From the clifftop

鍼とお灸とマッサージ@か、上永谷なの!?

さて、さみぃ&本牧香菜婆の珍道中@鍼灸マッサージです。
多分どれも体験しているのですが、いっぺんにというのは無いかもしれません。さみぃさんは私に気を遣ってか行きの車中でテンションが高いです。とても不調者には見えません。でも、それは私も同じこと。ここには書けないような邪気無き悪魔発言を私がしてしまい、恐れおののくさみぃさん。そんな話の合間に彼女はその施術院(あ、ちゃんとした病院なのかしら)の常連さんなので最初に色々と受診のコツのようなものを教えてくれました。

簡単な診察にて身体の不調を訴えると「あ、それでは鍼治療をしましょうね。」とすいすい話は進みます。

私を担当してくれることとなった女性の先生(鍼灸師さん?)にありったけの症状を訴えます。まー、あるわあるわ。で、実際に始まると私の言葉に嘘が無かったことがどんどん露見していった模様。お腹の風邪をなかなか上手く回復させつつある状況だったので自分では『私今けっこう調子いいかも♪』などと思っていたらとんでもなかったらしいです。結果、随分の量の鍼を打たれ、鍼が終わるともくもくとあちこちにお灸も据えられ、マッサージも。

未病 といういうやつでしょうか。特に女性には多いかもしれません。さらに私の場合は霊長類ヒト科としての生命維持レベルがものすごーく低いようです。あんだけ食べてて動き回ってて冗談を言うな とか言うな。

「腎の臓の気がね…弱いですねー。」と言われてしまいました。片腎だから仕方ないのですが。
そこの気が弱っているとツボも弱っているのだそうです。先生にはそれが見える(感じられる)のですね。すごいなあ と素直に感心。腎臓は元気や気力、前向きに頑張ろう という気持ちを司る臓器なのだそうで、確かに最近とみに『ここ一番!』の踏ん張りがきかなくなっていました。こういった身体のなんともいえないだるさ、不調はクリニック処方の薬では治らないのですよね。

「今日はこの後少しふわっとした感じになるかもしれないので、気をつけて下さいね。」と言われて全ての施術をつつがなく終えました。とにかく感謝・感謝。

既に治療を終えて散策にいそしんでいたさみぃさんと再び合流して昼食を摂るべく歩き出します。連れてきていただいたのは上永谷駅周辺で、彼女のご実家はここにお近いところだったのだそうですが、私も以前隣の隣町くらいの距離に住んでいたので上永谷~丸山台は勝手知ったる場所・懐かしい場所なのでございます。さみぃさんと闊歩しながら本当に不思議な気持ちになる私。縁ですよねぇ。

e0138916_881554.jpg

『味庵』にてランチ。住んでいた頃は一度も来るチャンスが無かったお店です。
私はランチセットのパッタイを。

さみぃさんはカオマンガイ。
e0138916_81140100.jpg

ちょっと味見をさせてもらいましたがカオマンガイの方が美味しかったです。(笑)ごはんと、柔らかい鶏と、生姜の効いたタレの組み合わせがとても気に入りました。パッタイはその日の体調には少々甘すぎた感あり。

このセットには食べ放題のセルフ・フォーが付きます。自分でフォーを茹でて、スープと調味料を入れて作るんですね。フォーのコーナーは常に列が出来ていて、なんとかその列が短くなったところでさみぃさんとささっと並んで作りました。さみぃさんは、ランチ本体は要らなくてこのフォーだけ何杯も召し上がりたいのだそう。
e0138916_8201550.jpg

私の初めてのセルフ・フォー。加減が分からなくて何気なく入れてしまった唐辛子が辛すぎてスープが飲めませんでした(泣)。青味はさすがに香菜は無かったです。青葱とセロリを刻んだものが沢山。でも、セロリもなかなか良いですね。

ひとしきりお互いの体調だの男運だのについて語りながらランチを平らげました。いつも湧き上がる疑問なのですが、さみぃさん、ご自身を「大食い」と称しておられるようですが私と一緒の時には実に口がおきれいな方です。「フォー、お代わりいっちゃうー?」などと私が水を傾けても「いえいえ、もうこれでお腹いっぱいですから。」とにこやかにおっしゃる。

さて丸山台にはなかなか美味しいケーキ屋さんが何軒かあります。ケーキ買って帰ろうね!と最初から盛り上がっていたので二人でストラスブールへ。以前足を運んでいた頃とは内装も雰囲気も何もかも変わっていて、時の流れにしみじみしました。まだ開店したばかりの頃だったものねぇ、シュークリームとか買っていたのは。さみぃさんも「こんなに混むお店だったとは。」と驚いておいででした。

私の買ったのはこちら。
e0138916_83543.jpg

左から時計回りにパッションランデブー・苺のショートケーキ・無花果のタルト。無花果の産地も名前に入っていましたが忘れてしまいました。こういったケーキを買うのは久しぶりだったのでなんだかにこにこしてしまいました。この中ではパッションランデブーがイチオシかな。苺のショートケーキも基本の仕事がきちんとなされた美味しいものでした。(ええっと、大豆が「要らない」というのでそれぞれのケーキは夫と半分ずつにして食べました。何言い訳してるのよ

運転手(さみぃさん)つき鍼灸マッサージという治療フルコースを受けた上に楽しいランチと美味しいケーキ。
ありがとうございましたさみぃさん。しかし、こうやって書いてみると実際の半分も愉快だったことが表せてないですね。
そのくらいすさまじい会話が交わされるのですよ、この二人がつるむと…。今は水面下で真のバンマスの熾烈なポジショニング争いが行われております。
[PR]
by sur-lie | 2009-09-15 08:55 | 持つべきものはfriends
<< 日々のモザイク・マソムと花巻a... 学習能力と天使の采配 >>



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧