From the clifftop

<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

手前味噌2010解禁

数日が短いというだけで2月は慌ただしく感じます。
おまけに今、自分ではどうにもならないことなどあり今ひとつ気力が湧きません。
(正直言ってブログをアップする気力も少々失せ気味…)
思い悩んでも仕方のないこと。
目の前のことをこつこつこなすことが大切…と思っても、
この時期は寒いしすっきりと動く気になれないなー。

目の前には…
e0138916_9182188.jpg

ううう、これも気になりながらもなかなか開ける気力がなくやり過ごしていました。しかし1年経ったし頃合いはもういいはず。去年の今頃仕込んだお味噌、そろそろ開けねば!

黴だらけになっていたらどうしよう…とドキドキしながらフタを取ると…
e0138916_9243751.jpg

しっかりと呼吸をしていたのでしょう、平らにしておさめた味噌の上に掛けられていたラップがふんわり丘状に盛り上がっていました。
e0138916_9262880.jpg

教えてもらっていた、産膜酵母という酵母菌の白い粒が少し出ていましたが黴などは無くきれいです!嬉しい。
この酵母菌が出ていた表面部分だけ取り分けて容器にしまい、残りのお味噌はよくかき混ぜてアルコール消毒をした大きめのシール容器に詰め、再びラップをかけて冷蔵庫の野菜室に保管しました。
自分で作ったものとなるとひとしおで、プラスティックの樽に残ったものや上にかけておいたラップに付いたお味噌までいとしいです。ふと思いついて塩も何もつけずにおむすびを作り、そのなかなかきれいに取りきれなかったお味噌を擦りつけてオーブントースターで軽く炙って味噌むすび。
e0138916_9394079.jpg

豆と塩と麹の魔法。おいしい、美味しい。

e0138916_18483392.gif

[PR]
by sur-lie | 2011-02-23 09:44 | 食とその周辺

素敵なギフトあれこれ

昨日はバレンタインデイでしたね。
最近は互いにチョコを交換したり、日頃の不義理の埋め合わせに小さなギフトを贈ったり、その日の意味やいわれはさておき、そのイベントの方向は多岐にわたっているようです。かくいう私も職場で義理せんべいを配りました。

贈っても贈られても嬉しいギフト。私も先月こんな素敵なものを頂いたのでご紹介。
e0138916_19492080.jpg

海を越えて届いたこちらのカードにはCDが入っていました。
e0138916_19582431.jpg

送って下さったのは倫敦さんです。CDには1号君とその仲間のピアノトリオ演奏が。曲はオリジナルで、1号君が3号くんのために作曲したものなのです!(今聴きながらアップしています)これが聴いてびっくり、完成度が高く私の好みの音色、温かさ!大きな大きな兄貴がちっちゃなちっちゃな弟の誕生を心から喜んでいる気持ちやちょこちょこ動き回るようになった3号くんのその動きが目に浮かぶような、なんともheartwarmingな曲なのです。20分くらいで終わってしまうのが惜しいくらい。倫敦さん、本当にありがとうございます。

さて、もうひとつ届いたプレゼント。内弁慶で小心者のくせに好奇心のかたまりのシフォンがさっそくチェックしていました。
「何かちらナニかちら一体何かちらー♪」
e0138916_20181820.jpg

しーちゃん、何でしょうね、えーっとちょっとどいて下さいね箱を開けたいので…
e0138916_20224233.jpg

たーくさん、色々なチョコレート(嬉)!!
こちらは華麗に世界を飛び回っていらっしゃるかんべえさんからです。美しいメッセージカードによると、チリとベルギーとフランスはパリでお求めになったチョコレートをあれこれ詰め合せて下さったそうです。
コラコラこらこらシフォンちゃんっ!どきなさーーい!!
e0138916_20274051.jpg

「…このヒトたち、ダレ?」
このモアイ像のチョコの可愛さったら。大豆にも大受けでした。
e0138916_20294671.jpg


こちらはベルギーのフィリップ・ダルシーのチョコ。品があります。口溶けが違う。インパクトを残しつつさらりと消えてゆく香り、滑らかさ。
e0138916_20324716.jpg


そしてこれがフランスはジョルジュ・ラルニコルでかんべえさんが選んで下さったチョコ。
e0138916_20351417.jpg

カラフルなボンボン状のチョコはそれぞれ中のフィリングがフルーツのゼリーで、もうこれは文句無しの美味しさ。一番大きなボンボンがとても気になって、結局一番最後に頂いたのですが、このフィリングが本当に楽しかったです。何て言いましたっけ?本高砂屋の『エコルセ』みたいなう・すーい焼いた生地(パートフィロっぽいあれです)をさくさくに砕いたものとジャンドゥーヤを合わせたようなフィリングがぎっしりで、食感が素晴らしい。家に居ながらにして美味しい海外旅行気分。なんて贅沢。なんて素敵。かんべえさん、本当にありがとうございます。

反省点をひとつ。チョコレート、もったいなくてひとつずつゆっくり頂いていたのですがやはりあまり時間を置いてはいけないのだなぁと。どれも最後まできちんと美味しかったのです、が、フレッシュなうちに頂く事がチョコも肝要なのですね。宝石のようなチョコレートって本当に優雅と贅沢の象徴。今回は食べ手の品格がちょいと低かったかも。ケチと勿体ないの狭間で揺れずにさっと食べられる器と品格が欲しいと思ったのでありました。

e0138916_18483392.gif

               チョコでなくてシーバなら、
               個包装ですしいつもフレッシュでちっ(きっぱり)。
[PR]
by sur-lie | 2011-02-15 20:57 | 嬉しい・楽しい

1月のウォーキング・ここどーこだ

1月のお仕舞い頃のウォーキングです。
参加出来る時には出来るだけ参加しないと。
スケジュールがとんとん進むとほぼ毎週あります。
声をかけてくれる主宰のAさんはもちろん全部参加なわけで、本当、尊敬してしまう。

さてこの日の前段で回ってきたメールは『この間アド街ック天国で紹介されたので横浜橋商店街まで歩きましょう』というものでした。いいですね。で、集合してみるとさらに興味深いプランが。

このCMに登場する場所に行ってみましょう というものでした。
既にAさんの元には有力情報が寄せられていた模様。Aさん自身も「よくみるとね、画面に〇〇が映っているんだよね。それがあの角度で見える場所。」とリサーチ済みです。情報源のママは残念ながら不参加でしたがみんなよくそんな細かい情報を知っているなぁ~ というかチェックしているなぁ~と感心しきりな私でした。

いつものようにワシン坂から山手本通りを目指します。簡単・時短コースの時は元町などに降りてしまうのですが今回は横浜橋まで行くので地蔵坂辺りから唐沢に入る感じで歩きました。

「多分ここなんだよね~。」と言うAさんの示す方を見やると…
e0138916_1410156.jpg

すごい、ビンゴだー!分かります?ここを渡辺謙様が歩いたのね♥としばし酔いしれるウォーキングobachanズ(笑)。

狸坂を降りて横浜橋商店街を目指しました。件のテレビ番組で紹介されていた牡蠣のキムチ、思わず買ってしまいました。(この日は夫が不在だったので夜ひとりで牡蠣キムチとワインを楽しみまして…いやー、小粒の牡蠣がぎっしり詰まっていてシャキシャキの玉ねぎも美味しいしたまらんかった!)一通り全員でテレビに出たお店の場所などチェックしてからしばし解散して自由時間です。それぞれ晩ごはんに良さそうなものなど買い求めました。ちょうどその頃やはりテレビ(『秘密のケンミンショー』)で紹介されていたご当地習慣の、『高知県では葉にんにくをすき焼きに入れて食べる』という内容の影響でしょうか、八百屋さんの店先に葉にんにくが並んでいたのにはびっくり。上田屋のしゅうまい、ここで買う方が何故か早いのだけれど以前よりちょっと小さくなったような…気のせいかしら。買わなかったけれどね。

大通り公園側に集合して、さて頃はお昼どき、どうしようかー?ということになったのでもちろんお誘いしちゃいました。

CAFE☆STARまでさらにひと歩き。で、おひるごはん。
初めて☆の間で頂きました。
5人という人数で突然押しかけてしまったものですから…申し訳ない!
e0138916_14263612.jpg

お店は予約のお客様などもいらしたのでさっとごはんを頂いて失礼しました。ご店主さんのにこにこ笑顔に見送られて、さあ帰りも元気に歩きましょう。リュックの中には牡蠣キムチ。むふふ嬉しいぞ。
どのルートで帰ろうか?コーヒー飲みたい気がするね という声も出たので「では」と再びサジェスチョンさせて頂きました。最近ウォーキングのグループ内ではすっかり正体(?)がバレてしまい『何だかよく判らないけれどやたらあちこちの飲み食いのお店を知っている人』という事になっております。いえいえ、アテクシなんて全くもって無知も同然、みんなネットで仕入れた情報ですしあの方(ブロガーさん)やこの方(ブロガーさん)に比べれば…などと思いつつ、皆さんをご案内したのはこちら。
e0138916_14371057.jpg

…正しい店名は何でしたっけ?私は『カフェ亀の橋』と呼んでおりますが、『珈琲亀の橋』だったかも。ちゃっかり畳敷ちゃぶ台の特等席を陣取りました。ご店主さんお手製のライスパフがやたら美味しい。コーヒーもしっかりしていて美味しい。みんなで感心することしきり。私とAさんが「食べたいねー」とドーナツをお願いしたら、わざわざ他に小さく3つ揚げてくれて「いや、ちょうどタネが残ったから…」と他の方にもお味見用に熱々を下さいました。みんなで感激することしきり。

しっかり休憩もしたし、Kさんのお宅の小学生さんの帰宅時間も迫っていたので麦田のトンネルをくぐって本牧通りをてくてく歩いて帰りました。2月はいきなりの発熱でまだ歩けていません。今年はどこまで行けるかな。楽しみ楽しみ。お店もまた見つけておこう。

e0138916_18483392.gif

[PR]
by sur-lie | 2011-02-12 14:51 | ウォーキング

読書兄弟夫々・主に長男

前回のエントリには温かいコメントをありがとうございました。ブログを見てメールを下さった方もいらして、また、アクセス数が驚異的な数となり驚いています。多くの方が静かに想いを寄せて下さった事に本当に感謝しています。叶う事ならばおひとりおひとりに御礼を申し上げに行きたいようなありがたい気持ちでいっぱいです。しっかり頑張らなくては と私自身の気持ちを奮い立たせて下さった多くの皆様、本当にありがとうございます。毎日を大切にしてゆくことでいつかこの沢山のお気持ちに何かを返せるような私達になりたいと思います。

さて。
昨日またひょっこり顔を出した長男。部屋に入ってくるなり「エビスノ先生に会った!!」と怒鳴るので何ナニ?と思ったら村上春樹の『1Q84』の事でした。セリフの最初に「天吾が」が入っていたもようです。エビスノ…?しばらく漢字が浮かびませんでしたが、そうか戎野先生ね と。天吾が二俣尾まで件の先生に会いに行ったところまで読み進んだ!という報告だったようです。

2年前一旦家に帰って来た頃は村上龍と安部公房に心酔していた長男、何せ実質は小学校卒程度の学校教育しか受けていない状態なので読書多いに結構!沢山片っ端から読むといいわね などと思っておりました。
私自身本を読むのは当たり前の環境にいましたし、夫もそこそこ(オヤジにありがちな企業系小説等に限られるようですが)読書を嗜む人ですが、大豆がまーーったく本を読まない。小さい頃から読み聞かせもしてきたし、それなりの環境はあったように思うのですがこればかりは本人の資質や嗜好もあるので難しいようです。従って大豆は中学3年生もあと数ヶ月で終えるという今でも貧相なボキャブラリーしかなく、私との会話は常に困難を極め、『片手に文庫本』などという姿は未だかつて見たことがありません。「たまには本くらい読めば?」と促すと中学受験時に嫌々読まされたあさのあつこの『THE MANZAI』をこっそり出してくる始末。え゛…?もしかして中学受験の時も読了してなかったんじゃあ…もうコワくて聞けませんよそんな事…。

そんな貧相な読書暮らしが長く続いていたので、実はこの姿を見て魂が震えるほど感動したのです。
e0138916_14102113.jpg

お正月やってきた時にやおら『1Q84』を取り出し読み出す長男。眠っているワケではありません。読みながらも内容や自分の感想など色々な事を言い出します。それが何と言うか、ぴたっとくる という表現が相応しいと思うのですが私の気持ちに驚くほど似ている というか、そうそう、判るよその感じ! という事を繰り出してくるのです。
本(物語)は読み手の自由な解釈で読むのが一番正しい読み方だと思いますし読者によってその感想や解釈に相違が出ることもまた愉しいと思うのですが、1冊の本を介して共有するものが多くあることがこんなにも嬉しいものだと初めて知りました。それは親→子だからかもしれませんし、今までの私の暮らしの中に全く無かった事であまりにも新鮮だったからかもしれません。私自身は母と共通の本を多く読み、例えば田辺聖子や井上ひさしを読んでは一緒のところで笑い語るような暮らしがあったので母にとっても私にとってもそれは空気のように当たり前の事でしたが、それが自分と長男の間に起こりつつある今本当に『有り難い』事として私の心の中の感動の引き出しのようなものを一気に温かくしている気がします。

「村上春樹って読みやすいね。でもね、やっぱりちゃんと勉強をしてないから『あれ?』というところで判らなくなったりする。言葉とか、多分単純なところなんだろうけれど。」とは長男の弁。そんな長男にちょうど読み返していた村上春樹と読者とのネット書簡集のようなものにあった内容を伝えました。ペーパーバックの読み方についての読者の質問に村上春樹が答えているものですが『判らない単語や意味があっても細かい箇所にとらわれずにとにかく最後まで読み通す事。出来れば何度も読んでみること。物語の全体の流れを感じること。そうすることで後から不思議と意味が判ってくる』確かそんな内容の事でした。それを聞いて納得する長男。

仕事も忙しい、遊びたいことも沢山、自分の身の回りの事も自分でやらねば の長男はなかなかまとめて読書の時間が取れないようですが、早く牛河の登場まで読み進まないかなぁ と思う私です。まだ二俣尾かー(笑)。

e0138916_18483392.gif

[PR]
by sur-lie | 2011-02-11 14:55 | 文字とか音とか

8年

決心を聞いてから
この数ヶ月
ぐちぐちとした母親的セリフの全てを呑み込んで
ただひたすらに見て見ぬふりをして見守って
乞われた事はほぼ総てきき入れ
気づかれないように気持ちだけ寄り添い

e0138916_20523596.jpg


今年年男の長男
定時制高校に合格しました。



ありがとうございます。


本当に
ありがとうございます。

(合格発表の日に突然の高熱を出した私。家族全員に「おかーさんの知恵熱」と評判。そりゃそうよ)


e0138916_18483392.gif


More
[PR]
by sur-lie | 2011-02-08 21:02 | my loveable familiy

2月1日の夕方から

知恵熱が出ました。
熱が何とか下がったら
3日に顔出した長男が
昼から同じ症状、で、
結局看病。
今日こそ身体休めたい、
休めますっ。

(トレンド行事とは関係なく海苔巻き食べたかった)


e0138916_18483392.gif

[PR]
by sur-lie | 2011-02-04 09:37 | ガンバレアラフィー



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧