From the clifftop

タグ:おいまつえん ( 10 ) タグの人気記事

オーベルジュおいまつえん2010 8月 その2

おいまつえんに着いてムシュウoldpineとマダムともに挨拶をした後ももちゃんのご機嫌を伺うのが恒例ですが、この夜はなかなかももちゃんには会えず。ムシュウの話によると、何でも前夜においまつえんのお庭に侵入猫がいたそうで、ももちゃんは厳戒態勢でお庭を警戒中だったようです。そんなわけでこの夜は人間だけで盛り上がっておりました。

e0138916_77389.jpg

自家製スモークサーモンのタルタル・ガスパチョと共に。
ほんのりと香るスモークサーモンとアボカドのタルタルを、ぴりっとしたガスパチョで和えながら頂きます。カヴァと本っ当に合うんですよこれが。あんまり美味しくていつ食べ終わったんだっけ?という感じで自覚なく食べていた気がするタルタル。

この辺りでようやく屋根から幹をつたってももちゃんがご帰還。マダムともが連れてきてくれたのですが、ワタクシ相当へべれけだったらしい…コンデジに残っていたのはこの画像1枚きり…(汗)
e0138916_883560.jpg

「ファンを自認するならワタシの写真くらいちゃんと撮りなさいっ」
おっしゃるとおりです。ごめんなさい、ももちゃん!

さて、気を取り直して次を頂きましょう。蓼科牛フィレのグリル・山葵を添えて。
e0138916_8115641.jpg

夫と私はレア・GENパパはミディアム・GENママはウェルダンで頂きました。
GENママ、動物性蛋白質は正直『キライ』という人なのですが(これは書いたら怒られるだろうなぁ と思うのですが書いちゃう!GENママったら会う度に痩せていっているような…元々小柄な女性ですがこの時はよく○○特別展で目にする『棺の中にあった折りたたまれた子どもの骨格』みたいに見えましたよ!またさらに小さく細くなってしまったような…)このお肉は「美味しい~」と全部召し上がって(いたよね?)おいででした。よかったー。いやこれ本当に美味しかった!甘く爽やかな香りの、おろしたての山葵と食べるあっさりとしていて品のよいフィレ。お肉が美味しいのは言わずもがな ですがトマトのグリルが一同の賞賛を浴びていました。おいまつえんで出てくるお野菜はいつも野菜本来の味を思い出させてくれる、濃い・おいしい味がします。

夜も更けて、フルーツたっぷりのデザートをいただきながらおしゃべり。(ごめんなさい、これも激しくピンボケの画像しか残っていなかったので掲載不可)

翌朝はまたまたおいまつえんのおふたりを煩わせて早めの朝食。和食を堪能して、また一路菅平でした。出発してから連絡メールが入り、佐久は降らなかったのですが夜のひどい雨でグランドコンディションが悪く、9時からの開会式(詳細は後ほど)が2時間遅れの11時からになりました と。あーあ、あと10分早くこのメールが届いていればぎりぎりまでおいまつえんにいられたのになぁ とちょっと残念。

秋にもなんとか来られないものかしら と見送ってくれたムシュウとマダムに手を振りながらまた行きたいおいまつえんなのでした。
[PR]
by sur-lie | 2010-08-21 08:25 | 食べましょうよ

オーベルジュおいまつえん2010 8月 その1

e0138916_6595734.jpg

オーベルジュおいまつえんのすぐ近くを流れる、千曲川からの眺め。
こういう風景の中に身を置くだけでどこかが楽になっていく気がします。

今月もおいまつえんに行きました!
毎月行けたらいいなぁ♪
今回は大豆のラグビー仲間のご両親、GENパパ&GENママをお誘いして4人でディナーを楽しみました。
e0138916_7575836.jpg

冷え冷えグラスのビールで乾杯~。

私が飲みたかったので、予約の時にお願いしておいたヴィシソワーズ。
生山葵入りです!山葵の香りが爽やかでした。
「何すか、こりゃ!」とGENパパ。お口にとても合ったようです。
e0138916_863987.jpg

ちなみにこの方現役のトライアスリートでいらして、この日も別な合宿で志賀高原にいたGENを車で迎えに行き菅平高原まで送り届け、菅平から佐久まではGENママに車を託し、バイク(自転車)でいらしたツワモノ。


GENパパ&GENママは、私たちのような意地汚い夫婦とは違いましてお口がきれいで少食なので事前に量を抑え目で とおいまつえんさんにお願いしておきました。
先月感動しながら食べたズッキーニのディップを再び。グリル野菜と共に。
e0138916_817561.jpg

しかし!ディップのあまりの美味しさに結局パンをお代わりしていたGENパパ。沢山召し上がって下さい!

「お飲み物、どうしますか?」とマダムともが聞いてくれたので、今回は泡をお願いしました。
e0138916_8234965.jpg

あっという間に空いて、宴はどんどん盛り上がります。
[PR]
by sur-lie | 2010-08-20 08:25 | 食べましょうよ

おいまつえん2010夏その3

翌朝の出発が早く、時間が無いので朝ごはんはあきらめますと話していたのですが
e0138916_6401046.jpg

それならば とさっと頂けるものばかりで整えてくれました。ありがたいことです。
前日感動の嵐を呼んだとうもろこしのスープ、再登場でまたまた感動。


急いではいたのですが、このお庭を眺めながら朝食を摂っていると気持ちがゆったりしてきます。
e0138916_658057.jpg


マダムともがももちゃんを抱っこして、ご尊顔の拝謁を。
e0138916_70634.jpg

きょとん顔のももちゃん。抱っこなんてあまりされないですものね。私の「可愛い!ももちゃ~ん、可愛いです!」のきんきら声に耐えて下さいました(笑)。

この後おいまつえんの玄関先でマダムともとムシュウoldpine、そしてももちゃんに見送られて菅平高原に向かったのでありました。

そしてまた本日から同じ行程を辿る私達。膝に絆創膏を貼って(とほほ)、行ってまいります。
[PR]
by sur-lie | 2010-08-12 07:13 | おでかけ

おいまつえん2010 夏その2

おいまつえんといえば、この方。
ももちゃんはとにかくすてきな猫のヒトです。

「年に1度来るくらいだと、覚えてなんかいないわアナタタチのことなんか。」
e0138916_20353.jpg

おっしゃるとおりです、いいのです、勝手に好きですからね、ももちゃん。
視線を下さっただけでも感激でした。
おいまつえんの庭は、ももちゃんの縄張りです。

テラスにあるテーブルでの食事ですから、時々席を立って庭にいらっしゃるももちゃんに挨拶をしながら食べるのです。もう、至福。


こちらのお皿の前に、アミューズというにはあまりにもボリューミィな、バゲットとズッキーニのディップ。
e0138916_20121264.jpg

アンチョビとガーリック入りのこのディップはバーニャカウダ的で止まりません。思わずバゲットのお代わりを所望してしまい、結果それが以降の敗因となりました。

冷たいスープはとうもろこし。これが、ブイヨンなど使わず水で仕上げたものなのだそうですが素晴らしい美味しさでした。新鮮なとうもろこしの甘味ってなんてすっきりしているのでしょう。
e0138916_2015149.jpg


今回のワインはこちら。樽香が素晴らしく、しっかりした手ごたえのあるシャルドネでした。
e0138916_20504525.jpg


ワインを頂きながら、シーフードのガレットを。もちもちとしたそば粉のクレープは洋風お好み焼き風といいますか。こういう粉ものってちょっと嬉しいです。
e0138916_2053660.jpg


タンドリー・チキンとカレー。
e0138916_20544452.jpg


このタンドリー・チキン&カレーにはごはんとお味噌汁、そして自家製糠漬けが♪
e0138916_205613.jpg

旨ウマでした♪ けれど、もうお腹が文字通り張り裂けそうなくらいいっぱいだったのと、唐辛子系の辛味がNGになってしまった私にはカレーが少々から過ぎてあえなく途中でギヴアップ。

ここであまりにも満腹だったので、おいまつえんのご夫妻とおしゃべりしながらちょっと休憩。
そしてすっかりと日も暮れてから、デザート登場。
e0138916_2144786.jpg

オーベルジュおいまつえん風杏仁豆腐・フルーツスープと共に。
ものすごいボリュームです!
夫はお腹のキャパが本当になかったようですが、私はデザート別腹を発動させて完食しました。
長野県産桃のコンポートを作って、それをポタージュにしたものの中にフレッシュフルーツが散りばめられています。中央に杏仁豆腐アイランド。これをずっと食べ(飲み)続けられる胃袋が欲しい。

翌日の朝ごはんはまた別にアップしますが、実は訳あって(笑)明日再びおいまつえんへ参ります!アップが全然追いつかないな~。参った参った。
[PR]
by sur-lie | 2010-08-11 21:10 | おでかけ

おいまつえん2010夏 その1

立秋も過ぎまして、時間はどんどん過ぎてゆきます。
日々すべき事も嵐のように押し寄せて参ります。
今日なんかアテクシ職場の敷地で勤務中に転びましたのよ。
もうびっくりですわよ。フラットシューズを履いていたのに。
買ったばかりのカーゴパンツもざっくりと布が切れましたわ。
厄落としか!?



でもブログ上ではまだまだ7月。
ブログアップする時間もあまり無いのよね。。。


もう、とりあえずこれ1枚!
e0138916_2195356.jpg

オーベルジュおいまつえん特製ガスパチョと、
帆立の冷製・梅風味(手前)と馬刺しのユッケ風(奥)。

美味しかったんだからー!!
[PR]
by sur-lie | 2010-08-08 21:14 | おでかけ

オーベルジュおいまつえん 2009夏

この時期になると当たり前のように長野県の菅平高原を目指すようになりました。で、高原に上る前には千曲川沿いのおいまつえんにお邪魔するのです。都会の垢(?)をあぐりの湯こもろで全て洗い流して、どすっぴんに寝間着という恐るべき姿で乱入しました。

今回ダイニングに流れていたBGMはピアノソナタ。ちょうど雨も上がっていたのでテラスでのディナーとなりました。

ラタトゥイユ・温泉卵添えと夏のフォアグラ
e0138916_7313250.jpg

あっさりのラタトゥイユと濃厚なフォアグラの対比。佐々木蔵之介と沢村一樹?をほほほほ。

ガスパチョ。じんわりとペッパーソースが効いてきます。
e0138916_7343012.jpg



マグロとグリル野菜・マスタードソースで。
e0138916_7531931.jpg


友人にしてオーベルジュ・おいまつえんのマダム、tomoのお手製パン。長野産のハルユタカで作られたものです。手でパンをちぎると香りがふんわりと広がり、口に入れればなんとも優しい小麦粉の甘さが広がります。
e0138916_7561045.jpg


サーロイン・味噌ベースのソースとガーリックライス。
e0138916_7575252.jpg

真ん中に盛られた大葉や長葱とソースをお肉にからめ、ソースがからんだお肉をガーリックライスに載せて食べてごらんなさい。そこには具現化された『シアワセ』が待っています。


千曲川の川音を聞きながら夜の庭で食事をすればやがて、パトロールからこの方が帰ってきます。

会いたかったですよ、ももちゃん。
e0138916_8314926.jpg


デザート。フレッシュなフルーツがたっぷり入っていて実にすっきりします。
e0138916_8353215.jpg


毎日のシャワーを欠かさないももちゃんですが、雨は苦手のようです。振り出した雨を恨めしそうに見つめていたももちゃん。
e0138916_8401533.jpg


半日仕事をしてから長野まで運転を頑張ってくれた夫の目がひっくり返っていたのでこのあたりで失礼しました。翌朝も菅平での大豆の第一試合が早いので慌しくなってしまい、おいまつえんの二人にろくろく挨拶も出来ず。でも、少しでもここにいられるとようやく人間に戻れるような気がします。美味しい空気と、川の流れる音と、友達夫婦と。そこにある何もかもが贅沢な贈り物です。
[PR]
by sur-lie | 2009-07-30 08:52 | Joy of life

あれやこれや

e0138916_2111952.jpg

おいまつえんをチェックアウトする朝に頂いた朝ごはんです。由緒正しき日本の朝ごはん。
普段ならこんなに食べられませんが、朝からどんぶりごはんがぺろりと入ります。

食事を済ませて再び菅平へ行き、数試合ちびすけのラグビーを観戦してから帰路へ。


で、翌日ムスメをお泊りしていたどうぶつ病院にお迎えに行きましたら何だか大騒ぎをやらかしたらしく、簡単に言えばお出入り禁止(ペットホテル利用に関して)となってしまいました。たっぷり一年半以上家を離れることがなかったので少々不安だったのですがその不安は的中しました。とてもケージからキャリーバッグにすんなり移せそうにないからご一緒に来て下さい と先生に言われケージのある部屋にお邪魔するとドアを開けたとたんみぎゃーっ!しゃーっ!とわめくシフォンの声。怖くて、不安で、怒りでいっぱいだったのでしょう、私が声をかけたら一瞬びっくりした顔になって私の顔を見つめとたんに静まり返ったのには本当に切なくなりました。今回はペットシッターさんをお願いするつもりでいたのですがちょっと時間がなくて事前打ち合わせ等が出来ずお世話になっているどうぶつ病院のペットホテルにお願いしたのですが、ただでさえ注射などされるイヤな場所、よほど辛かったのでしょう。可哀相なことをしました。

e0138916_21141995.jpg














「まるで悪夢を見ているような日々でちた。ワタチにはやっぱりここが一番なの。」

家に連れて帰った途端、いつものムスメに。でもなんだかおびえたようにピアノにしがみつく姿がいじらしかったです。


方や猫ライフを謳歌するももちゃん。夜遊びを終えて、私達がおいしい和朝食に舌鼓を打っている傍らでぐっすりとお休みでした。ちなみにももちゃんが眠るこのシートはかつてムシュウoldpineが所有していたポルシェの純正シート。ゴージャスです、ももちゃん。
e0138916_21251425.jpg

[PR]
by sur-lie | 2008-08-01 21:52 | 暮らし

おいまつえんへようこそ

長野県佐久市、千曲川沿いにある『美味しいものが食べられて泊まれるところ』です。JR小海線・中込駅から徒歩10分くらいかしらん。

レセプションとコンシェルジェを勤めますはももちゃん。今宵もあなたをお迎えいたします。
えーと、気が向けばね。
e0138916_1742723.jpg


テラス焼肉の翌朝、菅平へ早め出発だった私達にはおなかに優しいミネストローネ風リゾットの朝食を用意してくれました。
e0138916_1744531.jpg


とにかくここのテラスは特等席です。
(しかしここにまで来て日経朝刊を広げる悲しい性(さが)の夫…新聞から顔を上げればやさしい妻の笑顔があるというのに)
夫談:それが見たくないから新聞を広げていたりする
e0138916_17454631.jpg


さて夜には美味しいディナーを頂けます。
e0138916_1756042.jpg

ガスパチョ・フォアグラいちじく・桃のポタージュ。

この日はダイニングは満席のお客様で、フラッシュを焚くのがはばかられたので撮影はなかなか難しかったです。
e0138916_1810593.jpg

左からかつおのスモーク、イカはイカ墨とマッシュルームが添えられています。イカの火の通し方が絶妙。右端はシーフードとコンソメジュレ。玉子の黄身が入っています。「混ぜ混ぜして召し上がれ」はマダムのtmの弁。

この日もシャンパーニュを。ムシュウoldpineのお奨め、しっかりとしたガティノワです。
e0138916_18163629.jpg


牛の網焼きと、イベリコと、冷えひえのラタトゥイユにガーリックライス。これはアクシデントでフラッシュを焚いてしまいました。なのでお肉が真っ黒。
e0138916_18321712.jpg


デザートは「とにかく食べてみて」と言われて口にしたら、これ杏仁豆腐なんですけれど、ヨーロピアン杏仁豆腐という感じ。美味しい!
e0138916_18303738.jpg

おなかいっぱいでしたが、デザートはお代わりすればよかった~。

この夜はグループでいらしたらしい泊り客のみなさんがテラス焼肉を楽しんでいました。そちらのテーブルに何やらおいしそうな塗りの丼が運ばれて行ったので「あれなあに?」とtmに聞いたら「〆のお雑炊みたいなもの。食べるぅ~?」と聞いてくれたので私達もひとつお願いしました。雑炊とお茶漬けの中間みたいな感じの、出汁の中に茗荷・カリカリの梅漬けなど美味しいものが沢山入った汁ご飯でこれがまたざくざくといくらでも入ります。しかし太るわ。太ったわ。
[PR]
by sur-lie | 2008-07-31 18:53 | おでかけ

初菅平

じぇでぃむとちびすけで延べ10数年お世話になっている長野県菅平高原。一度行ってみるといいよ と夫に勧められていたのですがなかなか縁がなく、この夏ちびすけが中学校のラグビー合宿に参加する機会に初めて出かけていきました。

e0138916_1062051.jpg

菅平サニアパークCグラウンド。菅平はラグビー・サッカー・陸上等の合宿のメッカです。でもここ数年は地球温暖化の影響でしょうか、この高原も日中は気温が35℃まで上昇することもあり熱中症も続出のようです。
e0138916_10135511.jpg

サニアパークBグラウンド。菅平中に沢山のグランドが点在しています。天然芝、人口芝と色々ですが芝のグラウンドでプレーさせていただけることはありがたい。(後の洗濯が楽)

ここに泊まってから菅平へ
[PR]
by sur-lie | 2008-07-29 11:05 | Rugby!

友との再会・命の洗濯

おいまつえんが今回の旅の宿です。最後に泊まったのはもうひと昔以上前でしょうか、変わらぬ笑顔で迎えてくれたマダム&ムシュウoldpineとの再会は今回の旅行のメインイベントでした。『マダム』なんて書いていますがtmとは高校のクラスメイトです。割烹旅館の嫁から今ではすっかりオーベルジュおいまつえんのマダムに。

でもって全てお任せにしていたお楽しみのディナー。シェフはムシュウoldpineです。

アボカド・大葉・梅干の冷製スープ/ホタルイカのピリ辛/桜肉(馬肉)のユッケ風のアミューズ。
e0138916_2314498.jpg

これがね、のっけからね、どれも程よく主張しあってそのくせ和合していてうふふふふふ。

シーフード・コンソメのジュレと温泉卵を添えて。シーフードは甘エビ・カニ・サーモン・白身魚など。サーモンにはレモンがちと欲しかったです。でもすんごいボリューミィ。甘エビ部分では親子で悶絶。コンソメのジュレの下にいろいろみっちり隠れています。とろりの卵をくずしてからめながら頂く幸せ。
e0138916_2355215.jpg


かなり抑え目の照明の下でいただいたのでヴぉケちゃってごめんなさい、鱈のポワレ・海草のソースで。(スープだっけ?)海苔の香りがお茶漬けのようで、ディジョンマスタードが効いていて、これ好き好き!
e0138916_2375638.jpg


鴨とフォアグラのソテー・ラズベリーと赤ワインのソースで。鴨を薄く切って、フォアも薄く切って鴨に乗せて、ソースからめて食べます。嗚呼人間だめになりそう。信州のとれとれのアスパラガスの甘さにちびすけヤラレていました。
e0138916_2392681.jpg


これらのお肉に添えられた蕗の薹のピラフ。ぐわーーーー、美味しすぎます。
e0138916_23105891.jpg


イベリコ豚の生姜焼き。ここまで食べて『あー、ここにも居たわ喰わせS。』とか思ったり。この辺りで胃袋の限界を超えていました。
e0138916_23122856.jpg


ここであまりの腹のふくれ具合にインターバルを置いてしばしムシュウとワイン談義。で、お腹にちょいと隙間が出来たところでフルーツのスープ・りんごのシャーベットが登場。
e0138916_23172021.jpg

駄目になりそうな人間にとどめ みたいなデザート。
[PR]
by sur-lie | 2008-05-09 23:33 | Joy of life



崖の上(っぷち)の暮らしもいとをかし  
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
本牧の可愛いパン屋さん ..
from りんりん食卓日記
【映画】イヴ・サンローラン
from ドンカンはツミである
キッチン山田 チャリティ..
from 横浜東京たべもの手帖
盛りだくさんの外出はほど..
from ねんねこりん
Taj Tandoor@..
from MusicArena
食べ過ぎ注意!アスパラご飯
from OKANの素
母をたずねて
from OKANの素
銀座・喜の間 DE 美味..
from 濱のおいしい小径
平日にお休みをとったら
from 濱のおいしい小径
ふたたび蕎麦屋で一杯。
from 横浜☆ちー散歩
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧