調和が取れていました。

水菓子 おまかせ
e0138916_92373.jpg

さつまいものムースと巨峰。飲み物はコーヒーや紅茶などから選ぶ事が出来ます。


e0138916_18483392.gif


More
[PR]
by sur-lie | 2010-11-25 09:57 | my loveable familiy

待つ日 眠る日

随分前から長男本人には自覚症状があり、近所のクリニックに行きMRIも撮影し、それでもほったらかしてこの夏には富士登山(!)なんぞしていたもので腰椎のヘルニアをすっかり悪化させてしまいました。若いというのは愚かなことですねぇ…。

痛みがいよいよひどくなってしまったので近所のクリニックに改めて行き、紹介状を書いてもらったと言います。紹介先の病院に本人ひとりで行かせると現状とプロセスが判らないので、ついて行くことにしました。何たって紹介状を書いてもらった時点で『手術』というワードが出たらしく、いきなり『ヘルニアがひどいので手術することにしました!』とメールを寄越して散々気を揉ませた奴ですから。


し・か・し…
紹介状があるとは言えその大病院に行くのは初めて、先ずは初診患者受付をしてから(すごーく待ちます)かかる科の受付をし、さらに待つことに。(初診受付を待つ間に親子でこくりこくりと居眠りでした。)11時前に病院に着き、専門の科の受付にたどり着いた時点で11時45分。するとその受付の女性が「すみません、予約が無いと紹介状をお持ちでも多分今からだと…1時過ぎになってしまうと思うのですが…。」と申し訳なさそうに教えてくれました。先生が月に2回~3回しか診察をなさらない方のようでその日は特別混んでいたようです。

じゃあとりあえずお昼でも食べようかねぃ と一旦外へ。
周りには『大戸屋』しか無かったのでそちらへ。でも、私は初入店だったのでけっこう嬉しかったりして。

e0138916_20395460.jpg

「久しぶりだー、大戸屋。」の長男は生サンマの炭火焼き定食。これは季節限定メニューのようでした。

お初の私はヒウチダイと野菜の黒酢あん定食。ごはんを少なめでお願いするとちょっと値引きしてくれるのですね。数十円とはいえ嬉しいぞ。お野菜もたっぷりだし、これ、美味しかったです。素揚げした小さいじゃがいもがいいお味だったな~。
e0138916_20414469.jpg

のんびりと食べながら、龍・春樹論など。ま、『論』なんて大仰なものではなく今『ノルウェイの森』を読んでいる長男なので何となく両村上の比較論みたいな話を始め、長男の感想にふんふんと耳を傾けました。

病院に戻ってからはまたまたひたすら待ち。そして再び親子で居眠り。私は時々持参の本を読み。ひとりだと妙に緊張して多分眠れないのですが、長男が隣にいるだけでリラックスして何度かぐーすか眠ってしまった私です。長男もそうだったかもしれません。此奴は本当によく眠っていました。

1時過ぎ と言われた診察の声がかかったのが2時半を回ってから。一緒に診察室に入り、後ろで黙って長男とお医者様のやりとりを聞きました。とりあえずMRIをもう一度撮影してみること・痛みがひどいのでその軽減のために神経ブロックの治療をすぐにすることなどが話されました。長男自身はネットで色々調べて自分でしてみたい根治治療もあるようです。それは他を探さないとこちらではして頂けないとのことでした。今は都内に住む長男なので、それは通い易いところで探せば良いかと思います。やはり来てよかった。こういう細かい事って男の子は本当に話しませんから。

レントゲン撮影と仙骨穿孔ブロックをして、全て終わったのが午後5時。久しぶりに病院の長い『待ち』を経験した雨の日でした。別れ際何度も「ありがとう。」と言う長男。何もしないで寄り添っていただけで、私の方がどれだけ心が落ち着いたことか。何とか上手い具合に完治して欲しいと願うばかりです。


e0138916_18483392.gif

               ↑お兄ちゃん、お腰痛いのは可哀相でち。
                でも会うとやっぱりシャーってお声かけるでち!            
[PR]
by sur-lie | 2010-10-01 21:21 | my loveable familiy

師匠に倣い

私もそろそろオーブン仕事を始めました。
プレゼント製作に向けて、練習しておかないと。

e0138916_8313441.jpg

キッチン山田で6月にレッスンしたさくらんぼのクラフティの復習を。さくらんぼはもうさすがにお仕舞いなので、思いつきで冷蔵庫にあったいちじくを刻んでいちじくのクラフティです。

反省点は下記の通り。
①パート・シュクレがかなり柔らかい仕上がりになり敷き込みが厚くなってしまった。
②その影響で分量のクラフティソースの全てを流し込むことが出来なかった。
③いちじくをもう少し細かく、ダイスカットの形状にした方が綺麗な仕上がりになったと思う。
④アプリコティの量が足りない。アプリコティはまだまだな自分を改めて認識。
⑤さくらんぼに比べていちじくは酸味が少ないので、レモン等で酸味を足した方が良いか
 も。 あるいはアプリコティがしっかりしていればこの問題は解消されるかも。


さて、長男。再び、けれど今度は家族全員で「いってらっしゃい!」と見送って家を出ました。完璧に独立というわけにはまだまだゆきませんが、東京都内へ引っ越してしまいました。前回のように家出ではないので今度はちゃんと住所もわかっているし、とりあえず安心して見守っています。仕事は横浜なので、数日前山ほどの洗濯物を抱えて(まだ新居には洗濯機が無いそうで)夜勤明けに帰ってきました。「ナンかあるー?」というのでせっせと朝食の用意をして、ちょうど前日に焼いていたこのクラフティを「食べる?」と見せたら
「…これ、キノコ??」と。死ぬほどキノコ嫌いの長男にはエリンギかまいたけなどに見えたのでしょうねぇ。言われてみれば確かに見えないこともない。結局そのビジュアルにつまづいて長男は食べず(嘆)。目下リベンジ魂がくすぶっております。
[PR]
by sur-lie | 2010-09-18 09:49 | お菓子作り

ユーミンの『真珠のピアス』は永遠らしい(笑)

e0138916_1132170.jpg

最近長男が車を使うようになりました。
夫がスピードを出すので掴まろうと思ったら…
誰のだ〜017.gif??

笑ってしまって、
震えを押さえて撮影するのが大変でした。ヤな親だ(笑)。
[PR]
by sur-lie | 2010-06-12 11:32

CAFE☆STARに行こう

誕生日プレゼントを買ってもらってから大岡川をぶらぶらと黄金町方面に戻りました。

職場で前夜の残り物のラタトゥイユとフォカッチャ(両方とも残り物だから・ホンの数口分だったからっ)でお昼は済ませていたのですが、ふと入った(←白々しい)お店の本日のごはんの看板にこんなメニューを見つけたら!そりゃもうお願いしちゃうでしょ!
e0138916_7284970.jpg

もたもたと写真を撮る私をよそに、早速混ぜ混ぜを始める長男。私のを少なめで、その分長男の分を多めでお願いして作っていただきました。ちーさんのビビンバは私にとってちょっと特別な食べ物です。ちーさんビビンバを食べたのは数年ぶり。やさしい味で、混ぜれば混ぜるほど旨味が増す気がします。トマトって合うんですねぇ。ひとつひとつの具材の下ごしらえがしっかりしているから、薄味だけれどとても美味しい。温泉玉子loveだし。

2人でまったりとしていると、お店の外に人影が。あららと思うまもなく、パソコンのモニターで見たことのあるカエルを背負ったお坊ちゃまが乱入(笑)。
e0138916_7424410.jpg

きこめくりのkikoさんと奏太朗お坊ちゃまがいらしたのですよ。本当にカエルさんのリードを背負っているんだぁ(笑)。きらきらした声がすごく可愛いです。全く人見知りをしないのね。

奏太朗お坊ちゃま、長男の膝でご機嫌です。鍵が大好きなんですって。
e0138916_748919.jpg

(kikoお母様のお許しを頂き、顔見せで登場してもらいました、奏太朗お坊ちゃま♪)

やがてお友達との待ち合わせで…と若いお嬢さんがお店に。そのお嬢さんの待ち合わせのお相手がnicoちゃんで、お店の中がまた一気に碁会所状態というか…(笑)。やってきたnicoちゃん、私と長男を見比べて混乱しているので「息子息子!」と必死に釈明してしまいました。(爆)。するとnicoちゃんますます混乱したらしく、大豆と長男を勘違いし始めたので「この子は上の子だから!」と言うと「え゛…一体何人お子さんいるんですか…??」とさらに混乱。すみませんねnicoちゃん、長男は家出していたのでずっといなかったものね、そりゃワケわかんないわよね(笑)。そしてnicoちゃんは長男を質問攻めに。これがすっごく面白くてにやにやしながら2人のやり取りを聞いておりました。きれいなお姉さまに質問をされて長男も内心嬉しく思っていたに違いありません。でも美女にじいぃっと見られるのって照れるじゃない?nicoちゃんのアツい視線に長男が思わず「眼力(めぢから)ありますね~。」とつぶやき、nicoちゃんの質問コーナーはなんとなく終了してしまいました。つまらん。またセッティングしますからじゃんじゃん質問してやって下さい、nicoちゃん!

コーヒー(私)とスパイスチャイ(長男)を頂いて、お店にいる人にプレゼントを見せびらかして(やることがコドモ)、失礼しました。行きも帰りも長男の運転で楽ちん。山手本通りを通った(行った)ことがないというので打越の坂を登ってから左折を指示し、みなとの見える丘公園に突き当たってワシン坂を下って帰宅。のんびりと良い日でした。
[PR]
by sur-lie | 2010-06-05 08:26 | 食べましょうよ

長男からのプレゼント

(誕生日ネタ、もう少しお付き合い下さい。)

私がリクエストをしていたブツを探しに行ったけれど見つけられなかったから今度一緒に買いに行こうと長男が言ってくれたので、水曜日の午後待ち合わせをして日の出スタジオのバザール・バザールに2人で行きました。(バザール・バザールって言うんですね、今リンクするまで知りませんでした(汗))。

長男は黄金スタジオと勘違いしていたらしく、私のリクエストとざっくりとした道案内だけを頼りに一度来てみて場所が判らず、こちらで伺おうと思ったらちょうど定休日だったので会えなかった と。そうだったんだ、面倒をかけてしまったね。

いつもの駐車場に車を停めて、川沿いをぶらぶらと歩きました。サングラスに黒長手袋+日傘という鉄壁のUV拒否な私の出で立ちを見て長男が言うには「…そういう風に呼ばれてるって言ってたけどさ、本当にアクマダムそのものだねぇ。」ですと。ふふん、名は体を表すのだよ息子よ。

このエントリーを見てうわあ~といっぺんで好きになり、いつだったか実際にちーさんに連れていってもらって見たポーランドの焼き物を贈ってもらうことに。ぼそっと買ってくれて、レジの前でぼそっと袋を渡してくれたので「アリガトウ」と受け取りました。お店の方がちょっと不思議そうな顔をしていらした気がしたので「息子が誕生日にとプレゼントしてくれまして…」ともごもご説明してしまいました。いやほら、変な中年のヲバサンが若いツバメを連れているように見えてはしまいかという余計な懸念を抱いたりするわけでして…(汗)。

絶対にここに合う と思っていたのです。もう、どんぴしゃり。
e0138916_2340557.jpg

玄関の守り神のようでしょう?

e0138916_23454919.jpg

ありがとう、大切にするね。


この後のごはんの話はまた明日。
[PR]
by sur-lie | 2010-06-04 23:49 | たからもの

Bubby'sのパイ

このところ続けて長男が、自分の脱いだものにボールペンを入れたまま洗濯機に突っ込んでいたので私の白のハーフパンツがボールペンの染みでおしゃかになってしまいました。
きー。

出かけていた長男にクレームメールを送ったら「ごめんね~うひゃひゃ~(笑←笑うな)」という電話が返ってきて、ちょうどみなとみらい辺りにいたから とこんなものを下げて帰って参りました。ま、私がペナルティとしてリクエストしたのですが。
e0138916_7484358.jpg

期間限定オープンですよね。なかなかお店に行くチャンスがなかったので初めて食べるのですよ、うふふ。

小さい画像でしか撮らなかったようです。キーライムパイとアップルパイ。
e0138916_7571314.jpg


ざっくりとした作りがいかにもアメリカンです。そして甘い。とにかく甘い。脳天に響く甘さです。このひと切れを食べるために、がぶがぶと薄めのコーヒーを飲むのだろうなぁ。70年代のアメリカン・ダイナーのイメージがぱっと浮かびます。
e0138916_865969.jpg


キーライムパイはアップルパイを上回る甘さでした(笑)。いやもう本当に笑ってしまうくらい甘い。グラハムクラッカーを砕いて敷いたパイ生地に甘い甘いフィリングがたっぷりです。
(食べかけ画像でごめんなさい)
「どう?美味しい?」と長男に聞かれ「甘いねー」と答えました。(買ってきた本人はひと口も食べなかったです。長男はそんなに甘いものは食べないんですよね。)
e0138916_813844.jpg

大きなひと切れを半分にして、あえて持ち帰り用につけてくれたフォークで食べました。うーん、びっくりの甘さです。でも、アメリカ人はこういう味が本当に好きですよね。作り方はとてもシンプルなタイプだと思います。甘さの程度はともかく、いわゆるアメリカのママの味なのでしょう。お店に行って他のパイにチャレンジしてみたい気持ちと、数日かけて食べたスーパーな甘さへの恐れとで、ちょっと悩んでおりまする。(とか何とか言いながら、結局行くと思いますが…)
[PR]
by sur-lie | 2010-05-29 08:49 | 食べましょうよ

母の日に

母の日の日曜日、仕事帰りにお花屋さんの前で沢山のカーネーションを見てこれはプレッシャーだろうなぁと息子達の事をつい考えてしまいました。余計なお金を使わせたくないから「もうあるから、自分で買ったから気を遣わなくていいからね!」と言ってあげるために花を買いそうになり、それもかなりプレッシャーだろうなぁ 取りようによっては嫌味だし と母の日というのは母の側からしてもあれこれ気が揉めるものなのです。

何も期待していなかったのにな。
e0138916_2119889.jpg

大豆「これさ、もう花が開いちゃってるからっておまけしてくれたんだよ、えーっと、この、……すずらん?」

……大豆よこれはかすみ草という花なんだよ。ありがとう、本当にありがとう。仕事で応援に行けなかったけれど、この日行われた県大会の準決勝戦で、見事なキックチャージをしたボールを自分でそのままトライに持ち込んだ、そのトライが何より嬉しいプレゼントでした。

e0138916_21223565.jpg

長男「それは…メーカー側が勝手に書いてきたんだね(笑)。」
そりゃそうだろう。この母のどこをどう叩けば『可愛らしく素敵な』モノが出てくるんだ。

e0138916_2126385.jpg

ダース・ベイダー夫が参謀になった模様。全く気づきませんでした。どうもありがとう、もったいなくて着られないなぁ。

でも一番嬉しかったのは、何年も離れていた長男が帰ってきて、息子達ふたりが目の前にいる事。もう私より大きい長男と、私が産んだとは思えない筋骨隆々途上の大豆を2人いっぺんに抱きしめて、その瞬間自分が宇宙一幸せな母であることを噛み締めたのでした。
[PR]
by sur-lie | 2010-05-10 21:31 | たからもの

日々のモザイク・GWのとある日

その日は夫の誕生日だったのだけれど、「ずっと顔を出してないからちょっと行こうか」と夫から言ってくれたのでありがたく実家へ。大豆は県大会の前日練習があったので休日だったけれど残念ながらパス、そんなわけで夫・長男・私の3人で出かけました。

e0138916_16174574.jpg

老父曰くウィークデイは特別なことが無い限りお酒は飲まないそうで、この日はその特別な日だそうで、老父は「(夫か長男か)どっちか飲めないのか」と言い出し、お誕生日ということで夫がお相伴を。
色々作って待っていてくれた老母は「だめなのよ、もう、味がね、全然わからなくなっちゃって。」と最近会うと必ず言うようになりました。本当なら私が何か作って持っていけばいいのだろうけれどなかなかそうできなくてごめんね…というか、肉中心だから両親にはどうかなぁ という感じのものばかり作っているのでつい及び腰に。

夫と長男を相手にご機嫌で杯を重ね、いつもと同じ話を繰り返し(夫&長男、いつもおじいちゃんの繰言に付き合ってくれてありがとう)、大喜びの老父。夕方になる前に帰りは長男の運転で実家を出ました。助手席に座った私は大丈夫と思いつつもコワくて眠るわけにゆかず(笑)。ま、でも長男の運転はなかなかしっかりしております。子供に運転してもらってどこかに行くなんてね とちょっと感慨にふけったりして。
[PR]
by sur-lie | 2010-05-08 16:26 | my loveable familiy

日々のモザイク・青春的炒めものなど

何を作っても黙々と平らげる長男にほっとしつつも、気を抜くと冷蔵庫に何もない!という状況に陥るようになりました。この間も「こんなに色々入っているのになんですぐに食べられるものが無いんだろう…。」と冷蔵庫のドアを開けて味噌など眺めながら寂しげにつぶやく長男。あのねぇ、作っておいても追いつかないみたいよ。無くなっているものも多いのだが…。
たまたままた何も無い朝に黙々とキッチンに立って何やら始めた長男。良いことです。大豆にも見習って欲しいものです。

でも、私が片手で持てるような器にわざわざこんな入れ方しなくても。お皿は他にもあるのに。
卵・たまねぎ・アンティエ香りのバジル炒め@長男作。おまけにこの器、ちょっと欠けてない~?(泣)
e0138916_751591.jpg

「こういうのに入れるのがいいの。この、みっしり感が。」(長男談)

やっぱり男子ってこういう料理がいいんですねぇ。水菜と油揚げを美味しい出汁でさっと煮て、溶き卵ですう~っととじて…みたいなのじゃ物足りなかったかしらん。ま、そういうのも好きらしいんだが身体が自然と動物性蛋白質()を要求するんでしょうねー。

前日に作ったちーさん芋煮の残りにさらに葱の小口切りを足した長男。
(画像がぼっけぼけだぁ~~(嗚咽))
e0138916_7574175.jpg

ちーさん直伝の芋煮、もうこの秋~冬何度目の登場でしょう。シンプルで、美味しい。家族も大好きです。本牧のあちこちで芋煮のお鍋がことこと云っているんだわって思い浮かべるととても素敵です。本牧だけじゃなくていいのだけれどもちろん。この冬はみんなで芋煮で温まりましょう。

さて、後期中間試験中に(本人の気持ちとしてはめでたく)インフルエンザA型に罹患の大豆、リレンザの投与にて順調に回復し今日からやっと登校です。
e0138916_86507.jpg

昨日から既にすっかり元気で嬉しそうだった大豆に、帰宅した夫が「学校に行けるの、嬉しい?」と聞くと「部活出来るのが嬉しい!!」ですって。こける夫。そういう風に楕円形脳味噌に洗脳し育て上げたのはアナタじゃないの?とやや冷ややかな目つきで夫を見る私。あんまり表立ってそういう風には言わない子ですが本当にラグビーが好きなんだね。

そして、最近やたらゴキゲンで床にへばりついているホンモクネコミミズクしぃ姫。
e0138916_8141362.jpg

「この時、この時を待っていまちた。毎日床暖房のカミサマにお祈りちていまちた。床暖房は全てのネコのヒトのためにあるとワタチは信じていまちた。カミサマ、ありがとうございまち!」
あのー、床暖のスイッチを入れたのはおかーさんですからねー。
[PR]
by sur-lie | 2009-12-11 08:20 | my loveable familiy



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
全体
my loveable familiy
食べましょうよ
暮らし
食とその周辺
嬉しい・楽しい
Joy of life
心のぜいたく
横浜中華街
色々考えたりもする
ママだったりもする
おでかけ
好きなもの
Rugby!
ごはん作りましょ
Chiffon the CAT
ウォーキング
持つべきものはfriends
お菓子作り
たからもの
I love music
ガンバレアラフィー
文字とか音とか
I love cats
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧